2019-08-08

皆さん、こんにちは。ビッグレッドファームです。

8月は暦の上では立秋。季語の挨拶では『残暑の候』や『残暑見舞い』。

言葉としては夏の終わりを感じさせますが、各地まだまだ茹だるような暑さが続きます。

7月中は涼しかった北海道の日高地方も本格的な夏の暑さが到来し、馬も人も少しバテ気味です。

熱中症や体調を崩さない様に小まめな水分補給や休息を、自分自身はもちろん、周りへも促しながら今夏を乗り切りましょう! 

さて、先日8月1日(木)、BOKUJOB「牧場で働こう体験会」の参加者の方々が本年も新冠のビッグレッドファーム明和をご見学されました。毎年、体験会のスケジュールの合間に見学を組み込んで頂き、牧場の実態や弊社を知っていただく有り難い時間とさせて頂いております。

今年も例年同様に場内のご案内を30分、スタリオン厩舎での自由見学を30分の計1時間。参加者は皆さん、とても元気で明るく積極的で、こちらの案内や説明・問い掛けには元気よく反応を返してくれて、自由見学時はバスを降りた瞬間から駆けていく勢いで種牡馬を放している放牧地に向かっていき、炎天下も気にせず時間いっぱい見学エリアを渡り歩いていました。

参加者の皆さんがこの度の体験・見学を通して牧場の仕事の魅力や遣り甲斐を感じてもらえていたら有り難いですし、将来の夢に繋がる機会になっていると幸いです。

Photo

Photo_2 また、このような見学会の対応に就くスタッフの勉強の場にもさせて頂いています。通常の牧場業務では経験する事が少ないお客様や対外的に人との会話をする事で、「自分たちの取り組みを説明出来るように」「疑問や質問を理解して答えられるように」といったコミュニケーション力を培ってもらえると思いますし、同時に牧場の方針や考えをより深く理解する機会にもなります。

今回の対応に就いたのは、今年5月に入社した新人、JBBA生産育成技術者の卒業生で入社2年目の比較的若い年齢のスタッフの2名。社会人としても牧場従業員としても経験の浅い二人でしたが、日頃から誰に対しても臆することなく、テンポの良い会話ができるスタッフなので、対応前は少しばかりの緊張は伺えたものの、参加者との時間を重ね、見学会の終わり頃には日頃同様に会話が弾んでいました。手前味噌で恐縮ですが、初めての対応としては合格点だったと思いますが、引き続き対応に臨める様に経験の場を設け、本人たちの成長に繋がればと思います。

Photo_3

Photo_5 なお、対応に加わった5月入社の新人は7月中旬からスタートした乗馬練習の真っ最中です。

当牧場ならではの騎乗スタッフ育成のカリキュラムで、乗馬未経験者でも短期間で騎乗調教に関われる様に取り組んでいます。恐らく、8月中には現役馬で騎乗調教に携わっている事でしょう。

これから若馬の馴致(ブレーキング)が始まり調教頭数が増えるため、1人でも騎乗者を確保したい時期になります。1鞍でも多く調教を行えるように、新人を含め騎乗経験の浅い若いスタッフの騎乗スキルを早く引き上げて、タフな競走馬作りに繋げていきたいと思います。

コメント

コメントを投稿

« JRA日高育成牧場のあしはらです | メイン | BTC教育係の平野です。 »