2020-03-11

JRA日高育成牧場です

 前任者よりバトンタッチし、今回からこのブログを担当させていただく内藤です。どうぞよろしくお願いします。

JRAで仕事をして25年になりますが、今回の人事異動に伴い初の北海道での生活となります。出張などの仕事はもとより、観光等で北海道を訪れる機会は数多くあり、ずっと憧れていた土地です。しかし、実際に住む事になってみると楽しみと不安とが重なり合う気持ちになったのも事実です(このブログの読者の方の中にも馬に関する仕事、北の大地での生活などに希望を持っているものの漠然とした不安も併せ持っている方もいるかもしれませんね)。

寒い・・、遠い・・、交通が不便・・、買い物に困る・・などなど、確かにそのとおりではあるのですが、あまり大きな問題ではないことを実感しています(住み始めたばかりな者が生意気言ってスミマセン)。でも、このことは事実としてこちらで楽しく生活や仕事をされている方がたくさんいることからも明らかなのではないでしょうか。

プライベートな話になり恐縮ですが、先日、ほんの半日ですがカメラを持って趣味のひとつであるバードウォッチングをしていると、電柱にとまっているオジロワシと放牧地で羽を休めるヒシクイに出会い写真に収めることができました。どちらも天然記念物で、本州のバードウォッチャーには羨望の鳥なのです。こんなに気軽に、貴重な体験ができるとは・・すばらしい所です。

1

〔写真1. オジロワシ〕

(全長約80cm翼開張約200cmの大型猛禽類、北海道へは冬季に飛来、浦河にて撮影)

2

〔写真2.ヒシクイ〕

(全長約90cm翼開張約160cmのガンの仲間、本州の越冬地から北海道を経由してユーラシア大陸北部に帰る途中、三石にて撮影)

仕事についても日高育成牧場をはじめ周辺の生産牧場、育成牧場は繁忙期を向かえ、とても充実した日々を送っています。JRAの生産育成研究室では出産シーズンを向かえ、現在2頭の出産を無事に終えたところです。また、JRAブリーズアップセールに向けたJRA育成馬の調教も佳境を迎え、調教強度も一層アップしてきたところです。

3_2

〔写真3.本年最初に生まれたJRAホームブレッド〕(生後6日目)

 来たるべき春が、それぞれの人馬にとって素晴らしきものになるよう、職員一同、北の大地の生活を楽しみながら、真剣に仕事に取り組んでいるところです。

読者の方々の中ので、馬の仕事に興味がある方、北海道・・とても良いところですよ。一歩を踏み出してみませんか。

コメント

コメントを投稿

« 功労馬【岡田スタッドグループ】 | メイン



本ブログにご参加いただける牧場を募集しています。
現時点での求人の有無は問いません。ご興味をお持ちの方はこちらからお気軽にご連絡ください。