2013-09-19

馬の輸送って?【牧場就業促進事務局】

 
 BOKUJOB事務局の小野さんの隣に座っている宮田です。

 只今阪神競馬場で披露されたファインモーションの輸送中です。そこで馬の輸送のお話。

 北海道からの輸送はどうしているかご存知ですか?航空事情が発達していますが、観光バスサイズのトラックでの輸送です。昔は国鉄の貨物列車で運ばれた時代もあるそうです。

(JRA育成馬の輸送のときの馬運車のお写真) 1_3

 では、どれくらいかかるでしょうか?

 答えは後ほど・・・

 どのように移動したかざっと説明します。

 まず北海道の浦河から函館競馬場まで国道や高速道路を移動しました。今回は馬に負担をかけないように函館競馬場で一息入れて再び出発。北海道と本州の間はフェリーで渡ります。

(今回はないのでJRA育成馬の輸送のときのお写真) Photo

 実は馬は船に弱いのです。ですから、フェリーに乗る時間の短い函館と青森の航路が選ばれています。フェリーの乗船時間は約4時間です。

 そして関西へ行く場合、青森から東北道を走って日本海側を通るルートが良く利用されますが、工事の関係で東京を抜けて太平洋側を通るルートで移動しました。

 今回のファインモーション号は馬運車の中ではとても大人しく助かっています。

Photo_2

 早く答えが聞きたい!!ですよね。

 今回の輸送はおよそ27時間(函館滞在時間を除く)でした。

 付き添っている私たちもクタクタです。立ちっぱなしの彼女はもっと大変でしょうね。

 しかししかし、競馬場では現役時代を思い出してかおてんば娘に大変身!元気いっぱいでした。

 写真はパドック展示の様子と手入れの様子です。

Photo_3

Photo_4

Photo_5

Photo_6

 こちらは、一大イベントを終えて帰路途中の函館競馬場で一服している様子。

Photo_7

 一息入れて今から浦河へ向けて出発します。
 

コメント

お嬢、お疲れ様happy01

遠路はるばる阪神までこんな行程で来てたんですね!

お嬢もスタッフの方もお疲れ様でした!

元気な姿見れて嬉しかったです。

コメントを投稿

« 皆様、こんにちは。コスモヴューファームの山口です。 | メイン | 台風一過ですっかりお天気になりました。【社台ファーム】 »



本ブログにご参加いただける牧場を募集しています。
現時点での求人の有無は問いません。ご興味をお持ちの方はこちらからお気軽にご連絡ください。