2019-05-13

JRA日高育成牧場のあしはらです

今年の桜の満開は・・・

 5月は北海道の春。桜が咲く季節です・・・なんて、内地の人が聞くと「何言ってんの?」なんて思われそうですが、日高ではゴールデンウィーク後半が桜の季節なんです。寒い年だと、ゴールデンウィークが終わってからなんてことも・・・。花見といえばジンギスカンが定番で、場所によってはライトアップで夜桜見物なんてイベントもあります。まあ、結構寒かったりするのですが・・・。私は北海道出身なので、それが当たり前で、滋賀で就職して、はじめて本州の桜を目の当たりにして驚いたのが4月初めに桜が咲いていること。そしてエゾヤマザクラを見慣れている私にとっては、ソメイヨシノ、葉桜でない、鮮やかな桜を見たのが衝撃的でした。そもそも「葉桜」という言葉があることをこのときに知ったかもしれません。写真は今年の浦河の桜並木です。(満開時期に不在にしていたのが残念・・・)

Photo

 そんな中で、子馬たちは、緑も濃くなってきた放牧地をお母さんと一緒に楽しく駆け回っています。1歳たちは、早生まれでは150kgくらいにまで成長して、体も一回り大きくなったように見えます。また北海道トレーニングセールに向けて調整している育成馬たちですが、それぞれのペースにあわせながらの調教が続いています。また、来年の出産に向けて、種付けも計画どおりに進んでいる様子。人も馬も、それぞれの春を感じながらすごしているようです。

Photo_2

浦河港に豪華客船が

 ゴールデンウィーク明けの5月10日、浦河港に豪華客船が就航しました。船の名前は「ぱしふぃっく びーなす」号。神戸・横浜が出発地で、反時計回りに太平洋、日本海と日本一周するクルーズ船の最初の就航が浦河ということで、この春ちょっとした話題となる出来事でした。実は私もこの船にスタッフとして乗船し、各寄港地の魅力を事前にお伝えするという企画の中で、浦河の馬の生産に関する紹介をするということで、馬の講義をしてきました。今回は45分と時間が限られているということで、馬の種付けから出産、離乳までの過程をわかりやすくコンパクトにまとめてお話してきました。上手く伝わったかどうかはわかりませんが、皆さん真剣に聞いてくれた様子で、良かったのかなと思います。このような機会は頻繁にあるわけではないので、とても貴重な体験でしたが、各種イベントの中で馬の話をすることは、日高育成牧場が協力すべき重要な仕事と認識していますので、皆さんの周りでも何か馬に関する講演などの要望がありましたら、ご一報いただければと思います。よろしくお願いします。

Photo_3

Photo_4

Photo_5 馬はニンジンが好き?

 さて、今回は食べ物の話です。 

 日常生活の中で、例えば馬の絵を見る、写真を見る、テレビの動物関連の番組を見る・・・なんてこと・・・よくあると思います。だって、このブログを読んでくれている人は、無類の馬好きですから、そういう機会はより多くあると想像します。で、今、馬の絵、写真、漫画など何でもいいので、頭の中で思い浮かべてもらいたいのですが、例えば食べるシーンだと、馬が美味しそうに何を食べているか・・・おそらく多くの人は、草やニンジンを食べている姿を思い浮かべるのではないでしょうか?

「馬はニンジンが大好きだよね」

これ、常識!なんて思う人・・・多いと思います。

 こんな書き出しだと、次に否定が入りそうなものですが、いえいえ、私も馬はニンジンが大好きだと思いますよ。

 でも、何で馬といえば「ニンジン」なんでしょうね。

諸説あり

 私が聞いた話では、馬は甘いものや甘い香りがするものが好きで、例えばおなかがすいていそうな場面などで手懐けるために、たまたまニンジンを使うことが多かったから・・・と聞いたことがあります。馴致のときなど、ハミを装着するときに口を上に上げて嫌がる場合をよく見ますが、ニンジンを食べさせて、その隙に装着するのを見たことがあります。色、硬さ、味、使いやすさ・・・様々な理由で多く使うようになったかもしれません。そんな感じで、馬といえばニンジンというイメージがついたのかもしれませんね。確認したことはありませんが、ニンジンが嫌いな馬もいるかもしれません。しかしながら、確実に甘いものを嫌う馬はいないと予想します。

 私が競走馬の治療を現場でやっていた頃・・・

 「先生、食欲がないんだよね・・・何かいい薬を飲ませてほしいんだけれど・・・」

 と診療依頼を受けることがしばしばありました。大体の薬は味がないか、苦いかですから、なかなか難しいですが、食欲増進作用のある薬はいくつかあったので、それに甘いものを混ぜたり、甘い香りのする薬を入れたりして与えたものでした。薬を飲ませるときは、鼻からチューブを入れて流し込むのが普通ですが、食欲を掻き立てるには、舌に絡ませたほうが効果ありのこともあるんですよ。なので、小型のポンプに薬を入れて、強制的に口の中に押し込むこともありました。歯茎を出して、いかにも「美味しくない~」という顔をするのが面白かったりするのですが、もちろん、食欲を取り戻して競馬で頑張ってほしいと思いながら治療をしていましたので決して悪気はありません。勘違いしないでくださいね。

疑問と工夫

 では、ニンジン以外で好きなものはあるんでしょうかね?例えばバナナ。大好きです。バクバク食べます。栄養もバッチリですしね。リンゴも大好きですよ。大きいままだと消化に悪いので切ってあげたほうがいいのですが、ガリッガリといい音立てて美味しそうに食べます。今ではあまり見なくなりましたが、角砂糖もガリガリと美味しそうに食べます。まあ、甘いものは何でも好きなのかもしれません。

 競走馬は競馬に応じたエネルギー摂取が必要ですが、厳しい調教を重ねていると、体調によっては食欲が落ちる場合が出てきます。食べなければ翌日の調教に影響が出るだろうし、食べなかったから、翌日の調教強度を落とすとなれば、競馬の成績に影響してくる。管理する人は、何とか食べさせたい、栄養のあるものを摂取してもらいたい・・・そんな考えから、ニンジン以外の好きなものを探すこととなるのです。バナナがいいらしいよ、リンゴもいいかも・・・なんて話が広まってね。

 昔、面白いことをやっている場面に遭遇しました。普通、馬の飼葉桶って一つですよね。あるとき、プランターのような容器を馬房の中に5つくらい並べて、1種類ずつ食べ物を入れて与えていたんです。面倒くさいことするなあ、としかそのときは思わなかったのですが、人に食べ物の好き嫌いがあるように、馬にも好き嫌いがあるんですね。で、その馬が好きな食べ物を探って、必要な栄養をたえず取れるようにしようと試みていたわけです。実に面白いですよね。

 単純な食べ物の話・・・と受け取られてしまいそうですが、実は、当たり前にやっていることでも、ちょっと疑問を感じたら、みんなに提案して、アイデアを出しあいながらいろいろなことにチャレンジしてみるべき・・・そんなことを食べ物の話を例にあげて言ってみたかったのです。これは馬に乗っているときも当てはまることがあると思います。最初は教えられたとおりに基本をやって、そして技術が上がってきたところで、自分なりに工夫してみるのです。時と場合によってはそういうことが大切になってくると思います。

 あらゆることに疑問を持ち、場合によっては何か工夫してみる・・・。皆さんの技術を伸ばすために必要なことだと思いますよ。

今回もお付き合いありがとうございました。

2019-05-11

BTC教育係の平野です。

 第37期生が研修を開始して1ヶ月が経ちました。大型連休も終わりましたが、研修生は関係なく、騎乗訓練や授業と変わらぬ日々を送っておりました。

 先日、毎年恒例の馬装コンテストを行いました。1人1頭馬装を行い、教官が5つの項目をチェックして点数をつけていきます。馬具の装着方法だけでなく、牧場でお客様に馬を見てもらうことを想定して、手入れや保定時の動きについても見ています。

 第1回優勝者の得点は92点でした。今回は60分とかなり時間をかけて馬装をしましたが、次回以降行う5回については、回を追う毎に短時間での馬装を行わなくてはなりません。クオリティはもちろんのこと、スピードも上げて馬装を完璧に出来るように勉強して欲しいと思います。最後にはどれだけ点数を上げてくるのか…楽しみです。 

 騎乗訓練では駈歩の訓練をスタートしました。3週間ほど速歩での軽速歩や前傾姿勢での騎乗を行ってきて、ひと段階訓練内容を上げることができました。速歩とは違った馬の動きに驚いた研修生も多くいました。シミュレーターでの練習も行えるようにしておりますので、たくさん練習して馬の動きに慣れていってほしいと思います。

Photo

2019-04-26

BTC第37期生が始まりました!

 BTC教育係の平野です。放牧地に緑が増え始め、馬も人も嬉しい季節となってきました。

 先日、第36期生が研修を終了しました。JRAの展示会に参加させていただき、すぐに修了式とあっという間に卒業していってしまいました。卒業査閲ではBTC教育エリアにて走路騎乗をたくさんの方々に見ていただき、緊張した様子ではありましたが、これまでの訓練を活かせた騎乗が出来ていました。残念ながら、怪我により全員での騎乗はできませんでしたが、1年間の研修で学んだことを基に就職後は更にレベルアップしていってほしいと思います。

 息ぴったりの走行でした☆

Photo_2

最優秀騎乗賞のY君と、場長賞・理事長賞の表彰を受けたH君のコンビ☆

Photo_4

修了証書を受け取り、1年間を終えました☆

Photo_5 お疲れ様でした!

 そして、37期生の研修が本格的に始まりました。基本的な馬の取り扱いについても大分慣れてきて、騎乗訓練も始まりました。今はまだ速歩までの訓練ですが、連休明けには駈歩にステップアップできるよう頑張っています。馬に乗るためには筋力・体力が必要!ということでトレーニングも欠かせません。

Photo_6

息抜きに行者にんにく採りに行きました。

Photo_7

今年はたくさん採れて、懇親会もみんな息が臭くなるまで食べることができました(笑)

Photo_8

1年後には立派なホースマンとなれるよう頑張りましょう!

今年度も牧場実習や見学でお世話になることと思います。第37期生につきましても、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。

2019-04-22

春の訪れ ~ さくら ~

4月も下旬となり、ノースヒルズにも少しずつ遅い春が訪れようとしています。

ゴールデンウィークを迎える頃には、馬達が過ごす放牧地も緑の絨毯におおわれるでしょう。

例年5月上旬に満開となる牧場の桜ですが、ひとあし先に紹介します。

Photo ぴったりと寄り添う親仔。母馬の優しさが伝わります。

Photo_2 お昼寝していた仔馬とそばで見守るお母さん。何か物音がしたのでしょうか?

Photo_3 放牧地を駆ける親仔。生後一ヶ月くらいは常に一緒に行動します。

Photo_4

賢そうな瞳と凜々しい表情。仔馬たちは本当に表情豊かです。

美しい桜と親仔の風景、いかがでしたか。

次回は仔馬たちの楽しそうに遊んでいる姿をお届けします。

2019-04-19

皆さん、こんにちは。ビッグレッドファームです。

各地で桜の開花発表があり、いよいよ本格的な春の到来ですね。

こちら北海道も、朝晩はまだ肌寒さを感じるものの日中は春らしい暖かな陽光が差すようになり、ここ最近は放牧地で仲間と一緒に寝そべりながら日向ぼっこをしている馬の姿を目にします。

牧場の景観の一つとして昨年秋に球根から植えたチューリップもやっと日の目を見て、少しずつに葉っぱを伸ばしています。花開くのが待ち遠しいです。

Photo_5 (事務所前のチューリップ)

さて、3月4月は年度切り替え月。新しい事や未知の世界への挑戦であったり来たる日に向けての前準備であったりと、夢へと動き始める時期です。当牧場にも将来に向けて歩き出した3名の学生さんが立て続けにインターシップに来ていただきました。「牧場で働く上で今できる事を経験するため」「就業活動をする上での選択肢を広げるため」「純粋に牧場とはどういう所で何をしているのかを知るため」と皆さんそれぞれの思いでインターンシップに臨まれており、インターンシップ中も興味を持たれる事は一人一人違っていて、私たちにとっても牧場をより知ってもらう為にはどのようなアプローチが良いのかを改めて考えさせられる機会となりました。

そこで今回は、当牧場で行っている業務の全容をご紹介いたします。牧場作業のイメージを膨らませる参考材料にしていただければと思います。

ビッグレッドファームは現状、現場作業にあたる従業員は騎乗調教に就いていただく事が基本的なスタンスです。その上で、種付業務、繁殖業務(お産・仔馬の管理)、育成業務(若駒の管理)、農事作業(環境美化・施設管理)、その他では撮影作業(写真・動画・編集)などの必要な作業に分かれて対応する体制ですが、当牧場では業務毎の専門スタッフという括りはなく全スタッフが全業務に携わり作業や知識の幅を広げる機会を設けております。そういった従業員が学べる場を日々作っているので、騎乗経験がない方や馬に触れた事がない方でも受け入れが可能と思います!

また、ビッグレッドファームは事務作業も業務の一つ。事務作業と一言で表しても色々な作業があり、会計経理や労務管理、人事を含む総務はもとより、管理馬・関係馬の情報管理、それらに附随した書類作成や整理、電話対応や来客対応。シーズンによって発生する作業も多くあり、今の時期でいえば種付けの予約受付の対応などを担っております。他にも、当牧場内を含む業界に関わる情報管理や共有を「円滑かつ正確に」行える様に、色々なプログラムを駆使しながらシステムを独自にスタッフで作り上げるなど、スタッフ個々に今まで培ってきたスキルを様々な場面で活かしてもらい、牧場業務の力にしております。

それら事務作業に関わるスタッフは、北海道に5つ、茨城県に1つの計6つの牧場を構える業界内でも規模の大きな牧場ながら現在4・5名程度。事務専門スタッフもおりますが、大半は騎乗調教を含めた現場作業に就きながら事務作業もこなしております。

この対応を可能にしているのは、偏に各場の現場責任者をはじめとした現場スタッフが細かい事務作業を対応してくれていること、また牧場全体で無駄を省いて効率よく業務を回していることから叶う状況です。今後もますます省力化、効率化を図り、牧場や従業員のモチベーションの向上と共に牧場を維持し、競馬業界繁栄の一役を担うことが出来ればと考えています。

馬や競馬、牧場に興味を持っていただいた方が、「牧場で働きたい」「自分のスキルを牧場で活かしたい」と感じてもらえる職場環境を目指して取り組みたいです!

Photo_6

Photo_7 (共に今年生まれた当歳馬とお母さん)