2019-04-19

皆さん、こんにちは。ビッグレッドファームです。

各地で桜の開花発表があり、いよいよ本格的な春の到来ですね。

こちら北海道も、朝晩はまだ肌寒さを感じるものの日中は春らしい暖かな陽光が差すようになり、ここ最近は放牧地で仲間と一緒に寝そべりながら日向ぼっこをしている馬の姿を目にします。

牧場の景観の一つとして昨年秋に球根から植えたチューリップもやっと日の目を見て、少しずつに葉っぱを伸ばしています。花開くのが待ち遠しいです。

Photo_5 (事務所前のチューリップ)

さて、3月4月は年度切り替え月。新しい事や未知の世界への挑戦であったり来たる日に向けての前準備であったりと、夢へと動き始める時期です。当牧場にも将来に向けて歩き出した3名の学生さんが立て続けにインターシップに来ていただきました。「牧場で働く上で今できる事を経験するため」「就業活動をする上での選択肢を広げるため」「純粋に牧場とはどういう所で何をしているのかを知るため」と皆さんそれぞれの思いでインターンシップに臨まれており、インターンシップ中も興味を持たれる事は一人一人違っていて、私たちにとっても牧場をより知ってもらう為にはどのようなアプローチが良いのかを改めて考えさせられる機会となりました。

そこで今回は、当牧場で行っている業務の全容をご紹介いたします。牧場作業のイメージを膨らませる参考材料にしていただければと思います。

ビッグレッドファームは現状、現場作業にあたる従業員は騎乗調教に就いていただく事が基本的なスタンスです。その上で、種付業務、繁殖業務(お産・仔馬の管理)、育成業務(若駒の管理)、農事作業(環境美化・施設管理)、その他では撮影作業(写真・動画・編集)などの必要な作業に分かれて対応する体制ですが、当牧場では業務毎の専門スタッフという括りはなく全スタッフが全業務に携わり作業や知識の幅を広げる機会を設けております。そういった従業員が学べる場を日々作っているので、騎乗経験がない方や馬に触れた事がない方でも受け入れが可能と思います!

また、ビッグレッドファームは事務作業も業務の一つ。事務作業と一言で表しても色々な作業があり、会計経理や労務管理、人事を含む総務はもとより、管理馬・関係馬の情報管理、それらに附随した書類作成や整理、電話対応や来客対応。シーズンによって発生する作業も多くあり、今の時期でいえば種付けの予約受付の対応などを担っております。他にも、当牧場内を含む業界に関わる情報管理や共有を「円滑かつ正確に」行える様に、色々なプログラムを駆使しながらシステムを独自にスタッフで作り上げるなど、スタッフ個々に今まで培ってきたスキルを様々な場面で活かしてもらい、牧場業務の力にしております。

それら事務作業に関わるスタッフは、北海道に5つ、茨城県に1つの計6つの牧場を構える業界内でも規模の大きな牧場ながら現在4・5名程度。事務専門スタッフもおりますが、大半は騎乗調教を含めた現場作業に就きながら事務作業もこなしております。

この対応を可能にしているのは、偏に各場の現場責任者をはじめとした現場スタッフが細かい事務作業を対応してくれていること、また牧場全体で無駄を省いて効率よく業務を回していることから叶う状況です。今後もますます省力化、効率化を図り、牧場や従業員のモチベーションの向上と共に牧場を維持し、競馬業界繁栄の一役を担うことが出来ればと考えています。

馬や競馬、牧場に興味を持っていただいた方が、「牧場で働きたい」「自分のスキルを牧場で活かしたい」と感じてもらえる職場環境を目指して取り組みたいです!

Photo_6

Photo_7 (共に今年生まれた当歳馬とお母さん)

コメント

コメントを投稿

« 日本軽種馬協会 軽種馬生産育成技術者研修【JBBA静内種馬場研修課】 | メイン | 春の訪れ ~ さくら ~ »