軽種馬育成調教センター

2019-07-20

BTC教育係の平野です。

 研修開始から3ヶ月が過ぎました。初めは辛かった早起きも、少しずつ慣れてきたように見えます。

 騎乗訓練では、6月中旬から800mトラックでの騎乗を行っています。縦列騎乗でハッキングから始め、F25前後のペースまでの訓練を行ってきました。

 そして、今月から併走騎乗を始めました。併走騎乗についてのレクチャーを受けた後に実際に訓練を行いました。前との距離以外にも、隣との距離も適正な距離を保てないと人馬の怪我に繋がってしまいます。下の初めての併走騎乗日の写真でも、まだまだ寄せが甘いところなどが見られますが、それらも含めてしっかりとコントロールできるように頑張ってもらえればと思います。

Photo また、BTC調教場内での騎乗も始まりました。

Photo_2  グラス馬場やグラス坂路で騎乗を行いました。いつもと違う環境での訓練で、人馬にとって良いリフレッシュにもなりました。頑張ってくれた馬たちに感謝です✌

Photo_3

2019-07-08

BTC 軽種馬育成調教センターです。

6月28日に第1回体験入学会を行いました。

・朝作業見学(希望者のみ)

・育成調教技術者の概要説明

・あかしあ寮見学及び被服合わせ

・騎乗訓練、調教施設、調教場内の見学

・ホースシミュレーター体験

・厩舎作業体験

・乗馬体験

・研修生との懇親会 BBQ!

上記の内容で体験会を行いました。

Photo

騎乗訓練については、覆馬場での運動の後に走路騎乗を見ていただきました。

騎乗訓練は大成功!で、いつもの訓練以上に良い騎乗を見ていただけたと思います。

北海道名物のジンギスカンもたくさん食べてもらいながら、懇親会では6月中旬まで6回実施した「馬装コンテスト」の表彰式を行いました。

Photo_2

総合順位3位までにランクインした4名(3位が同率で2名)に賞状とトロフィーが渡されました!

これからも、正確かつスピーディーに馬装できるよう精進しましょう。

体験入学会や入構説明についてはまだ募集しておりますので、BTCのHPをご確認ください。

http://www.b-t-c.or.jp/btc_p200/p200_08_2018.html

第38期生の応募締め切りも残り2ヶ月程度です。

たくさんのお問い合わせをお待ちしております!

2019-06-14

BTC 軽種馬育成調教センターです。

第36期修了生5名が、5月からアイルランドにて研修を受けております。

研修についてお伝えいたします。以下↓佐藤君からです。

ジョンオックス厩舎は朝6時半から1鞍目の馬装を実施し、小さい馬場で速歩での歩様確認をしたら調教のコースまで移動します。 

いつも3つのコースをローテーションしながら使っています。 

1日基本は4鞍乗り、2鞍目終了後に3鞍目の馬はウォーキングマシンに入れてから30分休憩します。 

4鞍目が終了したら、その馬の手入れ実施して午前は12時45分ぐらいに終わります。 

午後は4時から6時までスキップアウト(馬房清掃)と、馬の手入れと獣医師と調教師による管理馬の確認がされた後に終わります。

先日、アイルランドに日本の厩務員さんや調教師さん、そして騎手の方も来られて、一緒に騎乗する機会がありました。

色々な話しが聞けて大変勉強になり、とても楽しい一日を過ごしました。

Photo

Photo_2

↑とのことでした。

残り約2ヶ月も充実した研修生活を送ってほしいものです♪

🏇体験入学会のお知らせです!

BTC軽種馬育成調教センターでは育成調教技術者養成研修の体験会を実施します。

育成調教技術者の仕事への理解と今後の進路の参考としていただくことを目的に、体験入学会を下記のとおり計画いたしました。興味のある方は是非ご参加ください。

◆日時

  • 第1回:令和元年6月28日(金) 8:30~17:00  受付終了しました。
  • 第2回:令和元年7月26日(金) 8:30~17:00
  • 第3回:令和元年8月27日(火) 8:30-17:00

※注意  第3回は6月1日よりBOKUJOBホームページにおいて受付を開始します。

※希望者は、当日5:30~7:00までの研修(朝作業)を見学することができます。

※希望者は、当センター内「あかしあ寮」に前泊及び後泊が可能です。申込みの際に宿泊希望の旨をお伝えください。

◆場所

公益財団法人 軽種馬育成調教センター

(北海道浦河郡浦河町字西舎528)

◆ホームページURL

http://www.b-t-c.or.jp/

※詳細は上記のBTCホームページでご確認ください。

2019-05-24

BTC教育係の平野です。

先日、第37期生はHBAトレーニングセール中の公開調教を見学してきました。この日は風が少し強く、肌寒く感じましたが、山菜取り以来の課外研修を楽しんでいました。

今回のようにF10秒代前半での騎乗を間近で見たのはJRAの展示会以来でした。その時はまだ馬にあまり乗ったことが無い状態での見学だったので、凄いスピードだなぁ位しか感じていませんでしたが、実際に自分たちが馬に乗るようになった中で見ると更に今回見学したような騎乗を出来るまでに、たくさんの練習をしなくてはならないことがわかったと思います。1年後にこのような場で騎乗できることを目標に頑張ってほしいと思います。

Photo_6

Photo_7

騎乗訓練では、先日始めた駈歩の訓練にも大分慣れてきました。今度は競走姿勢をシミュレーターにて練習を始めました。今までの基本乗馬とは乗り方が変わってくるので、混乱していましたが、たくさん練習して早く身に付けて欲しいと思います。

Photo_9

Photo_10

🏇第38期生募集について🏇

BTC軽種馬育成調教センターでは令和2年4月から研修の始まる第38期生の募集を行っております。また、それに伴い体験入学会の開催も決定いたしました。それぞれの詳細は下記のホームページよりご確認のうえ、お問い合わせください。

http://www.b-t-c.or.jp/index1.html

2019-05-11

BTC教育係の平野です。

 第37期生が研修を開始して1ヶ月が経ちました。大型連休も終わりましたが、研修生は関係なく、騎乗訓練や授業と変わらぬ日々を送っておりました。

 先日、毎年恒例の馬装コンテストを行いました。1人1頭馬装を行い、教官が5つの項目をチェックして点数をつけていきます。馬具の装着方法だけでなく、牧場でお客様に馬を見てもらうことを想定して、手入れや保定時の動きについても見ています。

 第1回優勝者の得点は92点でした。今回は60分とかなり時間をかけて馬装をしましたが、次回以降行う5回については、回を追う毎に短時間での馬装を行わなくてはなりません。クオリティはもちろんのこと、スピードも上げて馬装を完璧に出来るように勉強して欲しいと思います。最後にはどれだけ点数を上げてくるのか…楽しみです。 

 騎乗訓練では駈歩の訓練をスタートしました。3週間ほど速歩での軽速歩や前傾姿勢での騎乗を行ってきて、ひと段階訓練内容を上げることができました。速歩とは違った馬の動きに驚いた研修生も多くいました。シミュレーターでの練習も行えるようにしておりますので、たくさん練習して馬の動きに慣れていってほしいと思います。

Photo

2019-04-26

BTC第37期生が始まりました!

 BTC教育係の平野です。放牧地に緑が増え始め、馬も人も嬉しい季節となってきました。

 先日、第36期生が研修を終了しました。JRAの展示会に参加させていただき、すぐに修了式とあっという間に卒業していってしまいました。卒業査閲ではBTC教育エリアにて走路騎乗をたくさんの方々に見ていただき、緊張した様子ではありましたが、これまでの訓練を活かせた騎乗が出来ていました。残念ながら、怪我により全員での騎乗はできませんでしたが、1年間の研修で学んだことを基に就職後は更にレベルアップしていってほしいと思います。

 息ぴったりの走行でした☆

Photo_2

最優秀騎乗賞のY君と、場長賞・理事長賞の表彰を受けたH君のコンビ☆

Photo_4

修了証書を受け取り、1年間を終えました☆

Photo_5 お疲れ様でした!

 そして、37期生の研修が本格的に始まりました。基本的な馬の取り扱いについても大分慣れてきて、騎乗訓練も始まりました。今はまだ速歩までの訓練ですが、連休明けには駈歩にステップアップできるよう頑張っています。馬に乗るためには筋力・体力が必要!ということでトレーニングも欠かせません。

Photo_6

息抜きに行者にんにく採りに行きました。

Photo_7

今年はたくさん採れて、懇親会もみんな息が臭くなるまで食べることができました(笑)

Photo_8

1年後には立派なホースマンとなれるよう頑張りましょう!

今年度も牧場実習や見学でお世話になることと思います。第37期生につきましても、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。

2019-03-28

BTC第36期生の浅尾菜津子です。

 去年4月に入講してから、1年間の研修を修了するので、1年間を通しての感想を書きます。

 去年4月に、馬の仕事をしたいが未経験ではなく、ある程度の技術と知識を身に付けたいと思って入講しました。研修が始まって間もないころは、馬の取り扱いはもちろんのこと、寮生活なども初めての経験で、新しく覚えることがたくさんあり、大変でした。朝かなり早く起きて馬の手入れをし、集放牧をするなどの基本的な事を身に付け、先輩方の35期生が研修を修了した後から、本格的に騎乗訓練が始まりました。乗馬経験も殆どなかった状態で、最初は軽速歩の手前を間違えていたり、馬が少し物見しただけですぐに落馬したり、今から見ればレベルの低いミスを繰り返していましたが、教官は常に親身に指導してくださいました。7月に落馬をして骨折をした日に競走姿勢を教わり、ケガで休んでいた期間は焦っていましたが、ケガが治ると教官は周りに追いつけるように指導してくださり、最近は何とかまともに乗れるようになりました。

 修了間近の今は、修了式の為に人に見せる綺麗な騎乗を意識して日々の訓練に励んでいます。1年で学んだことをしっかりと発揮して研修を締めくくると共に、就職後も向上心を忘れないようにして頑張ります。

Photo

Photo_2

2019-03-15

BTC第36期生の大草耀太です。

 早いものこの研修を卒業するまでに、あと1カ月を切りました。ここに来て急に卒業を意識するようになりました。

 先日、33期と34期の卒業生のお二人にこれから実際に牧場で働くにあたっての心得やアドバイスをお話ししていただきました。新しい環境になるとき、不安になるのは良い人間関係を築けるかということだと思います。「頼られて嫌な先輩はいないから、どんどん話しかけるべき」というアドバイスをいただきました。実際に働くようになったら、積極的に話しかけていきたいと思いますが、それには勇気もいるかなと思います。でも、新人は可愛がられてなんぼだと思うので、頼りがいのある先輩に巡り合えればいいなと思います。

 いくらBTCで研修を受けたとはいえ、仕事の全てが上手くいく訳ではないということもおっしゃっていました。働いてからも日々勉強の意識でホースマンとして成長できるように頑張らなくてはならないと思いました。

 就職先も決まり、これからの人生に期待も不安もある中、OBの方にアドバイスを頂けてとても良かったです。研修もJRA育成馬の展示会や、卒業供覧へ向けて大詰めとなってくるので、最後まで気を引き締めて頑張ります。

Photo

2019-03-01

BTC36期生の熊田倫也です。

 BTC36期生は先日課外研修でスキー実習がありました。白金台スキー場へ行き、5時間弱滑ってきました。

 今回は、スキーかボードでどちらかを選び、スキーをする人の方が少し多かったです。私は経験のあったスキーをしました。久しぶりに滑ったのもあり、1度転倒をしてしまいましたが、その後は感覚を取り戻し、転ぶこともなく楽しく滑ることができました。中には初めてスキーやボードをする人たちもいましたが、教官たちに教えてもらいスタートしていましたが、午後には1人で滑れるようになっていました。このような実習も良い息抜きになり楽しかったです。来月もばんえい競馬場の見学がある予定なので楽しみです。

スタート前の集合写真は不安そうな人も数名…

Photo

余裕のある経験者✌

Photo_2

初心者組は基礎から。必死です!

Photo_4

1人で滑れるようになりました。

Photo_5  

 研修については、昨年の4月に入講し10カ月が経ち、残す研修期間が2ヶ月を切りました。私は、乗馬経験は全くない状況で入講しました。最初はわたし自身出来ないことが多くありました。7月には走路で走れるようになり、併走などもできるようになりました。9月からはJRAでの馴致実習が始まり、馴致をしました。何も知らない1歳馬を1から競走馬に育てていくことをし、10月末からは騎乗実習も始まりました。私は初めて育成馬に騎乗した際に落馬をし、その後も落馬を何度も経験しました。それでも心折れずに乗り続けることが大切だと思いました。残り2カ月の研修も気合を入れて頑張っていきたいです。

Photo_6

2019-02-01

BTC第36期生の上原夏実です。

 2月に入り卒業まで2ヶ月くらいになりました。1月に入ってからは本格的に就職活動を始める人が多く、すでに何人かは就職先が決まりました。今月は総合テストがあるため、テスト勉強もしなくてはなりませんが、就職活動と並行して残り僅かの研修を頑張っていきたいと思います。

 最近の騎乗訓練では1鞍目に屋内直線に行き、2鞍目は覆い馬場で乗ることが多いです。

 屋内直線では、単走することが増えてきました。単走の際には常に自分でスピードコントロールをしなければならず、横で教官が声をかけてくれることもないので、何回走っても緊張します。縦列走行や左右の壁沿いで併走する際には前の馬との距離や走行の際の位置などをしっかりとれないと周囲に迷惑をかけてしまうので難しいと思います。

 覆い馬場では、今まで乗ったことがなかったような少し難しい馬にも乗ることが増えてきました。馬のテンションが高かったり、暴れたりと何かあっても絶対に3馬身の距離を保ちつつ対応をしなくてはなりません。

 まだまだ出来ないこともありますが、1つ1つ苦手なところを克服していき、少しでも良い騎乗をすることを目指し、努力していきたいです。

 筋トレも毎日頑張ります!?

Photo なんかちょうだい とアピールしてくるデインツリー…

Photo_2