2020年2月

2020-02-28

皆さん、こんにちは。ビッグレッドファームです。

ビッグレッドファームでは1月23日の出産を皮切りに、これまで6頭の当歳馬が誕生しております。父親はゴールドシップ、ダノンバラード、スクリーンヒーローと何れも楽しみな産駒ばかりで、今シーズンも概ね100頭ほどが誕生する予定です。

 

産まれて間も無くは屋根付きの小パドックで管理していますが、徐々に広い放牧地へと移っていきます。

Photo

2

本年も既に4名のインターンシップ生に就業体験頂きましたが、本年は出産シーンに立ち会ってみたいと希望される方が多く、暖冬傾向とは言え寒い北海道の冬にご来場されました。

結果、タイミング良く出産シーンに立ち会っていただく事が出来て何よりでした。

 

さて、丁度、本原稿を執筆している最中に、BOKUJOB事務局より「牧場で働こう見学会2020」の中止決定のご連絡を賜りました。弊社のビッグレッドファーム鉾田(茨城県)にもご来場を頂く予定で、競馬業界、牧場業へと興味を頂く方々にお会いできる機会を楽しみにしていたところですが、中央競馬、地方競馬共に無観客での開催を発表されている状況などから、早く事態が収束してくれることを願うばかりです。

 

事務局の方々におかれては、各方面へのご対応などご心労も大きかったと存じます。

また、ご参加を予定されていた方々におかれては、折角の機会が無くなってしまった事は非常に残念と存じます。

私共も大変残念に思いますが、事態が収束して改めて機会が得られればうれしく思いますし、折角業界への興味をお持ちいただいた方々ですから、私共に協力できることは積極的に協力させて頂いて、一人でも多くの方に業界へ飛び込んで来て欲しいと思います。

 

引き続き、皆様、よろしくお願い申し上げます。

2020-02-26

白井牧場です。

みなさんこんにちは。今年は暖冬で雪が少ないと思っていたら、先日日高門別ではここ数年来と思われる積雪があり、現場スタッフ事務スタッフ共々除雪作業に大わらわでした。

まだ寒い日が続きそうですが、先日白井牧場でも今年初の仔馬が生まれ春の訪れも感じてきている次第です。

Photo

2

このブログを書いている時点で2頭の子馬が生まれており、これから5月の半ばまで繁殖部門はいよいよ1年で一番の繁忙期となります。人馬ともに無事で全頭の出産を終えるのを祈るばかりです。

クラシックへのステップレースも始まり春競馬への足音も聞こえてきました。おかげさまで白井牧場は明け3歳の勝ち上りが良く、1頭でも多くの生産馬が晴の舞台へ進んで欲しいと思っております。

2020-02-25

皆様こんにちは、コスモヴューファームの江本です。

早速ですが皆様、ぱっつん前髪がキュートなこの子は一体誰でしょう…?

毛色やお顔は彼女の母や弟にそっくりです。

11

正解は、ウインブライト号の一つ上の全姉、ウインファビラス号。

先月、無事に現役を引退し繁殖牝馬としてコスモヴューファームに帰ってきました。飼葉ももりもり食べ、とっても元気そうな様子でホッとしています。

 

2歳でデビューしてから7歳現在まで、全32戦。牝馬3冠全てに出走し、大きな怪我もなく重賞戦線でここまで全力で走り抜いてくれました。

先月の1月18日、引退レースとなった中山11R「ニューイヤーステークス」では、一旦後続に飲まれそうになりながらも最後に脚をしっかり伸ばして4着と善戦し、このレースを最後に彼女は惜しまれながらも競争生活に幕を下ろしました。

これからは繁殖牝馬として第2の馬生の幕開けとなります。来年のお産に向けて、今は競争生活での疲れをしっかり癒して欲しいですね。どんな仔が産まれてくるのか、今から期待が高まるばかりです。

 

当牧場では生産から調教まで,スタッフみんなで協力しながら一貫して行っています。それゆえ携わった馬たちが競走馬として逞しく成長していく姿を総じて見届けられるので、彼らが活躍して牧場に戻ってきてくれること、牝馬であれば、競争生活を終えても次世代を送り出す「母」として再び私たちと共に歩んでくれることは、スタッフにとって本当に感慨深いものになります。

 

今後も牧場でしっかり馬を仕上げていき、競馬場で活躍した馬たちを牧場で迎えられるようスタッフ一同気を引き締めて取り組んでいきたいと思います。

 

22

ウインファビラス号おかえりなさい!そしてお疲れさまでした!

 

2020-02-14

JRA日高育成牧場のあしはらです

バトンタッチ!

 このブログも書き続けて3年近くになりますが、このたびのJRAの定期人事異動にともない、執筆を交代することとなりました。私はブログとのかかわりは多いほうで、「北の研究室から」「常磐馬温泉ブログ」「函館馬温泉ブログ」そして「BOKUJOBブログ」と書いてきました。過去に読んで下さったことのある方ならわかると思いますが、偉そうに語る割には中身が無いし、間違いも多いし、文章は稚拙だし、あまりいいところがないブログだなあ・・・なんて思った人がほとんどだと思います。でもそんな中で、ホント少ないながらも応援してくださる方もいたので、それを励みに頑張っていました。

いつも心がけていたこと・・・それは、

「自信をなくしている人、無くしかけている人を元気にすること」

でした。何かに打ち込んで自信のある人や馬が好きで好きで仕方がない人は心配しませんが、せっかく馬に興味があって、何らかのかかわりを持ちたい、できれば仕事で馬に関わりたいと思っているのに、自信がないとか、どうせ私には無理とか、あと一歩が踏み出せないとか諦める人・・・沢山いると思うんですよね。そんな人たちに一番大切なものは「きっかけ」であり、私は「きっかけ」をとても大事だと思っていて、とにかく「馬の仕事っていいものだよ!」という気持ちを伝えたくて、筆を走らせていました。研究って難しそうだけど、興味と情熱さえあればできることだし、温泉で馬がどんなことを思い、どんな風に過ごしているのかを伝えることで、馬の良さを伝えることができると思ったし、馬に乗るのには多少の努力が必要だけど、馬にはちょっとしか乗れなくても、いろいろな形で関わる方法があるということを伝えたかったし・・・。私はこれを最後に執筆から外れますが、馬のブログは他にもいろいろあるので、とりあえず何でもいいから読んでみて、それで元気になる人、やる気の出る人、やさしくなる人が増えるといいなあと思います。

最後もちょっと、偉そうでしたか?

まあ、今回は区切りですし・・・許してくださいね。

 

もう、2月も下旬・・・。3月になれば育成馬もBUセールに向けて仕上げのシーズンになります。繁殖ではお母さんたちの出産も始まります。明け1歳の若馬たちは、少しずつ大きくなって、秋からの馴致調教に向けて体力をつけていきます。まもなく春がやってきて、日高育成牧場のあわただしい毎日がそれぞれの形で過ぎていくことでしょう。

  

 

それでは皆様、長い間お付き合いありがとうございました。またどこかで!

 次の人にバトンタッチ!

Jra

2020-02-12

こんにちは、社台ファームです。

みなさまこんにちは!

2月6日に社台スタリオンステーションでスタリオンパレード(種牡馬展示会)が行われました。

4頭の新種牡馬、そしてハーツクライを筆頭にしたトップサイアーが間近で見られる贅沢な一日です。

社台ファーム卒業生たちもたくさんいましたので、一部ですが当日の様子をご覧ください。

 

まずはトップバッターのブリックスアンドモルタル。

エクリプス賞受賞馬が日本へ導入されるのはあのサンデーサイレンス以来30年ぶりとのことです。

01bms

 

レッドファルクス

今年初年度産駒が生まれるレッドファルクスです。すっかり真っ白になって、額の模様ももう見えませんね。

社台ファームでも7日にレッドファルクスの初仔が生まれました!(詳しくはFacebookへ!)

02s

 

ロゴタイプ・イスラボニータ

今年生まれてくる馬が2世代目になる2頭です。

長い期間を丈夫に走り抜き、マイル前後の距離適性もよく似ているこの2頭が同じ世代での

種牡馬デビューというのが面白くもあり、楽しみでもあります。

03s

04s

 

ダイワメジャー・ハーツクライ

こちらは2001年生まれの同期2頭。トップサイアーとして長年リーディング上位を争っています。

昨年暮れの2歳G1も、阪神JFをダイワメジャー産駒、朝日杯FSをハーツクライ産駒が分け合っていますね。

もう19歳ですが、2頭ともコンディションよく元気一杯でした!

05s

06s

« 2020年1月 | メイン | 2020年3月 »



本ブログにご参加いただける牧場を募集しています。
現時点での求人の有無は問いません。ご興味をお持ちの方はこちらからお気軽にご連絡ください。