2019-03-06

新米お父さん【岡田スタッドグループ】

皆さんこんにちは。暦はもう3月。

新たな旅立ちへ向け、期待と不安で胸が一杯という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

さて、牧場では日増しにベビちゃんの数が増えてきましたが、来年度へ向け本格的な種付けもスタートしています。

毎年楽しみにしているのが、新種牡馬の初年度産駒。当牧場でも新米お父さんのベビちゃんが誕生し・・

Photo_5

派手な大流星はDNAをしっかりと継承していますが、この子のお父さんは一体誰でしょう?

そう、つい先日38年間の調教師生活に幕を下ろした栗田元調教師の傑作『イスラボニータ』です。

Photo_6 🎤いま踏み切って、ジャンプぅ~🎤昨年はイスラボニータに力を入れたため、このあと続々と出産を控えています。

Photo_7

この子は『シルバーステート』の女の子ムッチムチの体付きで何だか良い雰囲気

Photo_8 生後10日目の画像ですが、歩きも実にしっかりとしています。お父さんの知名度は低いかもしれませんが、サイアーとして覚醒してもらいたいものです。

2019年度の国内供用種牡馬は、手元の資料によればナント184頭!

結果が求められる新米お父さんは、種牡馬としての地位を確立するため大変な時代になりました。

コメント

コメントを投稿

« BTC36期生の熊田倫也です。 | メイン | 2018年度(第40期)軽種馬生産育成技術者研修⑨【JBBA静内種馬場研修課】 »