2014-09-29

JRA育成馬馴致実習

 BTC育成調教技術者養成研修第32期生のT.Оと申します。

 入講してから半年が経ち、私たち32期生は日々教官の指導のもと毎日もがきながらも、自分の目標・夢に向けて日々努力し、研修生活を送っています。

 9月から、JRA日高育成牧場での育成馬の馴致実習が始まりました。馴致とは簡単に言えば、「何も知らない1歳馬に人が触れることから、人が乗るまでのすべてのことを教える作業」のことです。言葉にすると簡単にも思われますが、実際は今まで教育用の乗馬しか扱ってきていない私たちには衝撃的なことばかりでした。若馬にとって見るものすることがすべて初めての経験なので、何をするにしても匂いを嗅がせてから馬体に触れ、馬に安全であるということを教えていかなければいけません。馬一頭一頭個性があるため、すぐに慣れる馬もいれば慣れるのが遅い馬もいるため、その馬に合わせて馴致を行っていくことが大切であると感じました。手入れを行うにしても細心の注意を払って行わなければなりません。私も手入れ時に細心の注意を払っているつもりでしたが、シャワーを勢いよく出してしまい、それにビックリして馬が暴れたことも…(汗)。幸い馬も人も怪我はなかったのですが、一歩間違えれば人馬共に大きな怪我をする可能性もありました。教育用馬を扱う頭から若馬を扱う頭に切り替え、安全第一で作業を行うことが大事だと感じました。ドライビングやランジングなどの馬に対する扶助を教えることは、実習に行くまで全然知らず、全てが勉強でした。実際にドライビングとランジングを体験したのですが、JRA職員の皆さんのようには上手くいくはずもなく、レーンがぐちゃぐちゃになり上手く操作することが難しかったです。

 JRAでの馴致実習を通して、ランジングやドライビングのやり方以外にも、若馬の接し方や考え方を学ぶことが出来たとともに、馬を扱うことの難しさを改めて実感しました。JRA職員の皆さんにはたくさんご迷惑をおかけしましたが、いつも色々なことを分かりやすく優しく教えていただきありがとうございました。

Photo

Photo_2

Photo_3

Photo_5

Photo_6

Photo_7

コメント

先月、見学ツアーでお邪魔させてもらいました。
ブレーキングの時に是非伺いたいのですが、
平日だったと思います。ちょっと無理そうです。
馬とか畜産とか全く縁のない方もたくさんいると聞きました。
慣れない環境という方も多いでしょうが、体に気を付けて元気に馬と触れ合って下さい。
いつか、また寄らせていただきます。

コメントを投稿

« 皆さん、こんにちは。JBBA研修生の小島です。 | メイン | 気分も爽快!緑のじゅうたん【ビクトリーホースランチ】 »



本ブログにご参加いただける牧場を募集しています。
現時点での求人の有無は問いません。ご興味をお持ちの方はこちらからお気軽にご連絡ください。