2020年3月

2020-03-11

JRA日高育成牧場です

 前任者よりバトンタッチし、今回からこのブログを担当させていただく内藤です。どうぞよろしくお願いします。

JRAで仕事をして25年になりますが、今回の人事異動に伴い初の北海道での生活となります。出張などの仕事はもとより、観光等で北海道を訪れる機会は数多くあり、ずっと憧れていた土地です。しかし、実際に住む事になってみると楽しみと不安とが重なり合う気持ちになったのも事実です(このブログの読者の方の中にも馬に関する仕事、北の大地での生活などに希望を持っているものの漠然とした不安も併せ持っている方もいるかもしれませんね)。

寒い・・、遠い・・、交通が不便・・、買い物に困る・・などなど、確かにそのとおりではあるのですが、あまり大きな問題ではないことを実感しています(住み始めたばかりな者が生意気言ってスミマセン)。でも、このことは事実としてこちらで楽しく生活や仕事をされている方がたくさんいることからも明らかなのではないでしょうか。

プライベートな話になり恐縮ですが、先日、ほんの半日ですがカメラを持って趣味のひとつであるバードウォッチングをしていると、電柱にとまっているオジロワシと放牧地で羽を休めるヒシクイに出会い写真に収めることができました。どちらも天然記念物で、本州のバードウォッチャーには羨望の鳥なのです。こんなに気軽に、貴重な体験ができるとは・・すばらしい所です。

1

〔写真1. オジロワシ〕

(全長約80cm翼開張約200cmの大型猛禽類、北海道へは冬季に飛来、浦河にて撮影)

2

〔写真2.ヒシクイ〕

(全長約90cm翼開張約160cmのガンの仲間、本州の越冬地から北海道を経由してユーラシア大陸北部に帰る途中、三石にて撮影)

仕事についても日高育成牧場をはじめ周辺の生産牧場、育成牧場は繁忙期を向かえ、とても充実した日々を送っています。JRAの生産育成研究室では出産シーズンを向かえ、現在2頭の出産を無事に終えたところです。また、JRAブリーズアップセールに向けたJRA育成馬の調教も佳境を迎え、調教強度も一層アップしてきたところです。

3_2

〔写真3.本年最初に生まれたJRAホームブレッド〕(生後6日目)

 来たるべき春が、それぞれの人馬にとって素晴らしきものになるよう、職員一同、北の大地の生活を楽しみながら、真剣に仕事に取り組んでいるところです。

読者の方々の中ので、馬の仕事に興味がある方、北海道・・とても良いところですよ。一歩を踏み出してみませんか。

2020-03-06

功労馬【岡田スタッドグループ】

みなさんこんにちは。暦はもう3月、新生活へ向け期待に胸を躍らせる方も多いと思います。

新たな旅立ちに水を差すような暗いニュースが続いていますが、先ずは馬業界にとりまして競馬開催が継続できていることに感謝しなければなりません。

 

さて、今回は功労馬の話題から。当グループではマイネルダビテの他に『スマートギア』という功労馬を繋養しています。2012年の中日新聞杯を制し重賞2着4回いわゆる善戦マンとして活躍しましたが、12歳まで現役を続け59戦のキャリアは中央オープン馬としては立派な数字。

1

2015年から当グループの所有馬となり今日に至っていますが、今年で15歳を迎えました。

2

根強いファンも多く、今回はギア様の誕生祝いということで人参の差し入れが届きました。

3

人に換算すると50近くになるであろうこのオッサン、人参が大好物で丸ごと一本アッという間に完食してしまいます。

4

ご覧ください、見事な食べっぷり。

5

昔から馬=人参という方程式がありますが、普段から与えていなければ口にしない馬もいるんです。

6

それでも彼は別格、人参業界のCM依頼がありましたら宜しくお願いします(笑)!

 

いずれにしてもファンあっての競馬、このように支えてくれる方々のためにも

一日も早い終息を願って已みません。

2020-03-05

BTC 軽種馬育成調教センターです。

先日、課外研修でスキー場に行って来ました!

Btc1

今シーズンの雪不足で、スキー場のオープンも遅くなりなんとか研修を行うことができました。やはり雪は少なく、気温の高かったその日は山がむき出ている部分や、滑ってもガリガリと音を立てている場所もありました。

ほとんどの研修生がスキー初心者であったため、そのような悪条件の中での転倒が多く見え、次の日からの研修に影響が出てしまうのではと不安になりました。しかし若さのおかげかあっという間に慣れていき、数時間で転ぶことなくスキーを楽しんでいるようでした。中にはその日が初めてのスキーでありながら上級者コースで滑っている者もいるくらいでした。(コースの半分以上はお尻で滑っていたようにも見えましたが…)

Btc2

Btc3

Btc4

今度はもっとスキー場の状態の良い日にスキーに行ってみて欲しいと思います!

2020-03-02

日本軽種馬協会 軽種馬生産育成技術者研修【JBBA静内種馬場研修課】

こんにちはJBBA研修課の藤田です。令和2年になりました、本年もよろしくお願いします。

さて、現在進められております第41期生産育成技術者研修でございますが、年が明け早々に本場において「種馬場実習」や、JRA日高育成牧場で「育成馬及び繁殖牝馬の管理等実習」を実施いたしました。

種馬場実習では、種牡馬の運動や飼養、衛生、手入れなどの管理等を学び、現役の種牡馬に騎乗する機会もありました。研修生たちからは「ダイナミックな動きだった」、「とても力強かった」といったコメントがあり、これからの自分たちの馬づくりの1つの目標となったことと思います。

Jbba1

Jbba2

また、JRA日高育成牧場実習では、冬期間における繁殖牝馬や1歳馬の管理について学び、ブリーズアップセール上場予定馬に騎乗する機会をいただきました。普段触っている研修乗馬とは違う若馬の反応に戸惑うことも多かったようですが、貴重な体験をすることができ、得るものは大きかったようです。

現在(2/28)は就職先牧場が概ね決定し、これからは修了式に向けて総仕上げといったところですが、安全を第一に、品質を第二に、怪我無く中身のある研修を過ごしてもらえればと思います。

Jbba3

Jbba4_2

Jbba5_4

« 2020年2月 | メイン



本ブログにご参加いただける牧場を募集しています。
現時点での求人の有無は問いません。ご興味をお持ちの方はこちらからお気軽にご連絡ください。