2018-08-24

BTC第36期生 中野 弘道です。

 第36期生は先日から、走路騎乗から二騎併走を始めました。馬の鼻先を隣と併せなければいけないことや、隣の馬との距離を30~50㎝に保たなければならないなど、単走よりも考えることがずっと多くとても難しいです。

 今はまだ一定のペースを刻むことが難しく、隣の馬との鼻先を合わせられなかったり、隣の馬との距離が開いてしまうので、隣の騎乗者とコミュニケーションが大切だと感じます。

 まだ、私たちは、二騎併走を始めたばかりで分からないことがあったり、適切な状況判断が出来ていなかったりするので、課題はたくさんありますが一つ一つ改善していきたいと思います。また、今は比較的簡単な馬で訓練を行っていますが、これからは隣の馬を蹴ろうとしたり、併走が苦手な馬での訓練も入ってきて、どんどん内容が難しくなっていくことと思いますが、一鞍一鞍を大切により多くの事を学び、吸収し、自分のものにしていきたいと思います。

教育係 平野より

 第36期生は例年に比べ、走路騎乗に移行するまでの基礎乗馬に時間を多く使っておりました。それは、今までで一番女性研修生が多いこともあり、走路騎乗を乗り切るための筋力や体力をつけるための期間にもなりました。まだまだ男性の多い競走馬の世界ですが、その中でもより多くの女性が活躍できるよう、これからも騎乗訓練を行っていきたいと思います。

 引き続き応援よろしくお願い致します。

Photo

コメント

コメントを投稿

« 2018年度(第40期)軽種馬生産育成技術者研修④【JBBA静内種馬場研修課】 | メイン | JRA日高育成牧場のあしはらです。 »



本ブログにご参加いただける牧場を募集しています。
現時点での求人の有無は問いません。ご興味をお持ちの方はこちらからお気軽にご連絡ください。