ダーレー・ジャパン・ファーム

2019-04-15

ゴドルフィン道場、スタート!

4月に入り、進学・進級、就職・転職・異動と、気分新たに新生活をスタートさせたという方も多いのではないでしょうか。私たちダーレーにも、高校・大学を卒業した8名が入社してきます。

馬の業界というと、「未経験からだと大変そう」といったイメージを持っている方もいますよね? 実は、今年のダーレーの新入社員は、馬術部などで馬を扱った経験がある人もいますが、その多くはまったくの未経験。

未経験でも馬の扱いを体系的に学べる研修プログラムとセットで、新卒採用を本格的にスタートさせました。「ゴドルフィン道場」と呼んでいるプログラムで、最初は乗馬の基礎や馬の扱い方を座学や実習で学びつつ、さまざまな部門の現場を体験した後、1年間の海外研修を予定しております。

道場1期生となる新入社員たちは、社会人としての基礎研修や英語のレベルチェック、ユニフォームのサイズ合わせなど、これからの生活に必要となる話を最初の数日で学んだ後、各部門の見学へ。

まず、朝の調教見学からスタート。初めて見るサラブレッドの走る姿に「乗り役になってみたい気持ちが高まった」との感想も。そして、「馬が走った後は自分たち」とばかりに、坂路1本。いかに負荷のかかる環境で馬がトレーニングをしているのか、身をもって体験することができたのではないでしょうか。

Photo

Photo_2 続いて種牡馬を見学した際は、スタリオンとして帰ってきたファインニードルを目にして「おおー」と目を輝かせていました。ちょうどシーズン中ということもあり、種付けの現場も見学。ゲームの世界では簡単に行われる種付けも、一頭一頭に難しさがあり、文字通り命がけの現場であることも感じてもらえたのではないかと思います。

Photo_3 午後は、繁殖にイヤリングと、生産現場を見学。入社前から競馬好きだったという新入社員は多いですが、なかなか生産の現場を目にする機会はなく、熱心に話を聞いていました。また、まずは先輩たちに名前を覚えてもらうことも新人の重要な仕事と、1日に何度も自己紹介をし、社会人らしい挨拶も少しずつ板についてきました。

Photo_4

Photo_5 そして、週の後半にはいよいよ実習スタート!先輩の指導のもと、厩舎作業や馬具の扱いを学びます。初日は箒(ほうき)の使い方から一苦労。なんとか、1人2馬房の清掃をやりきることができました。終わった後に「どうだった?」と聞いてみると、「楽しかったです!」と返ってきたのは頼もしい限りですね。

Photo_6

Photo_7

ただ、こちらもゆとりをもってプログラムを組んだつもりですが、慣れないことの連続で、最初の一週間はかなり疲労を感じているようにもみえました。馬に触り、乗るようになる日もすぐにやってきます。体力や集中力の維持も、社会人としての大事な自己管理の一つ。新入社員のときに抱いた大きな夢や目標を忘れずに、それぞれの道に向かって進んでいってほしいと願っています。

ほかのスタッフからも「そこまでしっかり教えてもらえるなんてうらやましいね」と言われる、ゴドルフィン道場のプログラム。「昔はそこまでしてもらえなかったよ」とも言われますが、どこの牧場の人たちも「人手不足」を課題にあげるなか、できる限り多くの人にこの世界に興味を持ってもらい、人を育てていくことが大切になってくると考えています。

2020年卒業の方向けにも、新卒採用を実施しております。リクナビでプレエントリーを受け付けておりますので、ぜひ以下のページよりご覧ください。みなさんからのご連絡をお待ちしております!

https://job.rikunabi.com/2020/company/r286422088/

2018-07-12

GLC サラブレッド チャレンジ シリーズ 2018について【ダーレー・ジャパン・ファーム】

みなさまこんにちは。

アラブ⾸⻑国連邦副⼤統領兼⾸相、そしてドバイの⾸⻑であるシェイク・モハメドが世界的に展開する競⾛⾺の⽣産組織およびレーシングステーブルのGodolphin (ゴドルフィン) では、サラブレッドの競⾛⽣活引退後をサポートする様々な取り組みを⾏っています。

これまでも元競走馬のセカンドキャリアの主な舞台である馬術競技をサポートしてまいりましたが、今年から新たにGLC サラブレッド チャレンジ シリーズを開始いたしました。

全国各地で開催される元競走馬だけが参加できる馬術競技(全国8大会10競技)で入賞した選手にポイントが付与され、シリーズチャンピオンを決定するものです。

Photo

既に全国でシリーズチャンピオンを懸けた戦いが始まっています。

第1戦 優勝カイルアブルー(2012生 父チチカステナンゴ 母パーフェクトブルー)

Photo_2 第2戦 優勝オムニバス(2010生 父Authorized(IRE) 母キュームレイト)

Photo_3 第3戦 優勝レイズワーク (2009生 父キングカメハメハ 母エイシンアイノウタ)

Photo_4 第4戦 優勝タガノメルシー (2015生 父キンシャサノキセキ(AUS) 母キープザフェイス)

Photo_5

今後も北海道、岡山、滋賀、茨城で競技が行われます。競技はどなたでも観戦していただけますので、ぜひ、元競走馬たちの応援にお出かけください。

2018スケジュール

6月16日

ジャパンホースフェスティバル

障害飛越 ・ 馬場馬術

御殿場市馬術・スポーツセンター

7月1日

水口ホースショー

障害飛越

水口乗馬クラブ

7月1日

九州馬術大会

障害飛越

福岡県馬術競技場

8月18,19日

北海道馬術大会

障害飛越 ・ 馬場馬術

ノーザンホースパーク

8月26日

岡山国体記念馬術大会

障害飛越

蒜山ホースパーク

9月23日

水口オータムカップ

障害飛越

水口乗馬クラブ

10月13日

北海道馬術地区乗馬大会

障害飛越

ノーザンホースパーク

11月25日

NTS馬術大会

障害飛越

中島トニアシュタール

※スケジュールは、都合により変更する場合がございますので予めご了承ください。

Godolphin(ゴドルフィン)では、世界各国で現役引退競走馬をサポートする様々な取り組みを行っており、ゴドルフィン公式SNSアカウントにてその取り組みをご紹介しておりますのでぜひご覧ください。

弊社所有、生産馬に限らず、何らかの理由で競走馬としての役割を終えた元競走馬たちが、第2のキャリアで終生活躍することが私たちの願いです。

Photo_7

2018-05-19

ファインニードル、祝勝会!【ダーレー・ジャパン・ファーム】

少し前の話になってしまいますが、ダーレー・ジャパン・ファームの生産馬ファインニードルが、3月末に行われたG1・高松宮記念に優勝し、その祝勝会を実施しました!

当日は、北海道にいるスタッフを中心に90名ほどが参加。ゴドルフィンのレーシングネームで走るようになって最初の重賞勝利だったので、イメージカラーである青と白の風船を座席につけて彩ってみました。が、身体を使う仕事で若いスタッフも多いので、そこは花より団子。席に着くやいなや、「早く乾杯を」「お腹すいた」といった心の声が今にも聞こえてきそうなムードが漂ってきていました。

Photo その気持ちをぐっとこらえてレースを映像とともに振り返ると、結果を知っているにもかかわらず、最後の直線では「差せ!」「交わせ!」と思わず声をあげるスタッフも。きっちりハナ差とらえてゴールしたところでは、改めて歓声と拍手が沸き起こりました。

お待ちかねの食事はビュッフェ形式で用意したのですが、「ご自由にお取りください」の声がかかるとすぐに行列ができ、あっという間にほぼ完食。

Photo_2

Photo_3 お腹も満たされてきたところで、今度はファインニードルの写真やダーレーのロゴをあしらったケーキが登場。こちらも十分な量を用意したつもりが、瞬時になくなってしまいました。

お酒やトークに夢中だったスタッフのなかには、食べそびれてしまった人もいたようです。

Photo_4 会場には、高松宮記念の優勝レイやゼッケンなども展示。生産馬かつ所有馬でJRAのG1を勝つのは初めてだったこともあり、なかなか目近に見ることのないG1優勝の記念品に写真を撮る人も多くみられました。

Photo_5 代表のハリー・スウィーニィも、スタッフ全員の仕事をねぎらうとともに、「また近いうちにこういう場を持てるように頑張りましょう!」と挨拶。このように全員で同じ目標に向かって頑張って、結果が出たら一緒になって喜べるのは牧場で働く醍醐味のひとつですね。

今後もさらに大きな結果を残していくべく、ダーレーでは積極採用中です。未経験者からでもスタートできるプログラムを開始していきますので、ご興味ある方は以下のページから詳細をご覧ください!

https://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp218274/outline.html

2018-03-23

未経験者向け、海外研修つき人材育成制度を新設【ダーレー・ジャパン・ファーム】

みなさん、こんにちは。

先日東京に行ったら暑いくらいの気温とともに、花粉でくしゃみがとまりませんでした。

北海道に帰ってきたらピタッと止まり、花粉症に悩まされることもなく、まだまだ朝夕は冷えますが、少しずつ暖かくなってきて春が近づいてきたなと感じます。

 

さて、春といえば今年も大学生は就職活動が本格化するシーズンになってきましたね。

ダーレーでも、新卒採用を実施しています。

 

先日も札幌ドームで行われた就職イベントに参加してきました。

1日で4000人を超える就活生が集まるなか、ダーレーのブースにも多くの方にお越しいただきました。

Photo ただ、日高の牧場ということで、道内の方でも話を聞くだけではイメージが湧きにくい方も多いと思います。

なので、実際に働く牧場を見ていただくのが一番だろうと、見学会を実施しています。

ちょうど今週1回目の見学会を実施したところで、各施設での仕事をマネージャー陣が説明するとともに、代表のハリーからも海外の競馬事情を交えて日本のダーレーのあり方をお伝えいたしました。また、お産のシーズンということもあり、ちょうど生まれて間もない仔馬をみてもらうこともできました。

Photo_2

見学会などの場では、

「未経験から応募して大丈夫ですか」

「ダーレーって、英語ができないとダメなんでしょ?」

という声をいただくこともあります。

ダーレーでは、未経験の方のご応募も歓迎しています。また、英語も入ってから徐々に慣れていってもらえれば大丈夫です。

今回の見学会も、道内の方もいましたが本州からお越しいただいた方のほうが多く、馬術部に所属しているという方もいれば、馬は好きだけど触った経験はない、マイナビではじめてダーレーという会社を知りました、という方もいました。

そうは言ってもやはり不安に思われる未経験の方も多いと思います。

そこで、2018年4月から新しい人材育成制度をスタートさせることにいたしました。

具体的には、最初の3年間で牧場業務の基礎を学んでいただき、4年目は1年間海外研修に参加する、というプログラムです。実務をしながら、馬に関わる仕事や英語を学び、世界で通用するホースマンを目指していただくためのものです。

プログラムが終わるタイミングで、ご本人の適性や志向に応じた配属を行います。育成など多岐にわたる部門でキャリアを築けるのは、国際的に展開している総合牧場ならではといえるかもしれません。

今回は実施報告の記事になってしまいましたが、見学会は今後も定期的に実施していく予定です。次回の日程が決まり次第以下のページに記載いたしますので、ぜひ一度のぞいてみてください。

https://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp218274/outline.html

みなさんからのエントリーお待ちしております!

2017-09-19

リホーミング プログラムの卒業生たち【ダーレー・ジャパン・ファーム】

みなさまこんにちは。

昨年、弊社の現役引退競走馬に対する取り組み「サラブレッド リホーミング プログラム」をご紹介しましたが、覚えていらっしゃいますでしょうか?

本日は、その卒業生である弊社の現役引退競走馬の近況を紹介させて頂きます。

競走馬として活躍した馬もそうでなかった馬も皆それぞれの場所で第2の馬生を送っています。

パートナーはジュニアライダー!

Photo     ジョヴァンニ マルヴァーンヒルズ フリートストリート

Photo_2 スノードン                 ラップランド

ジャンプがお得意!?

Photo_3 ヴァンガード               ディマンズ

Photo_4             デボネア アイゼン トリビューン

ご存知の方も多いでしょうか?

Photo_5ショーグン

BTCにて競馬業界の未来を担う若者達と

Photo_6 ジャイロスコープ ガニメード

弊社育成厩舎にて騎乗者の乗馬練習やリードホースとして活躍中

Photo_7 ヴァンヌーヴォー

また、弊社では「ライフタイム ケア」と題し、誕生から引退までどのライフステージにおいても質の高いケアを提供すべく、スタッフ一同日々取り組んでいます。

その一例として、牧場では繁殖生活を引退した牝馬たちがのんびりと暮らしています。

Photo_8 ファーザ(USA)

2017-05-16

トレーニング施設【ダーレー・ジャパン・ファーム】

こんにちは。今回はダーレーの北海道に開設したトレーニング施設を紹介します。

キャッスルパークは2016年にスタートしたダーレーの新しい育成施設で、生産を行っている牧場からは車で20分程度の距離にあります。

Photoこの施設では、主に1歳10ヶ月頃から茨城県にあるトレーニングセンターに移動するまでの若い馬たちの調教を行っています。

敷地内には2つの厩舎に合計70の馬房、坂路と2つの周回馬場や屋内運動場があり、競馬場での活躍を目指して日々トレーニングが行われています。

Photo_2 初期馴致 (人が跨る最初の段階までの調教) を終えたばかりの馬たちはまだまだ子供で、人間の指示通りにはなかなか動いてくれません。洗い場に入るのもゲートを通過するのも馬場に入るのも、彼らにとってはすべてが初めての経験です。

Photo_3

Photo_4 それでも、毎日の積み重ねの中で人間との信頼関係を築きながら調教していくことが、若駒たちを精神的にも肉体的にも成長させていきます。

Photo_5

Photo_6 もちろん成長途中の馬たちですから、調教の前後には丁寧なケアがとても大切です。細かな仕草や動きに気を配ることで、状態の変化に早い段階で気が付くことができます。

Photo_7 牧場から渡ってきたバトンを少しでも良い形で次に繋げられるように、そしていつかキャッスルパークで育った馬たちがG1レースのような大きな舞台で走る日を夢見て、我々スタッフは日々の仕事に取り組んでいます。

2016-05-26

「ダーレー・茨城トレーニングセンター」【ダーレー・ジャパン・ファーム】

今回は、茨城県にある「ダーレー・茨城トレーニングセンター」からお届けします。

現在、ダーレーはミッドウェイファーム内に厩舎を借りて約30頭の競走馬を調教しています。ミッドウェイファームは、美浦トレセンから車で約40分という好立地にあるため、競走馬の移動にとても便利です。

私たちの1日は早朝4時から始まります。検温から始まり、馬体チェック、馬房掃除を行います。その合間に各馬をウォーキングマシーンにいれて調教へ向けた準備運動を行います。

Photo

Photo_26時過ぎから、いよいよ馬装を開始します。ブラッシング、裏堀 (蹄底に詰まっている異物を取り除く作業)、肢巻 (脚用のバンテージ)、鞍の装着等を馬房の中で行います。そこで馬と向き合いながら、本日の調教メニュー、前日までの人馬の課題を再確認しながら、どのように騎乗するかをイメージします。

Photo_3

Photo_4 騎乗中は、運動の強度に関係なく一瞬たりとも集中力を切らしてはなりません。馬にとって理想的な調教を行うために、乗り手が騎乗馬をしっかりとリードしてやる必要があります。馬のフォームをしっかり保ちながら、指示通りのペースで、といきたいところですが、これは、なかなか容易なことではありません。私たち騎乗者は、時には馬の方に教えられながら、日々騎乗技術を向上させていかなければなりません。

Photo_5

Photo_6調教が終わると、曜日によって獣医師による診察や装蹄師による装蹄が行われます。ここでは今日の調教内容や担当馬の様子を的確に伝えて、問題があれば即対応し、問題の早期発見、早期治療、早期装蹄に努めています。

Photo_7お昼休憩の後は、入念なグルーミングを中心に行います。それと同時に、責任者による馬体チェックも行われます。とにかく、細かい変化、異常を見落とさないように細心の注意をはらうことが重要なのです。

Photo_8とはいえ、この時間は、一日の調教メニューを無事にこなして一安心し、人馬ともにリラックスできる貴重なひとときでもあります。

Photo_9このように多くの時間を担当馬と過ごしていると、自然に絆は深まるものです。私たちは、愛馬が無事にトレセンに帰ること、そして競馬場で活躍してくれることを願い、大きな期待を胸に刺激的な日々を送っています。

2016-03-27

サラブレッド リホーミング プログラム【ダーレー・ジャパン・ファーム】

みなさまこんにちは。

牧場では当歳馬が続々と誕生し、一年で最も忙しい時期となりました。

忙しい毎日ですが、当歳馬の無邪気でかわいい姿、元気一杯駆け回る姿を見ていると

疲れなんてどこかへ行ってしまいます。

そんな新しい命が誕生する時期ですが、今日ご紹介するのは競馬を引退したサラブレッドたちです。

夢の大舞台を目指し、多くの人々によって大切に育てられる馬たちですが、全ての馬がトップクラスの競走馬となれるわけではありません。

また、順調に競走生活をおくることができた馬も8歳前後で競走生活を引退します。

しかし、彼らの生涯はこれで終わりではありません。第2章の始まりです。

ダーレーでは、サラブレッドの競走生活引退後の第2のキャリアをサポートする取り組み「サラブレッド リホーミング プログラム」を行っています。

引退したダーレーの競走馬たちは牧場に里帰りします。

牧場で故障を治療し、数か月間のんびりと過ごさせ、競走生活での疲れを癒します。

Photoそして、それぞれの馬の個性に合った第2のキャリアを探ります。

温和な性格の馬は、子供やアマチュアライダーの元へ

難しい性格の馬は、プロのライダーの元へ

身体能力が高く馬術競技に向いている馬は馬術競技馬に

など、多方面から総合的に判断し最良と思われる第2のキャリアを決定します。

Photo_2

いよいよ、旅立ちです。

新しいキャリアでの成功と多くの人々に愛される事を願って再び送り出します。

Photo_3

Photo_4デボネア  2012年9月引退  馬術競技で活躍中!

Photo_5スノードン  2016年1月引退  最近、大阪の乗馬クラブに転職しました!

Photo_6デザートオアシス 2015年9月引退  リードホースとして若馬たちと頑張っています!

ダーレーはサラブレッドの生涯に渡る活躍を心から願っています。

競馬場だけでなく、乗馬クラブや馬術競技でもダーレー生産馬を見かける事がありましたらぜひ応援してやって下さい。

 

 

”コメントありがとうございます。

ブログ上では、繋養先をお伝えできないのですが、元気にしているようです。”

2015-10-14

オータムセール【ダーレー・ジャパン・ファーム】

10月7日(水)、HBA主催のオータムセールに生産馬20頭を上場しました。セリは馬にとっても生産牧場にとっても一大イベントです。

せりで多くのお客様に見ていただけるよう一ヶ月半ほど前から、引き馬、ロンジング、ウォーキングマシーンによる運動を中心に馬体作りに取り組んできました。また、レポジトリー用の四肢レントゲン撮影、喉の内視鏡検査、削蹄、装蹄などセリへ向けてやることもたくさんあります。さらに2週間前からは馬見せを開始し、多くの購買者に来場していただきました。

前日のセリ終了後、午後7時過ぎにセリ会場に馬を入厩し、期待と不安を胸にいよいよせりです。

セリ当日、最終の馬体確認、馬の手入れ等を行い、6回に分けて行われる比較展示で多くのお客様にお披露目しました。

Photo多くの来場者で賑わう中での展示とあって、馬は非常に興奮するので、そこを上手く先導するのも大事な仕事です。普段とは異なる環境の中で馬を誘導するためには、人と馬の信頼関係がこれまでの過程でどれだけできているかが問われます。馬の購買に関わるホースマンは、外見的な馬のコンフォメーションだけではなく、人と馬との信頼関係、つまり内面的なところも厳しい目で見ているのです。

Photo_2比較展示が終了すると次は、購買者が直接厩舎に行って馬を見る個別展示となります。ダーレーでは、厩舎の入り口にマーケティング用テントを設置し、ノミネーションスタッフが厩舎まで足を運んでいただいた購買者とコミュニュケーションをとってセールス活動を行います。多くの購買者が厩舎を訪れ、予想以上の盛況ぶりにノミネーションスタッフも手が回らず大忙しとなりました。

Photo_3そのようなバタバタとした状況の中で、セリが始まりましたが、お陰様で多くの方から活発なお声掛けをいただき、最終的に20頭すべて完売となりました。

Photo_4

Photo_5牡馬の1頭は、オータムセール全体を通じて最高額となる高い評価も頂きました。

Photo_6無事にセリが終了し、撤収するころにはもう真っ暗になりました。

朝からの長丁場でスタッフ一同クタクタでしたが、上場馬の新しい行き先が決まった嬉しさに勝るものはありません。また頑張って行こう、良い馬を作っていこうという前向きな気持ちと共にセリ場を後にしました。

2015-07-31

サマーパーティー【ダーレー・ジャパン・ファーム】

 今年も毎年恒例のサマーパーティーの時期がやってきました。種付けシーズンも無事終了し、スタッフ一同家族と共にひとときの休息です。台風の影響が心配されましたが、なんとかお天気も味方してくれました。

 嬉しいことに年々増える子供達のために、今年は写真のような乗り物を用意して、キッズサマーダッシュ2015を開催し、熱戦が繰り広げられました。

Photo出店には大人も子供も大喜び!

Photo_2 大人たちは程よくお腹を満たしたところで、恒例のアクティビティを行います!今年は、自転車一本橋、長靴投げ、ペナルティキック、バスケットボールを競いました。優勝者には商品もあります。

Photo_3

Photo_4
アクティビティの後は、表彰式とくじ引きで幕を閉じます。スタッフ同士、今シーズンを振り返り、来シーズンへの士気を高め合います!

Photo_5

Photo_6