2019-06-11

ビッグレッドファームの蛯名です。

6月1、2日で開催されたBOKUJOBメインフェアにビッグレッドファームもブースを出展させて頂きました。ブースへご訪問頂いた方々は、皆さん前向きで真剣に説明を聞いて頂ける方ばかりで、インターンシップや就職試験の具体的なお話なども受ける等、あっと言う間の2日間でしたが、とても中身の濃い、有意義な機会を頂きました。Photo 準備に向けてご尽力を頂いた事務局の方々、および ご訪問を頂いた方々へ、この場をお借りして改めて御礼申し上げます。

今年は3~4月に計3名のインターンシップ生に就業体験を行って頂きました。高校生、専門学校生、大学生と年齢層や目的もそれぞれに違いがあり、こちらのアプローチも出来るだけ本人の希望に沿いたいと考えて取り組んでいるものの、毎度最終日を迎えると、それぞれのインターンシップ生にとって有意義に過ごしていただく事が出来たのだろうかと考えさせられます。 

既に9月まで毎月インターンシップ生、研修生の受け入れが決まっておりますし、今回のフェアでお話を頂いた方々の受け入れも加わってくると思われるので、一人一人に対して、より良い体験・経験が叶う様に私共も受け入れ体制を向上し、インターンシップ生、研修生同様に、私共にとっても一つ一つの受け入れを経験値として積み重ねて、弊社のみならず業界へ飛び込んできてくれる人材が一人でも増える様に、競馬業界、牧場業の魅力を感じて頂けるようにアプローチ出来ればと考えております。

今年の5月に入社した新人は2名。

騎手を目指して騎乗スキルを身に付けたいと入社した19歳。

中央競馬の厩務員を目指して騎乗スキルを身に付けたいと入社した16歳。

何れも男性で、明確な目的を持っての入社と頼もしい限りです。

年齢の通り若々しくフレッシュで、先輩スタッフも新鮮な気持ちで接しているようです。

まだ入社して1ヶ月にも満たない時期ですが、厩舎清掃や場内美化の作業を通じて先ずは基礎体力の向上を図っている所。今後は馬の曳き方や接し方を更にマスターしながら、徐々に馬乗りの練習をはじめ、気が付けばあっと言う間に騎乗調教に携わっていることでしょう。

牧場の仕事を覚えていくと同時に、社会人としてのマナーや、仕事を通じて少しでも人間性を高められる様にとの代表の考えの下、若いスタッフを立派なホースマン、社会人へと導けるように頑張っていかなければならないと改めて身の引き締まる思いが高まりますが、本人たちも自身の夢に向かって努力を重ねていくと思いますので、本人たちの目標、夢の実現に向けて協力、後押しが叶えば幸いです。

6月22,23日には牧場の年間最大行事でもある、牧場ツアーが開催されます。

毎年、有難いことに300人を超えるクラブ法人の会員様が、出資馬の見定めに、またスタッフとの交流を楽しみに参加頂いております。新人にとっては牧場の仕事としてはイメージの持ち合わせていなかった場になると思いますが、想像していなかったことを体験するのは先の人生にとって良い経験になろうかと思いますし、本当の意味でのビッグレッドファームを知って頂く機会になると思っているところです。

コメント

コメントを投稿

« JRA日高育成牧場のあしはらです | メイン | BTC 軽種馬育成調教センターです。 »