2018-05-19

ファインニードル、祝勝会!【ダーレー・ジャパン・ファーム】

少し前の話になってしまいますが、ダーレー・ジャパン・ファームの生産馬ファインニードルが、3月末に行われたG1・高松宮記念に優勝し、その祝勝会を実施しました!

当日は、北海道にいるスタッフを中心に90名ほどが参加。ゴドルフィンのレーシングネームで走るようになって最初の重賞勝利だったので、イメージカラーである青と白の風船を座席につけて彩ってみました。が、身体を使う仕事で若いスタッフも多いので、そこは花より団子。席に着くやいなや、「早く乾杯を」「お腹すいた」といった心の声が今にも聞こえてきそうなムードが漂ってきていました。

Photo その気持ちをぐっとこらえてレースを映像とともに振り返ると、結果を知っているにもかかわらず、最後の直線では「差せ!」「交わせ!」と思わず声をあげるスタッフも。きっちりハナ差とらえてゴールしたところでは、改めて歓声と拍手が沸き起こりました。

お待ちかねの食事はビュッフェ形式で用意したのですが、「ご自由にお取りください」の声がかかるとすぐに行列ができ、あっという間にほぼ完食。

Photo_2

Photo_3 お腹も満たされてきたところで、今度はファインニードルの写真やダーレーのロゴをあしらったケーキが登場。こちらも十分な量を用意したつもりが、瞬時になくなってしまいました。

お酒やトークに夢中だったスタッフのなかには、食べそびれてしまった人もいたようです。

Photo_4 会場には、高松宮記念の優勝レイやゼッケンなども展示。生産馬かつ所有馬でJRAのG1を勝つのは初めてだったこともあり、なかなか目近に見ることのないG1優勝の記念品に写真を撮る人も多くみられました。

Photo_5 代表のハリー・スウィーニィも、スタッフ全員の仕事をねぎらうとともに、「また近いうちにこういう場を持てるように頑張りましょう!」と挨拶。このように全員で同じ目標に向かって頑張って、結果が出たら一緒になって喜べるのは牧場で働く醍醐味のひとつですね。

今後もさらに大きな結果を残していくべく、ダーレーでは積極採用中です。未経験者からでもスタートできるプログラムを開始していきますので、ご興味ある方は以下のページから詳細をご覧ください!

https://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp218274/outline.html

コメント

コメントを投稿

« 2018年度(第40期)軽種馬生産育成技術者研修②【JBBA静内種馬場研修課】 | メイン | BTC第36期生の八木 飛雄伊です。 »