2018-01-06

ジス・イズ・ニッポン【岡田スタッドグループ】

松の内も明け、平成ラストイヤーが本格的に始動しました。

本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

少々ネタが古くなってしまいましたが、オカダスタッドでは古き良きニッポンの正月行事を大切にしています。

Photo 薪ストーブでもち米を蒸し、昔ながらの杵つき餅

Photo_3 食品衛生上好ましくないとか何とか面倒臭い世の中になり、こうした光景もほとんど見られなくなりました。

Photo_4 一般的に29日は語呂合わせが『二重苦』となるため、餅をついてはいけないと言われていますが、当牧場では『福』と解釈し、あえて29日を選びます。

昨年末は社内行事の関係で27日に行いましたが・・。

Photo_5 おしるこや雑煮でスタッフの胃袋を満たしたあと、次は鏡餅作りへ。

Photo_6 今や真空パックが主流。鏡開きで青カビが生えた部分を削って食べるのもまたいとをかし。

Photo_7 北海道では門松はポピュラーではありませんが、場内の立派な松の枝を調達し玄関前に飾ります。

岡田スタッドグループの方針は、古馬になって数多くレースへ出走させること。

今ひとつ目立たなかった2歳馬達も、明け3歳となる2018年はエンジン全開といきたいところです。

コメント

コメントを投稿

« BTC軽種馬育成調教センターの平野です。 | メイン | JRA日高育成牧場のあしはらです。 »



本ブログにご参加いただける牧場を募集しています。
現時点での求人の有無は問いません。ご興味をお持ちの方はこちらからお気軽にご連絡ください。