2018-03-23

未経験者向け、海外研修つき人材育成制度を新設【ダーレー・ジャパン・ファーム】

みなさん、こんにちは。

先日東京に行ったら暑いくらいの気温とともに、花粉でくしゃみがとまりませんでした。

北海道に帰ってきたらピタッと止まり、花粉症に悩まされることもなく、まだまだ朝夕は冷えますが、少しずつ暖かくなってきて春が近づいてきたなと感じます。

 

さて、春といえば今年も大学生は就職活動が本格化するシーズンになってきましたね。

ダーレーでも、新卒採用を実施しています。

 

先日も札幌ドームで行われた就職イベントに参加してきました。

1日で4000人を超える就活生が集まるなか、ダーレーのブースにも多くの方にお越しいただきました。

Photo ただ、日高の牧場ということで、道内の方でも話を聞くだけではイメージが湧きにくい方も多いと思います。

なので、実際に働く牧場を見ていただくのが一番だろうと、見学会を実施しています。

ちょうど今週1回目の見学会を実施したところで、各施設での仕事をマネージャー陣が説明するとともに、代表のハリーからも海外の競馬事情を交えて日本のダーレーのあり方をお伝えいたしました。また、お産のシーズンということもあり、ちょうど生まれて間もない仔馬をみてもらうこともできました。

Photo_2

見学会などの場では、

「未経験から応募して大丈夫ですか」

「ダーレーって、英語ができないとダメなんでしょ?」

という声をいただくこともあります。

ダーレーでは、未経験の方のご応募も歓迎しています。また、英語も入ってから徐々に慣れていってもらえれば大丈夫です。

今回の見学会も、道内の方もいましたが本州からお越しいただいた方のほうが多く、馬術部に所属しているという方もいれば、馬は好きだけど触った経験はない、マイナビではじめてダーレーという会社を知りました、という方もいました。

そうは言ってもやはり不安に思われる未経験の方も多いと思います。

そこで、2018年4月から新しい人材育成制度をスタートさせることにいたしました。

具体的には、最初の3年間で牧場業務の基礎を学んでいただき、4年目は1年間海外研修に参加する、というプログラムです。実務をしながら、馬に関わる仕事や英語を学び、世界で通用するホースマンを目指していただくためのものです。

プログラムが終わるタイミングで、ご本人の適性や志向に応じた配属を行います。育成など多岐にわたる部門でキャリアを築けるのは、国際的に展開している総合牧場ならではといえるかもしれません。

今回は実施報告の記事になってしまいましたが、見学会は今後も定期的に実施していく予定です。次回の日程が決まり次第以下のページに記載いたしますので、ぜひ一度のぞいてみてください。

https://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp218274/outline.html

みなさんからのエントリーお待ちしております!

コメント

コメントを投稿

« 2017年度(第39期)軽種馬生産育成技術者研修の現況報告⑧【JBBA静内種馬場研修課】 | メイン | 邁進せよ BTC35期生! »