2017-06-23

2017年度(第39期)軽種馬生産育成技術者研修の現況報告【JBBA静内種馬場研修課】

 こんにちは、JBBA研修スタッフの藤田です。

 4月より開始している第39期生産育成技術者研修は2か月が経過し、現在さらなるスキルアップのため、種馬場実習を実施しております。

 種馬場実習では、種牡馬の取り扱いを含めて、日々の飼養管理や手入れ、運動等、現場での研修が可能となっております。一通りの馬の管理や作業等をこなせるようになってきた研修生たちですが、改めてプロのホースマンのレベルを知り、自分たちの目指すべき姿がより明確になったようです。

 さて先日は天候に恵まれ牧草収穫を行いましたが、研修生にとってははじめての牧草作業で、筋肉痛と闘いながら800本のコンパクト牧草と187本のロール牧草を無事収穫できました。

Photo また、騎乗訓練については、基本馬術から走路騎乗へと進むところで、現在ツーポイント姿勢や、障害飛越などの訓練を開始しました。

Photo_2 以上、現在の状況報告でした・・・。

2017-06-17

BTC体験会実施のお知らせ

BOKUJOB関西フェア2017にも出展する【公益財団法人 軽種馬育成調教センター(BTC)】から体験入学会のお知らせです!


<体験入学会 実施のお知らせ>
BTC軽種馬育成調教センターでは育成調教技術者養成研修の体験会を実施します。

育成調教技術者の仕事への理解と今後の進路の参考としていただくことを目的に、体験入学会を下記のとおり計画いたしました。興味のある方は是非ご参加ください。
◆日時
第1回:平成29年7月25日(火) 8:30~19:00
第2回:平成29年8月10日(木) 8:30~19:00
第3回:平成29年8月23日(水) 8:30~19:00
◆場所
公益財団法人 軽種馬育成調教センター
(北海道浦河郡浦河町字西舎528)
◆ホームページURL
http://www.b-t-c.or.jp/
※詳細は上記のBTCホームページでご確認ください。

Photo

Photo_2

2017-06-13

みなさんこんにちは。ビッグレッドファームの堀田です。

桃色だった桜が若葉色になり、芝や草木が青々と景色を染める6月。

そこに季節の花が彩りを足し、さらに目を楽しませてくれます。

ビッグレッドファームは景観にも力を入れているので、時期に合わせて花壇やプランターに色とりどりの花を植え、牧場を飾っています。

Photo (門前でお出迎えをする、黄色とオレンジ色のマリーゴールド)

さて、ビッグレッドファームは6月末に毎年執り行われるグループ主催の愛馬会法人のクラブ会員様向けのツアーを控えており、通常業務と併せてツアーの準備を進めています。

準備といっても様々で、ツアーのメインとも言える募集対象となる1歳馬に関しては約2ヶ月前の4月中頃から準備は始まっています。まずは募集馬カタログ用写真と動画の撮影に向けての馬の手入れです。馬体の冬毛抜きやタテガミの散髪、ひづめの削蹄など。晴れ姿が見栄えするように徹底的に美しく整え、いざ撮影へ。

Photo_2例年ゴールデンウィーク明けの天気の良い日から撮り始めます。

今年は60頭の対象馬を6~7日かけて撮影しました。

Photo_3撮影は被写体である馬の個性や特徴、その日の気分でかかる時間が異なります。

そのため、立たせ役と曳き役には馬の性格・様子・動きを見極め、撮影へ誘導しつつコントロールできるスキルを求められます。

スキルといっても、そう難しい事ではありません。決して付け焼き刃でできる事ではありませんが、普段の集放牧や馬の様子・状態チェックを流れ作業にしないで意識して行なう事で自然に身に付く技術です。つまり日々の積み重ねです。

それは馬の扱いに限らず他の業務にも言える事で、場内を常に綺麗に保つのも日頃の環境整備があってこそ。また、環境が整うことで気持ちよく仕事ができますし、より良い牧場へと成長していける様にスタッフ一同、美化を含め作業にあたっています。

また、今月から新馬戦が始まりました。

ビッグレッドファームの育成馬からも現2歳馬が続々とデビューしており、JRAの2歳戦開幕週で早速ビッグレッドファーム育成馬がデビュー勝ちしています。4年連続でビッグレッドファーム育成馬は開幕週で勝利を挙げており、開幕週にデビューさせることも簡単ではない中で誇れる結果と思います。

Photo_4(6/3東京の新馬戦で優勝の育成馬ヴィオトポス ~ デビュー前の牧場にて)

新馬戦は馬にとって、いわば競走馬人生のスタートライン。牧場としては馬が無事に初戦を迎える事、そしてデビュー戦が華々しいものになる事が一つの目標です。

そうなるよう、自信を持って競馬場へと送り出せるように、これからも調教や管理を行っていきます。

2017-06-12

JRA日高育成牧場のあしはらです。

育成馬が退厩しました

 6月の北海道は、遅い春の花があちこちで綺麗に咲き、運動会、遠足などのイベントが各地で行われています。また、道外からも多くの観光客がいらっしゃっているようで、やっと過ごしやすい季節がやって来ました。しかしながら、最近は異常気象となることも多く、蝦夷梅雨という言葉もあるように、気温が上がらず冷たい雨が続くこともあります。今年の6月初旬は雨が多かったようですが、後半はどうなるでしょう。原稿を書いているこの日は気持ちのいい青空が広がっています。

Photo さて、前回お伝えしましたが、去る5月23日に札幌競馬場で、北海道トレーニングセールが実施されました。日高育成牧場の育成馬も全て売却され、先月末に全馬がそれぞれの牧場、調教施設に旅立って行きました。これで、2015年産の育成業務は一区切りを迎えることとなりましたが、場内には2017年産の当歳と2016年産1歳のホームブレッドたちがいます。また、早ければ7月に来る2016年産の1歳馬が順次入厩予定ですので、これらの管理に加えて、場内の整備、育成業務の準備を実施しているところです。なんといっても下旬には函館競馬も始まりますね!新馬戦が待ち遠しいです。いろいろな思いが交錯する6月といったところでしょうか。

昼夜放牧が始まりました

 最後の子馬が5月19日に無事生まれて、今年予定の6頭が揃いました。早く生まれたグループは昼夜放牧やクリープフィーディングがすでに始まっています。また、種付け業務も順調に進んでいる様子で、現在はお腹の中での発育状況を注意深く観察している状況です。研究スタッフは、6月の研究報告の業務も終えて、一区切りついた様子。現場では、親子馬たちを観察しながら、採血、母馬の体調管理、子馬の肢勢、放牧中のデータ収集など、様々な研究業務に取り組んでいます。表題の昼夜放牧は、様々な牧場が、いろいろな形で行っているものですが、日高育成牧場でも、夏の昼夜放牧、冬の昼夜放牧をそれぞれ行って、あらゆる角度から科学的な分析をしています。どんなメリット、デメリットがあるのか、誰もが興味を持つ分野ですから、今後どのような調査結果が出て、どんな報告ができるか楽しみです。

Photo_2

お母さん、ここにいるよ

 今回のテーマは「お母さん、ここにいるよ」です。仲睦まじく放牧地で過ごすお母さんと子馬の関係について話していこうと思います。もう6年も経ってしまいましたが、東日本大震災が起こった当時、「絆(きずな)」という言葉が流行しましたよね。苦しい環境の中で助け合う親子、仲間たちの心温まる人と人とのつながりに関することが話題となりました。童謡に「おうま」という歌があります。その歌詞を思い浮かべて、感じる方も多いと想像しますが、母馬と子馬もとても強い絆で結ばれていると思います。今回のお話が実際に親子馬の管理をしている人、これから携わろうとしている人たちの心に残ればと思うのですが、どうなることやら・・・良かったらお付き合いください。

 皆さんは旅が好きですか?私は大学3年の時に、2週間くらいかけて、列車に乗って北海道を旅したことがあります。今で言う「テツオ」くんですね。列車の旅では、景色を楽しんだり、駅のホームで佇んだりして楽しいことがあれば、思いどおりに列車を乗り継げなくて落ち込んだり、思わぬアクシデントに遭って戸惑うこともありました。唐突な出だしで、例え話にしては少し無理がありましたが、母馬のお腹の中でも、同じような「旅」が行われていることを皆さんはご存知でしょうか・・・。

 旅をしている主役は、受精してお母さんの子宮の中に飛び込んで間もない卵です。馬の妊娠期間は約11ヶ月と言われていて、比較的長いと言われている牛や人よりもさらにお腹の中にいる期間が長いです。受精卵は分裂を繰り返して、次第に馬の形になっていくのはもちろんのことですが、まずは子宮の中のどの場所で育っていくか・・・居場所を決めなければなりませんよね。その場所を決めて定着することを「着床(ちゃくしょう)」と言いますが、実はすぐには子宮の中で定着できず、不安定な状態が続きます。馬の場合、受精卵となって子宮の中に入ってから着床するまでどれくらいの日数がかかるのか・・・。3日くらい・・・1週間・・・もっと長く・・・?実は40日もかかると言われています!人は1週間くらいなので、本当に長いことがわかります。では、その40日をどのように過ごしているのか?コロコロ重力に任せて転がっているように安易に想像してしまいますが、馬の場合、卵は硬い殻を身につけて、一定の速度で規則正しい軌道で子宮の中を回っているそうです。そしてそのスピードですが、2時間で子宮の中を1周するペースで動いているようです。それを40日続けている!なんとも過酷なマラソンのように思えてしまします・・・。この移動することの意味合いについては、はっきりとは解明されていないようですが、一説ではお母さんと子供の間で、妊娠を維持するために必要な情報伝達をしているのではと言われています。40日も旅をするとなると、様々なアクシデントもあるはずです。妊娠鑑定は2週間程度経てば可能であり、獣医師の行う直腸検査や超音波検査などでわかりますが、その時点で妊娠を確認しても、ちょうど受精から30~35日目くらいに突然卵が消えてしまうこともあります。もともと卵が弱かったり、子宮の状態が悪かったり、栄養状態や環境などいろいろな要因が重なって消えてしまうと言われています。しかし多くは、厳しい旅を乗り越えて無事に着床し、卵は残りの9ヶ月半をかけて成長し、立派な子馬となって生まれてきます。ドラマチックだなあ・・・そう思うのは私だけでしょうか。「そういう試練に耐えて生まれてきたのか・・・」と思うと愛着も増すのではないでしょうか。

 以前、ある獣医さんで、この着床に関する研究発表を聞く機会があったのですが、その先生の発表の中での言葉が強く印象に残っています。

「40日もかけて着床するまで子宮の中で彷徨い続ける卵が

  お母さん、僕はここにいるよ 

とまるでお母さんに言っているように私には思えました。」

新鮮な目で親子馬を見つめてみよう

 放牧地で、片時も離れることなく、必死になってお母さんについていく子馬の姿を眺めながら、その親子の強い「絆」というのは、子馬がまだ卵の時から始まっていたんだなあ、としみじみ思います。皆さんも親子馬と触れ合うときには、是非この言葉を思い出してもらいたいです。例えば自分に辛い時があった時に、そんな親子馬の深い絆を思い浮かべながら、「よし、くよくよしないで私も頑張ってみよう!」と乗り越えて欲しいと思います。親子馬は眺めているだけでも、お母さんのさりげない気配りと、子馬の甘えた姿から、いろいろなことを発見できるし、いろいろなことを想像できると思います。明日からどうか新鮮な目で親子馬を見つめてくださいね。

 私なりの勝手な思いと解釈ばかりですが・・・どうぞお許しを。

今回もお付き合いありがとうございました!

2017-06-10

BTC第34期修了生の上中です。

アイルランドに来てから約1ヶ月が経過しました。

最初の3週間はRACE(アイルランド競馬学校)で併走や障害飛越等の騎乗訓練、シミュレーターでのレッスンなどを行いました。 

現在は各厩舎に配属されて、現役馬の調教に騎乗させていただいています。やはり教育用馬とは違い、難しい点もたくさんありますが、厩舎の方々は皆さんとても親切でわからないことやできていないことは丁寧に教えてくださいます。また、競馬で騎乗しているジョッキーとも一緒に調教する機会があり、本当に勉強になります。

残り約2ヶ月、こんな私達でも騎乗させていただけることに感謝し、怪我に注意してたくさんのことを学んでいけたらと思います。

Photo

Photo_2

Photo_3

Photo_4

Photo_5



本ブログにご参加いただける牧場を募集しています。
現時点での求人の有無は問いません。ご興味をお持ちの方はこちらからお気軽にご連絡ください。