2018年12月

2018-12-19

JRA日高育成牧場のあしはらです。

馬とともに過ごした平成

 早いもので今年も終わりですね。来年は平成最後の年となり新しい時代を迎えます。

 私が獣医になると決意したのが昭和56年。獣医学科に進学できたのが昭和59年。そして卒業して馬の獣医師としてスタートを切ったのが平成2年。来年は平成31年新元号元年ですから、私の平成は「馬とともに過ごした時代」といえます。今、このブログを読んでいる方にとっては、きっと次の時代が、「馬とともに過ごす時代」となるんでしょうね。

 そして、日高育成牧場の来年明け2歳となる育成馬にとっても、新しい時代が、彼らが競馬での活躍する場となるんですね。

Photo  おそらく時代が変わっても、世界情勢が大きく変わるわけでもなく、日本も今と変わらず、いろいろなことに心配を抱えながら時が過ぎていくのでしょうけど、私たちは私たちなりに、馬と触れ合いながら、いい時代をすごしていけばいいのです。とにもかくにも、来年もよろしくお願いいたします!

浦河獣医師会講習会

 去る12月8日に浦河獣医師会が主催する講習会が行われましたね。行かれた方・・・いらっしゃいますか?今回は「アメリカの馬産」と題して、日高育成牧場の獣医師が講師になり、昨年研修で学んできた内容についての報告でした。アメリカ、ケンタッキー州における繁殖牝馬の管理、分娩と診断、当歳馬の管理、離乳、種付け・・・などを中心に、多岐にわたるものでしたね。生産者、獣医師など多くの方に集まってもらい、興味深く聞いていただくことができました。残念ながら来ることができなかった方は、身近に聞いた人が入れば情報を仕入れていただければと思います。そして自分の牧場との違いを感じながら、今後に役立てていただければと思います。

忍耐と駆け引き

 「年をとると怒りっぽくなる」

 最近は本当に身にしみて感じることです・・・。今まではそんなことはなかったのに、些細なことで怒りを感じることがある。少し前なら我慢できたのに、すぐに口に出してしまう。いけないなあ、直さなきゃだめだよなあ・・・そんなことの繰り返しです。では馬は?この忍耐力について考えたとき・・・どうでしょうか?時として彼らの我慢強さに驚かされることがある・・・なんて経験をしている方もいるのではないでしょう。

 獣医師の場合ですが、多くは、悲しいかな、馬たちから見れば単なる「嫌われ者」でしかありません。もちろん、何もしないで近づけば、他の人と同じように接してくれますが、仕事となれば、検査や治療と称して、彼らにとって、それはそれは嫌なことばかりする厄介者です。厩舎に行って、馬房の前にくると、大半はお尻を向けます。なんと寂しいことか・・・。牧場スタッフにお願いしてつかまえてもらい、やっと触ることができる・・・そのときの従順さを目の当たりにすると、うらやましいなあと思ったりしてね。で、治療が始まると注射を打ったり、診断のためとはいえ、関節を曲げられたり、痛い部分を圧迫されたりで、辛そうにします・・・が、どうでしょう。彼らは結構長い時間、我慢してくれますよ。偉いです。治療が終わると、「ふ~!」と息を吐いて、やれやれ、なんて顔をするやつもいるので、「我慢してくれてありがとう」とお礼を言いたくなることもしばしば・・・。日高育成牧場では、今のところ調教が順調に進んでいますが、その様々な過程の中で、馬とコミュニケーションを上手くとりながら、馬に我慢してもらう場面も多かれ少なかれあります。彼らは納得した上で人間の指示に従い、我慢し続けて、やがては、どんな人の指示にも従ってくれるようになるまで成長してくれます。自分たちの方が大きいのだから、「嫌だ」と拒絶して暴れれば、辛い思いをすることもないのに・・・と単純に思うのですが、彼らはとにかく我慢をする・・・その忍耐力には脱帽なんですね・・・。

初動は大切

 写真は当歳を馬運車に乗せる練習をしている風景の1コマです。

Photo_2

 血統が良く優秀な繁殖牝馬に良血の種牡馬をつけて生まれてきた子馬で、馴致も調教もしっかりできて、能力が高くても、馬運車に乗ることができなければ目的の調教場、競馬場に行くことができないし、そもそも競馬に出走することすらできません。馬運車馴致は、そういう意味で、極めて重要な練習と言えます。撮影したこの日は、飼養放牧管理の関係で、馬運車で放牧地を移動する必要があったため、慣らしの練習をしているところでした。素直に乗るもの、少しずつ様子を見ながら乗るもの、馬運車自体を怖がりなかなか近寄らないものなど様々です。それぞれの性格を汲み取りながら、馬が嫌がらないように誘導します。どんな馴致でも言えることですが、一つやり方を間違うと、その担当者の言うことを聞かないどころか、人間自体の言うことを聞かなくなったりします。競走馬としての生活をしていくからには、いろいろな人と係わっていくことになるわけですから、この人の言うことは聞くけど、他の人の言うことは聞かない・・・では困ったことになります。よく、馴致育成はおなかの中から始まる・・・と言う人もいますが、とにかく日々積み重ねが大切だということなんだという意味も含まれていると思います。

ひと芝居うつ

 人でも会社主催の健康診断があると思います。そこで必ず実施するのが採血ですね。馬も同じで、一斉の定期健康診断があります。トレセンには東西合わせて4000頭の馬がいるわけですから、中には枠場に入れても注射できない、枠場にすら入らず注射させないなど個性的な馬が何頭かいるものです。まさに獣医泣かせの馬ですが、ではこれらの馬は厩舎でも言うことを聞かないかといえば、そうでもない。むしろ逆で、大人しかったりするんですが、そういう馬は大概頭が良いんだと思いますね。人の心を先読みする能力が高いんだと思います。まだ、私が2、3年目のころだったか、ある厩舎にそんな頭の良い馬がいて、厩舎と協力して大芝居を打ったことがありました。厩舎の人には全員出てもらって通常どおりの作業をしてもらう。獣医は2人で、ファンを装い普段着でその馬の隣の馬房でその馬の顔をなでたりする。担当厩務員には飼葉をつける作業をしてもらい、馬が飼い葉桶に近づく隙を狙って、採血。馬も驚きを隠せない表情で、やられた~と思ったかどうかはわかりませんが、そのときだけは観念して採らせてくれました(その次はまただめだったんですけど・・・)馬との駆け引きは奥が深いなあ、とそのときしみじみ感じました。

 いつものように個人的な見解ですが、大人しい馬ほど、

 「人間ごときに素直になれるか!スキあらば人を出し抜いてやろう」と思っているんでしょうかね?なんでもさせてくれる馬は

 「お前が頼りないから、言うこと聞いている振りをしてあげているんだよ」なんて、上から目線だったりするんですかね?

 馬とどんな関係を築けるかは、とにかくあなたの腕次第。自分の理想の馬をつくるため、辛抱強い馬を相手に、いろいろな機会を作って触れ合いながら、駆け引きしながら勉強するといいと思います。

 今回もお付き合いありがとうございました。また来年!!

2018-12-17

2018年度(第40期)軽種馬生産育成技術者研修⑧【JBBA静内種馬場研修課】

 こんにちは、JBBA研修課の藤田です。12月も中旬となり比較的雪の少ないこの地域も現在は辺り一面すっかり雪景色となってしまいました。

Photo  さて、2018年(第40期)生産育成技術者研修ですが、先月末に本場内にある「逍遥馬道(Riding pass)」において外乗を行いました。いつもと違った雰囲気である外乗は、人馬ともに気分が良さそうで大分リフレッシュされたようでした。

Photo_2

Photo_3

Photo_4  そうした中今月に入り就職活動を開始いたしました。これまでの研修の中で生産から育成まで様々な内容を学んできましたが、強い馬づくりという点では共通しているものの自分が携わる業務として、生産か育成のどちらか一方に決めていかなくてはなりません。まだ多少の猶予はありますが、十分に考えた上で自分の将来を決めてもらいたいところです。

 冬休みが明ければ、種馬場実習、分娩実習と研修終了まで3か月もありません。体調管理に気を付けながら最後まで頑張ってもらいたいところです。 

 それでは皆様良いお年をお過ごしください。

2018-12-14

皆さん、こんにちは。ビッグレッドファームです。

身体を動かすと少し汗ばむ暖かい日が続いた11月も末頃から一気に冬らしい寒気が入り込んできて、こちら北海道の秋はあっという間に過ぎ去ったように思います。視覚的に秋を感じさせてくれる紅葉が今年は1ヶ月と経たないうちに落ち切ってしまった事も、より秋を短く感じさせたのでしょう。牧場を囲む山々や場内を朱や黄色で景観を飾る木々の紅葉を毎年楽しみにしている者としては、もう少し秋を味わいたかったですね。

さて、12月に入ると人も馬も衣替えを済ませ、すっかり冬の装いです。景色も先日7日に降った雪で一面銀世界へと姿を変えました。

Photo_3

Photo_4 そんな本格的な冬の到来ですが、牧場全体の冬支度はまだ暖かさを残す11月から動き出します。外作業が主な牧場業務は、厳しい冬による凍結や降雪への対策や防止を兼ねた事前の準備が重要です。

凍結の対策・防止の一つとしては、建物内外の「水落とし」です。「水落とし」とは簡単に説明すると「水道管を流れている水を抜く事で、管の中で水が凍結してしまうことを防ぐ」というもの。特に厩舎の各馬房に備え付けられているウォーターカップ(自動給水器)の配管は外に剥き出しの状態のため凍結してしまう前に使用を止め、水バケツを吊るして人の手で水を足す方法に切り替るのですが、この水足しの作業はなかなかの重労働!馬の水分確保のため欠かせませんが、寒い中での水作業に加えて水の入った重いバケツを手で各馬房に運ぶので、気力とパワーを使います。

しかし体を動かす作業なので寒さで悴んだ手足も自然と温まり体もほぐれますし、体がほぐれると怪我の防止にも繋がります。また、重いバケツを運ぶ事で筋力や体力維持にもなり、牧場業務に携わる上で必要な体づくりにも繋がるので、そう考えると水足し作業一つで一石二鳥ですね。

降雪への対策・防止の一つとしては、牧場内の環境整備です。これは常日頃から気を配っている部分ですが、秋口からの整備のメインは「落ち葉拾い」です。場内の美化を保つ為でもありますが、雪解けによる水の通り道を確保する為でもあります。溝などに落ち葉が溜まったまま雪が積もり凍ってしまうと雪解け水が塞き止められて水が溢れるという事が起こり得るため、雪が降る前の除去が必要なのです。ビッグレッドファームは敷地内に多くの木を植えているのでスタッフ総出で落ち葉回収を行い、雪が降る前に無事に回収を終えて冬を迎えられています。

そして、この時期から生産牧場は馬のお産に向けて準備が始まり、忙しくなります。

当牧場は今シーズンよりお産場所を、ビッグレッドファーム明和から今年度より開場したビッグレッドファーム朝日(新冠町サラブレッド銀座と呼ばれる通りに位置した牧場)に移します。

ビッグレッドファーム朝日は主に繁殖牝馬および幼駒を管理する牧場です。開場したばかりで今現在も新しい厩舎や施設を作っている最中ですが準備は着々と進んでおり、現在約45頭のお産を控えた繁殖牝馬を管理しております。今までより繁殖牝馬を多く収容可能になったため、昨年まで預託先の牧場さんに担って頂いていた繁殖牝馬も今年から当牧場の管理になりました。純粋にお産頭数が増えているのでシーズンの期間は長くなりますし、例年に比べると作業ボリュームは何倍も増える事は間違いないですが、通常業務も含め、作業を滞りなく来年以降に繋げられるように引き続きスタッフ一同協力していきます。

最後に。今年も残りわずかとなりました。皆さん良いお年をお迎えください。

〈下記の写真は、季節が秋へと変わり始めた心地よい日のワンシーンを撮影した2枚です〉

Photo_7

Photo_6

2018-12-13

BTC教育係の平野です。

 先月実施いたしました牧場説明会は、道内外から30以上の牧場に来ていただき、それぞれの牧場の特色などを教えていただき、これからの就職活動の参考にしていくようです。また、今週から始まった冬休み期間も利用しつつ見学等でお世話になることもあるかと思います。その際はどうぞよろしくお願い致します。 

 雪が降ってきたため、騎乗訓練はBTCの屋内直線を主に利用して行っています。JRAの実習馬を前に出しながら乗っていくのとは異なり、教育用馬は抑えながら乗っていかなくてはなりません。馬自身のやる気も普段以上に上がってくるため、悪戦苦闘していますが、様々な状況の変化に対応していけるよう頑張ってほしいと思います。

Photo

Photo_2  今年最後の投稿になりました。本年も1年間お世話になりました。来年もご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。

« 2018年11月 | メイン | 2019年1月 »