2019-11-11

唯一無二【岡田スタッドグループ】

皆さんこんにちは、というかお久しぶりです。

事務局から定期的にブログ担当表が送られて来るのですが、すっかりサボっていました。

坊主にする勇気はありませんが今後は改心してマメに更新していきたいと考えています。

さて、今回は実に深い話をご紹介。当グループの本場には今年で35歳になるお爺ちゃん

馬が余生を送っています。その名も『マイネルダビテ』

Okada1

諸説ありますが、人の年齢に換算すると97.5歳と言われています。

何を隠そう牡馬クラシックの登竜門と言われる昭和62年共同通信杯の勝ち馬。

Okada2

勢いに乗りホースマンの頂点第54回日本ダービーへ駒を進めました

Okada3

当グループ代表岡田牧雄氏は父の牧場を引き継ぎ昭和59年に『岡田スタッド』へ改称。

オーナーブリーダーとして方針転換を図り、翌年運命の馬(後のマイネルダビテ)と巡り合うことに。

個人名義第1号として自ら育成を手掛け彼に社運を託しました。

しかしながら、昭和61年牧場の経営を揺るがす事件が起こります。あろうことにERVが蔓延。

出産予定馬がほぼ壊滅し絶対絶命のピンチに陥ることに・・。

悲壮感が漂うなか一筋の光明が差してきました。同年夏にデビューを果たしたマイネルダビテは華々しい活躍を見せ運転資金を咥えてきてくれたのです。

まさしくお助けマンとして牧場を窮地から救ったと言っても過言ではありません。

 あれから33年、令和元年8月15日岡田スタッドの歴史に新たな1ページが刻まれました。

五冠馬シンザンが保持していた35歳3ヶ月11日の重賞馬長寿新記録を樹立したのです。

これは本当に偉大な記録。

Okada4

当グループにとってダビテは唯一無二の存在。

Okada5

悠々自適な余生を送り天寿を全うさせたいと考えています。

Ookada6

2019-11-07

日本軽種馬協会 軽種馬生産育成技術者研修 【JBBA静内種馬場研修課】

   こんにちはJBBA研修課の藤田です、最近ではすっかり朝晩の冷え込みが強くなり、日も短くなって参りました。

 2019年(第41期)生産育成技術者研修は、すでに入所より半年が経過し、研修も後半へと向かい出しました。

117

  さて、本研修の騎乗訓練についてですが、現在は主に新走路において2騎併走等の練習に励んでいるところであります。より高度なコントロールが求められる状況で、研修生たちは人馬のコミュニケーションを大事にしながら、日々の練習に取り組んでおります。

1172

  生産関連については、本場の種馬場において、種牡馬の取り扱い方や飼養管理、運動、種付等について実習・研修を行い、実際に種牡馬のケープブランコ号やデクラレーションオブウォー号等の曳馬や手入れを実施いたしました。また、9月にはJRA日高育成牧場において離乳見学・実習を行っております。

1173

  今年も残すところ2カ月をきりましたが、これから「後継者研修」や「牧場実習」等が控えており、引き続き全力で頑張ってほしいところです。

2019-11-01

JRA日高育成牧場のあしはらです

はじめに・・・このたびの台風19号、21号では多くの方々が被害にあわれました。本当に心が痛みます。辛い思いをされている方が多くいらっしゃるとは思いますが、どうか、周りの協力などを受けながら、一日も早く日常の生活を取り戻せるように祈っています。

落ち葉の季節

 11月に入り、寒さも徐々に厳しくなってきました。木々は紅葉、道路、放牧地には落ち葉が積もり、時折吹く突風も肌に冷たく刺さる感じです。そんな中で日高育成牧場の育成馬、当歳馬、そして繁殖牝馬はそれぞれ元気に過ごしております。育成馬はセプテンバー入厩組も概ね騎乗するまでになり、全馬そろっての調教ができつつあります。当歳の半数は体重が300kgを越えるまでに成長し、馬らしくなってきたなあと言う感じです。これから寒さで地面も硬くなり、氷が張って雪が積もってくると、足元への影響にも注意しながらの管理となってきます。何事もなく過ごしていってほしいと願うばかりです。

Photo

Photo_2

 たびたび話題になっている豚コレラ、アフリカ豚コレラ・・・。皆さんも一度はニュースなどで聞いたことがあるのではないでしょうか。私も情報を得るべく、10月下旬に開催された、家畜保健衛生所の方が集まって毎年実施している業績検討会に参加し話を聞いてきました。感染源となるイノシシ、小動物を中心とした野生動物の侵入をどう防ぐかが大切であり、それがどんなに難しいことなのか・・・いろいろ考えさせられました。そして私たちも決まりをしっかり作り、防疫対策を立てて、規則正しく行動しなければいけないことを痛感しました。豚コレラは、徹底的に対策を講じても、伝播力が強くて再発生することがあるそうです。これからワクチンの使用を含めた対応について、関係者で話し合いを重ねていくことになりそうです。またアフリカ豚コレラの場合は、ワクチン開発も難しいそうで、より徹底した対策が求められるようです。私たちが管理する馬の場合でも防疫対策は重要です。対岸の火事と思わず、しっかり管理をして伝染病から愛馬を守っていきましょう。

馬フォーラム オータムセール 当歳品評会

 先月のことになりますが、機会をいただいて帯広畜産大学で開催された馬のイベントに参加してきました。JRAも何か協力できれば・・・いうことで、ターフィーの馬術ショーや乗馬体験などのイベントを開催しました。そのほか他団体による体験乗馬会、クイズラリー、馬の学校ミニ講義、馬の介在活動関連資料展示、馬の骨格標本展示などがありました。また夕刻には、馬の国際講演会と称して、フランスと韓国から講師を招いて、馬の利活用に関する講演も行われました。このような催しは、馬産地である北海道に特化するのではなく、いろいろな地域で類似のイベントが開催され、馬が今以上にいろいろな場所で身近な動物になるのが理想です。来年以降も様々な地域で馬のイベントが開催され、盛り上がることを期待したいと思います。

 そして、市場では1歳馬最後のオータムセールと繁殖セールが開催されました。なかなかの好成績だったようで、1歳セール全体では昨年並みの成績だったとか・・・。また、浦河地区で毎年開催している当歳馬の品評会も先月末に行われました。今年は9頭の参加で、各牧場から選抜された当歳馬を見てまわりました。代表者の細かいコメントを聞きながら、いつも勉強になる品評会。今後も継続して実施してもらいたいと願っています。

見る触る透かしてみる

  「先生、うちの馬、あしはれているんだけど、ちょっと診てくれる?」

そんな風に往診を頼まれるたびに、ドキッとしていた駆け出しの頃・・・。

病気の馬の診療では、競走馬ということもあってか、四肢の診察をする機会がとても多いです。市場の下見などでは、購買を検討している馬の屈腱部を触ったり、少し腫れている部分の状態を念入りに確認したり・・・なんて光景を見かけることが多いと思います。また、調教のあとや、レース前、レース後などでも、管理している調教師さんが肢を触って状態を確かめる場面も日常的に見ます。言うまでもありませんが、競走馬の肢は細くデリケートで、強い調教やレースではかなりの負担をかける部分ですから、ちょっとした変化でも見逃さず、触って異常がないか確かめることが重要になります。

そこで今回は、馬に関わる多くの人が、どんなところに注意して、どんなことを考えながら肢を触っているのか・・・ごく簡単に触れてみたいと思います。専門的な突っ込んだお話はいっさいしません。ごくごく簡単にまとめて書いていますので、どうぞ気楽に読んでいただければと思います。また、いつもどおり私独自の考え方が入ります・・・ご了承ください。

見た目

まずは見た目から・・・。前から横から後ろから大雑把でいいので、よ~く見ることです。先輩に習ったことをあれこれ考えながらだと、頭の中でうまく整理できないですから、ポイントを1つに絞って、例えば「いつもと比べて腫れているところがないか」という一点だけに集中して単純に観察してみましょう。腫脹の程度は極わずかの場合もあります。また個体差もあるので、普段から多くの馬を見て比較することで慣れる必要があります。少し時間がかかるかもしれませんが、アドバイスなどもらいながら、まずは目を慣らすことから始めてみてください。

やはり各部位で押さえておくポイントはあります。腕節や飛節では前面・・・。ちょっとした腫れでも見逃さないことです。骨折、感染症などが疑われるケースもありますが、些細な怪我が原因でも大きく腫れている場合もあります。また、紛らわしいケースもあって、前腕部や下腿部などに炎症があって腫れていたものが、時間が経って、腕節飛節に腫脹が下がり異常があるように見えることもあります。そして、過去に腫れを認めたことのある関節では、落ち着いてしばらくたっても、ひかずに残っていることもあるので、新しいものか古いものか見比べる必要があります。

 管部では前と後ろでは、腫れの意味合いが大きく異なりますね。前方や側面の腫れではケガや骨の炎症などが疑われることが多いでしょう。しかし後ろの腫れでは、腱靭帯の炎症が疑われます。それぞれ腫れている箇所、程度、痛みなどを詳細に調べて、時に獣医師のアドバイスや治療を受けながら判断する必要があります。なので、前よりは後ろの腫れに注意して観察するべきですね。競走に大きな影響を及ぼす可能性のある屈腱や繋靭帯などがありますから、場合によっては超音波検査などで状態を詳しく知る必要性も出てきます。

感触

 ひととおり見終わったら気になる部分をよく触ってみましょう。先に触れたように、市場の事前下見などでは、調教師や購買者の皆さんが、足元を念入りに触っている姿を見ますが、誰もが触った自分の感覚をとても大切にします。感じ方は人それぞれです。これも初めは人のアドバイスを聞きながら一緒に触って、第一に熱感を確かめ、続いて気になる腫脹の感触を確かめてみましょう。先ほど述べたように管部の後ろ側、屈腱、繋靭帯部分は特に重要です。そして、今はレポジトリーの提出も必須の時代ですから、レントゲン写真の確認をしっかりしつつ、腫脹した部位の感触を確かめます。

感触もいろいろな表現の仕方がありますが・・・例えば骨のような硬い腫脹、刺激が強すぎると破れてしまいそうなやわらかい腫脹、中に水が溜まっているような弾力のある腫脹、押すとへこんだままの腫脹などなど・・・。経時的に炎症がひどくなっていく途中の腫脹なのか、ある程度峠を越えて、炎症が治まっていく途中の腫れなのか・・・そのあたりの判断は非常に重要ですが、これらは日頃の経験がものをいうところです。どんな感触なら大丈夫なのか、要注意のときの感触はどんなものなのか・・・いろいろな馬を触って、人にも聞きながら、自分独自の感じ方を身につけましょう。

透かしてみる

 透かしてみる・・・とは変な言い方ですが、これは、ある程度経験を積んだ人に勧めたいことで、要は「解剖」の勉強をしてもらいたいということです。骨の名前、骨の位置や部位の名前、筋肉や腱の名前、筋肉の位置や始まりと終わりの部位など・・・。沢山あって覚えるのも面倒くさい、難しいと思う人も多いですが、最初は自分の覚えられる範囲でいいと思います。運動に関係する部分に限定してしまえばそんなに多くはならないはずです。一度覚えきってしまえば、肢のよく骨折する部分や炎症を起こしやすい腱靭帯部分をより理解しやすくなるし、皮膚の奥が透けて見えるようになってきます。

 

少し、薄っぺらな内容だと思うのですが、とにかく一つのきっかけにしてもらえればという思いで書いてみました。見る、触る、透かす・・・これが大切です。今回は触れませんでしたが、蹄も馬にとっては重要な部分です。馬を見るときは、あわせて理解したいものですが、また、別の機会にお話できればと思います。

今回もお付き合いありがとうございました。

2019-10-25

BTC 軽種馬育成調教センターです

研修生は長期休暇を終え、民間牧場実習を開始しました。

BTC近隣の牧場にて3日間の実習をさせていただいております。

現場での仕事の様子を見せて頂くことで、自分が働くにあたっての参考になったようでした。

厩舎作業や馬取扱についても未熟な部分も多くあったことと思いますが、ご指導いただきありがとうございました。

  

先日、課外研修としてパークゴルフをしてきました。

パークゴルフは初めてという研修生も多くいて、あっちこっち走り回ってる人もいました(笑)

Btc1025

通常研修とメリハリをつけられるよう、今後も課外研修を取り入れつつ、11月より始まる若馬の騎乗実習や就職活動を頑張ってもらいたいと思います。

2019-10-03

JRA日高育成牧場のあしはらです

セプテンバーセール

 皆さんお住まいの地域は台風大丈夫でしたか?千葉の皆さんは停電が長引いて大変でした(今でも完全に復旧していないところがあるようです・・・)。予想以上の風で、思わぬ被害にあった場所も・・・。北海道は台風とは無縁だったはずですが、最近では異常気象で台風は大型になり、進路も多様となって襲ってくるようになりました。線状降水帯なんていう単語も日常的になり、50年に1度のこれまで経験したことがない大雨、川の氾濫・・・なんてニュースが流れることも珍しくなくなりました・・・。直前に危機が迫らないとなかなかできないものですが、防災に関する様々な知識を持って、できるだけの備えが必要な時代だと思います。

 さて、市場ですが、今年初の試みであるセプテンバーセールが先月開催され盛況のうちに終了ました。昨年との比較はできませんが、周囲での評価を聞いたところでは、高い売却率で好成績だったと言えるようです。JRAも予定の頭数を購買しました。これで今年の1歳市場はオータムセールを残すのみとなりましたが、私はこちらも視察する予定です。

 そして育成馬ですが、サマー以前の入厩組は、順調に馴致が進んでいます。早いものでは、9月中旬からドライビング、ペン騎乗に入っているものもいます。この原稿がアップされる頃には、800m馬場での騎乗も始まっている馬もいるかも・・・。また、セプテンバー入厩組も早々に馴致を開始し、サマー以前の入厩組に追いつくべく頑張っています。各育成担当者は、馬の状況に合わせながら、あせらずに進めている感じですかね・・・。

Photo_3

Photo_4 当歳も離乳から約1ヶ月が過ぎたところですがすくすくと育っています。毎年、雪が降り始めるまでの間は、場内でも比較的草の質のいい放牧地で様子を見るようにしています。はじめは、離乳に放牧地の移動が重なって、ストレスを感じている様子の馬もいましたが、すぐに落ち着き、体重が300kgを越える馬も出てきました。とにかく、若馬の成長で大事なことはバランスですので、馬体をよく観察しながらしっかり管理していきたいと思っています。

大丈夫なほうから

「あしはら!跛行の馬を見に行くぞ!」

 駆け出しの頃・・・いろいろな先輩に連れられて診療に行ったものでした。

 ある日のこと・・・右前肢の球節の部分に異常を認めるとのことで診療していたときの話です。骨折なのか、腱靭帯の炎症なのか、ただ腫れているだけなのか・・・微妙な症状を示す症例で、とりあえずは、

「触診してみよう」

 と、いうことになり、診察が始まりました。触診は獣医師によって、やり方が違うものですが、その先輩は比較的ゆっくり丁寧に行うタイプの人でした。必要な聞き取りを行い、歩様の確認をしたあと、先輩はおもむろに左前肢から触りだし、押したり曲げたり叩いたり・・・

「ん?疑っているのは右なのでは?」

 と、思いながら診療の様子を見守っていました。左前肢の球節、管部、腕節などの触診をじっくり行い、ようやく右前肢の触診に移りました。そして球節を曲げて、馬が痛いそぶりを示したところで、レントゲンを撮って骨折を確認して、一連の診療が終わりました。私は帰りの往診車の中で聞いてみました。

「どうして、右と疑っているのに左を念入りに調べたんですか?」

 すると先輩は、

 「人でも馬でも、いきなり痛い所を触られたら嫌だろう?馬は何処が痛いのか言ってくれないから、時に触られて嫌がっているのか、痛くて嫌がっているのかわかりにくくなる馬もいる。だから、俺は大丈夫なほうから触って馬の反応を見ることにしている。」と・・・。

 もちろん、獣医師によって診療方針に違いがありますし、跛行のケースにもよっても違いが出てくると思うのですが、自分も多くの経験を重ねていって、あとから「なるほど、時には、反対の肢から診ることも大事なんだな」と思うようになりました。跛行診断は本当に難しくて、壁にぶつかることが多いのですが、そんなときこそ「振り出しに戻り、大丈夫なほうから触ってみて原因を探っていこう。」と考えるようになり、診療の幅が出るようになりました。若い頃の経験は貴重なものばかり・・・。今でも駆け出しの頃の記憶の一つとして鮮明に残っています。

「皮膚病が多くて嫌な季節だね。」

 特に足元がじめじめとした環境にさらされやすい季節は、球節から下の部分の皮膚病に悩まされる馬が増えます。

「あしはら!この馬の皮膚病どう思う?」

 そう先輩に言われて診たときのこと・・・両後の球節以下に皮膚病があり、特に左に比べて右後肢の皮膚病が酷くて、触ると激しく痛がる感じでした。

 「でも両方を比べると、見た目はあまり変わらないように見えるよな・・・強いて言えば、黄色く膿んでいるところがあり、痛さも違うような・・」

そんな感じで悩んでいると

 「先生、前にもらった薬の効きが悪いから、違うの作ってくれる?」

とは厩務員。詳しく聞いたところ、前に処方した薬では、痛いほうの肢にはあまり効いてないということらしい・・・。でも痛みの強さ以外では、左右で大きな違いはないよなあ、どう処方しようかと思っていたところに先輩が

「痛みの強い肢と、比較的大丈夫そうな前肢も含めて見比べて何か違いを感じないか?」

しばらく、4本の肢を眺めながら、ヒントをもらいつつやっと気がつきました。

「白斑があるかないかの違いか!」

 その馬は、右後肢だけ球節以下に白斑のある馬だったのです。

 一般に、馬の特徴の一つである肢の「白斑」は、まったく珍しいものではありませんが、白斑のある肢に皮膚病が起こると、たちの悪い細菌や真菌に侵されることが多いというのは事前に教えてもらっていたことであり、大事なことでした。したがって、その原因となる菌に合った抗生物質などを皮膚病の薬に正確に混ぜないと治りにくいものだったのです。うっかりというか、間が抜けているというか・・・患部だけでなく、大丈夫なほうの特徴とよく見比べて対応するべきでした。 

 少し、わかりにくい例だったかもしれませんが、わからなくて行き詰ったときは、あえて、大丈夫なほうの馬から、大丈夫そうな他の部分をじっくり見る、見比べることも大切だといいたかったのです。これは馬に乗るときでも似たようなケースがあるのではと想像します。馬にも個性があり、乗った感触は千差万別でいろいろ違うと思います。乗りやすい、乗りにくい、癖がある癖がないなど、ベテランの人が感じる微妙な違いも、駆け出しの人にはわからない、そして壁にぶつかる・・・そんなことがあると思います。見て聞くだけではなかなか身につかないでしょう。

   大丈夫なほうを見て、見比べて勉強するべし

 人によって、技術の習得に時間がかかる人、かからない人・・・いろいろで、時に身につかなくてあせることもあるでしょうね。でも見方を変えれば、それもあなたの個性ですよ!しょんぼりしないでください。そういう時は、基本に戻り、なんでもない馬を眺めて、人のアドバイスももらって、自分なりのペースで壁を打ち破れるように頑張ってみればいいのです。知らないことがあることに気づいてよかったとポジティブにとらえればいいのです。扉はいつか開きます!

今回もお付き合いありがとうございました。



本ブログにご参加いただける牧場を募集しています。
現時点での求人の有無は問いません。ご興味をお持ちの方はこちらからお気軽にご連絡ください。