2018-02-20

皆さん、こんにちは。ビッグレッドファームの堀田です。

今年度最初のプログ投稿になります。

昨年同様に1年を通して牧場での日常や作業風景、近況などを発信していきたいと思いますので、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、暦の上では立春の2月も半ばを過ぎましたが、まだまだ寒さが続きそうです。

今冬は例年にないほど降雪が多く、今月初めに全国各地に寒さと雪をもたらした大寒波の際にはここ日高も大雪となり、当牧場も積雪量が人の腰を超え、車両の運転や馬の出し入れも侭ならない状態に…。

Photo ビッグレッドファームでは大雪直後の2月7日に種牡馬展示会を控えていた事もあり、早朝からスタッフ総動員で除雪作業を急ピッチで行いました。

Photo_2

Photo_3 展示会当日も早朝から除雪を優先し、その甲斐あって無事に開催に漕ぎ着けた次第です。

Photo_4

Photo_5 当日は幸いにして気温が低いながらも好天に恵まれての展示会となり、記録的な大雪直後にお迎えする中においては最低限の環境を整える事が出来、手前味噌ながら御来場を賜った生産者方々をはじめ関係者の方々より「よく除雪を間に合わせたね」「従業員だけで対応したの」とお褒めの言葉も頂きました。まだまだ出来たと思うところが有りながらも、大変励みとなる言葉を沢山頂き有り難い限りです。

今回のような大雪も「来年以降の対策・対応に繋がる良い経験」になりますし、イベント事はスタッフにとって大変ながらも楽しく励みになる機会となりますので、来年・次回もご来場いただける様な準備・対応を心がけて、これからも一つ一つの課題に前向きに取り組んでいきたいと思います。

Photo_6 放牧地も馬の歩く所が無いほどの雪の量で、運動量を確保出来る様に重機で道を確保するため雪を除雪していますが、知ってか知らずか確保した雪道の上で気持ち良さそうに寝ている1歳馬です。慌ただしく作業に追われる中において、癒されるシーンでもあります。

Photo_7

お産も始まりビッグレッドファームでも既に当歳馬が次々と誕生しています。

凛々しく可愛らしい当歳馬ですが、当たり前のように産まれて来る訳では無く、日々の観察と管理・対応によって未然に事故を防ぐ為の努力があって無事に産まれてきます。

気を緩められないお産シーズンはまだまだ続きますが、写真の様に愛らしい姿を見ると嬉しくなってきます。比較的大変なことが多いサラブレッドの牧場の仕事ですが、他では中々味わう事の出来ないシーンに幾つも出会える事は牧場で働く上での魅力ではないでしょうか。

コメント

コメントを投稿

« JRA日高育成牧場のあしはらです。 | メイン | 2017年度(第39期)軽種馬生産育成技術者研修の現況報告⑦【JBBA静内種馬場研修課】 »