2018-10-24

BTC第36期生の佐藤 謙晋です。

 研修も半分が終わりました。騎乗や厩舎作業など研修には慣れてきましたが、これからまた新しく覚えなくてはならないことがまだまだあります。

 最近ではゲートについての学科や実習を行いました。今回はゲートの通過をメインに扉等は閉めずに行いました。競走馬にとってはゲートに入り、出ることはとても大切なことと改めて感じました。初めてゲートに入る馬は怖がってしまうことが多いので、声をかけてあげたりしながらゲートに慣れさせていってあげることをします。そのような馬を無理にゲートに入れてしまうと、後にゲートを更に嫌がってしまったり、馬が暴れてしまって馬も人も危険になってしまいます。ゲートについては焦らずにじっくりと馴致することを心掛けたいと思いました。

 JRAでの騎乗実習のような新しい研修や、就職活動等も始まるので残りの研修についても一生懸命頑張りたいと思います。

教官によるレクチャーを受けて…

Photo 実際に広いゲートから入ってみます。

Photo_2 今度は狭いゲートでも2頭で入ってみます。

Photo_3 最後は全員で✌

Photo_4 大人しく訓練に付き合ってくれる馬たちに感謝です!!!

コメント

コメントを投稿

« 2018年度(第40期)軽種馬生産育成技術者研修⑥【JBBA静内種馬場研修課】 | メイン | とねっ仔成長中です【岡田スタッドグループ】 »



本ブログにご参加いただける牧場を募集しています。
現時点での求人の有無は問いません。ご興味をお持ちの方はこちらからお気軽にご連絡ください。