2017-09-19

リホーミング プログラムの卒業生たち【ダーレー・ジャパン・ファーム】

みなさまこんにちは。

昨年、弊社の現役引退競走馬に対する取り組み「サラブレッド リホーミング プログラム」をご紹介しましたが、覚えていらっしゃいますでしょうか?

本日は、その卒業生である弊社の現役引退競走馬の近況を紹介させて頂きます。

競走馬として活躍した馬もそうでなかった馬も皆それぞれの場所で第2の馬生を送っています。

パートナーはジュニアライダー!

Photo     ジョヴァンニ マルヴァーンヒルズ フリートストリート

Photo_2 スノードン                 ラップランド

ジャンプがお得意!?

Photo_3 ヴァンガード               ディマンズ

Photo_4             デボネア アイゼン トリビューン

ご存知の方も多いでしょうか?

Photo_5ショーグン

BTCにて競馬業界の未来を担う若者達と

Photo_6 ジャイロスコープ ガニメード

弊社育成厩舎にて騎乗者の乗馬練習やリードホースとして活躍中

Photo_7 ヴァンヌーヴォー

また、弊社では「ライフタイム ケア」と題し、誕生から引退までどのライフステージにおいても質の高いケアを提供すべく、スタッフ一同日々取り組んでいます。

その一例として、牧場では繁殖生活を引退した牝馬たちがのんびりと暮らしています。

Photo_8 ファーザ(USA)

コメント

コメントを投稿

« BTC第35期生の吉野大宙です。 | メイン | JRA日高育成牧場のあしはらです。 »



本ブログにご参加いただける牧場を募集しています。
現時点での求人の有無は問いません。ご興味をお持ちの方はこちらからお気軽にご連絡ください。