白井牧場

2016-10-08

ドイツからの吉報

皆さんこんにちは。

㈱白井牧場の白井直樹です。

報道でご存知の方も多いと思いますが、日高地方は8月に立て続けに台風に見舞われ、特に23日の9号で弊社も甚大な被害を被りました。

また、同じ時期に開催されていたサマーセールでも良い結果を得られず泣きっ面に蜂状態でした。

そんな牧場のムードも沈んでいた状態の時に遠く離れたドイツから嬉しい報せが届きました。

去年の3月15日付の当ブログでも写真をアップしたハクサンムーンの弟Warring Statesがドイツのホッペガルテン競馬場で見事デビュー戦を勝ったというのです。

去年の夏に日本を離れてから気にはしていましたが、なかなか情報を追えていなかったので突然の朗報にスタッフ一同大変喜んでおります。

私もレース映像を見ましたが、3着以下を大きく引き離す強い内容で次走以降も期待しています。

我々のような中小牧場から世界で活躍する馬が出るというのもこの仕事の面白いところでね。

写真は去年ドイツへ渡る直前(7月14日)のWarring Statesです。

Photo

Photo_2 それでは皆さん、季節の変わり目ですのでお体に気を付けて就職活動頑張ってください。

2016-08-08

雨が多かった6,7月

 BOKUJOBをご覧の皆さんこんにちは。㈱白井牧場の白井直樹です。北海道は6月、7月と雨の日が多く天気が悪い日が続きました。ばっかん、牧草の生育が悪く仕入れ先の業者様も刈り取りの時期に頭を悩ませてるようです。ばっかん、牧草に湿気を含んでしまうと倉庫に保管している間にカビがはえてしまい、それを使うと馬の呼吸器に影響を与えたり、下痢、疝痛(腹痛のこと)の原因にもなってしまうので刈り取りのタイミングは非常に重要です。

 さて、先日6月4日5日に東京競馬場で行われたBOKUJOBメインフェアですが、大盛況となり、その後もお問い合わせやインターンシップの申し込みがありました。実際白井牧場まで足を運んでくれた方もおり、フェアとしても白井牧場としても一定の効果が出て良かったと思っております。写真はフェアでお話を伺い神奈川から実際に白井牧場にインターンに来たYさんです。

Photo_9インターンは随時ご相談に乗りますので、夏休みの都合がつかなかった方は冬休み、春休みの長期休暇を利用して1度日高に足を運んでもらえたらと思います。

2016-04-18

(株)白井牧場の白井直樹です。

BOKUJOBをご覧のみなさんこんにちは。

北海道も大分暖かくなり、本格的に春らしくなってきました。

2月から始まったお産も折り返しを過ぎ、春の繁忙期もいよいよ佳境に入って来ました。

今年は決して順調とは言えず難しいシーズンとなりましたが、産まれてきた仔たちを大切に育てていきたいと思います。

Photo

ご存じの方もいるかと思いますが、昨年秋に開催されたBOKUJOBメインフェアが今年は6月4日、5日の安田記念当日に開かれます。

白井牧場も出展させて頂きます。

会場で皆様と直接お話しできるのを楽しみにしております。

それまで、お体に気を付けて就職活動頑張って下さい。

2016-02-21

エモシオン

BOKUJOBをご覧の皆さんこんにちは。

白井牧場の白井直樹です。

今回は少し懐かしいお話をします。

皆さんはエモシオンをご存じでしょうか。

去年大活躍したモーリスの祖父グラスワンダーと同期なので比較的若い方の記憶にはないかもしれません。

平成10年のクラシック戦線ではセイウンスカイ、スペシャルウィークと鎬を削り、ビッグタイトルには届きませんでしたが、翌平成11年の京都記念を勝った白井牧場の生産馬です。

京都記念を勝った後も活躍を期待されたのですが、屈腱炎を患ってしまい満足な成績を残すことができませんでした。

現在は当牧場で功労馬として悠遊自適な生活を送っております。

残念ながら特に牡で引退後も生活の場がある馬はそう多くはありません。

引退後も安住の地があるというのは幸せなことです。

皆さんもアルバイトやインターンシップで日高へお越しの際は功労馬巡りもされてはいかがでしょうか?

Photo

Photo_2

2015-08-17

みなさんこんにちは。白井牧場の白井直樹です。

 本州では連日の猛暑日と報道されておりますが、皆さん暑さに負けていませんか。

日高は今年は暑さはそうでもないのですが、例年になく湿度が高く蒸し蒸ししていて蒸し暑さに慣れていないと身としてはとても過ごし辛いです。先日東京から帰省した姉から言わせるとこんなの蒸し暑いに入らないそうですが・・・。

夏のローカル競馬も始まりましたが、牧場では先日今年最初の離乳が行われました。

Photo_5 放牧地でお昼寝する当歳

この世に生を受けてまだ半年にもならない仔馬を母親から引き離すのは可愛そうですが、立派な競走馬になるための第1歩なので、こちらも心を鬼にして粛々と業務を行っております。

 秋は当歳の離乳、1才の騎乗馴致等牧場が春の次に忙しいシーズンです。このブログを読んでいる皆様も就職活動追い込みでお忙しいと思いますがお体に気をつけて頑張ってください。

 最後まで読んでくれてありがとうございました。

2015-03-05

皆さんこんにちは。白井牧場の白井直樹です。

 3月に入り北海道も暖かくなってきました。日高はもともと北海道で雪が少ないところですが、今年の冬は例年以上に雪が少なかったです。雪が少ないのは一見良いことのようにも思えますが、反面放牧地が凍結したままで硬くなってしまい、脚を痛めたり、馬が動かないなどのデメリットもあります。そのため今年の冬は昼夜放牧を控える牧場もありました。このようにその年の気候によってその都度育成方針の修正を計るのがこの仕事の難しいところであり、楽しいところでもあります。

 3月ともなれば春のG1シリーズ開幕へ向けて、競馬場もいよいよ忙しくなって来ますね。白井牧場の期待馬といえばやはりハクサンムーンでしょうか。昨年はそれまで負かされ続けていたライバルが引退し、ビッグタイトル獲得に大いに期待していたのですが、残念ながら凱歌を奏することはできませんでした。しかし、社長をはじめとする弊社スタッフ一同もまだハクサンムーンが終わった馬だとは思っていません。去年のムーンは三日月くらいでしたが、今年こそは大きな満月が上がると信じています。

Photo_2ハクサンムーンの母チリエージェ。ディープインパクトの仔を出産予定

Photo_3 チリエージェの2014。父ヴィクトワールピサ

Photo_4チリエージェの2013。父アドマイヤムーン

 余談ですが、昨年スプリンターズステークスを勝ったスノードラゴンの生産者岩見さんは、私が若いころ研修をさせていただいた牧場の先輩でした。レースで負かされた馬の関係者が意外な知り合いだったというのもこの仕事の面白いところです。

 それでは、本日はこのあたりで失礼します。

就職活動も本格化し、就活生の皆様は大変な時期だと思いますがくれぐれもお体にお気をつけください。

最後まで読んでくれてありがとうございました。