2015-10-14

オータムセール【ダーレー・ジャパン・ファーム】

10月7日(水)、HBA主催のオータムセールに生産馬20頭を上場しました。セリは馬にとっても生産牧場にとっても一大イベントです。

せりで多くのお客様に見ていただけるよう一ヶ月半ほど前から、引き馬、ロンジング、ウォーキングマシーンによる運動を中心に馬体作りに取り組んできました。また、レポジトリー用の四肢レントゲン撮影、喉の内視鏡検査、削蹄、装蹄などセリへ向けてやることもたくさんあります。さらに2週間前からは馬見せを開始し、多くの購買者に来場していただきました。

前日のセリ終了後、午後7時過ぎにセリ会場に馬を入厩し、期待と不安を胸にいよいよせりです。

セリ当日、最終の馬体確認、馬の手入れ等を行い、6回に分けて行われる比較展示で多くのお客様にお披露目しました。

Photo多くの来場者で賑わう中での展示とあって、馬は非常に興奮するので、そこを上手く先導するのも大事な仕事です。普段とは異なる環境の中で馬を誘導するためには、人と馬の信頼関係がこれまでの過程でどれだけできているかが問われます。馬の購買に関わるホースマンは、外見的な馬のコンフォメーションだけではなく、人と馬との信頼関係、つまり内面的なところも厳しい目で見ているのです。

Photo_2比較展示が終了すると次は、購買者が直接厩舎に行って馬を見る個別展示となります。ダーレーでは、厩舎の入り口にマーケティング用テントを設置し、ノミネーションスタッフが厩舎まで足を運んでいただいた購買者とコミュニュケーションをとってセールス活動を行います。多くの購買者が厩舎を訪れ、予想以上の盛況ぶりにノミネーションスタッフも手が回らず大忙しとなりました。

Photo_3そのようなバタバタとした状況の中で、セリが始まりましたが、お陰様で多くの方から活発なお声掛けをいただき、最終的に20頭すべて完売となりました。

Photo_4

Photo_5牡馬の1頭は、オータムセール全体を通じて最高額となる高い評価も頂きました。

Photo_6無事にセリが終了し、撤収するころにはもう真っ暗になりました。

朝からの長丁場でスタッフ一同クタクタでしたが、上場馬の新しい行き先が決まった嬉しさに勝るものはありません。また頑張って行こう、良い馬を作っていこうという前向きな気持ちと共にセリ場を後にしました。

コメント

コメントを投稿

« BOKUJOB2015メインフェアの開催について | メイン | 10月は盛りだくさん【JBBA静内種馬場研修課】 »