2017-08-19

BTC第35期生の山本聖士郎です!

 8月も半ばを過ぎましたが、本州ではまだまだ暑い日が続いていると聞きます。BTCのある浦河町は、夜更けや早朝は半袖では肌寒い日もあり、少しずつ秋の訪れを感じさせています。

 僕たち第35期生は先日、社台スタリオンステーションにて種牡馬の見学をさせていただきました。その中で僕が最も楽しみにしていたオルフェーヴルの展示では、間近でその姿を目に焼き付ける事ができ感無量でした。オルフェーヴルは僕が競馬を好きになるきっかけとなった馬であり、その存在が僕の励みになっています。また、日頃の実習では馬を展示するときの立たせ方や歩かせ方を学んでいる最中であり、そのような点でも今回の種牡馬見学は参考になる点が多くありました。

 最近の研修では、騎乗訓練に走路騎乗だけでなく障害飛越を行ったり、学科では外部講師の方による講義など徐々に難しく、密度の濃いものになってきているように感じます。そして来月からは、JRAでの馴致実習も始まることも知り、時間は刻一刻と過ぎ去っているものと実感しています。限られた時間を大切にして多くの事を吸収していき、いつかオルフェーヴルのような、多くの人々の記憶に残る馬に携われるホースマンを目指していきたいと思っています。                                                  

                                                   山本聖士郎

Photo_7

Photo_8

Photo_9

Photo_10

コメント

頑張ってる様子頼もしく感じます!
好きというだけでなく、奥の深い仕事ですね。
毎日、沢山の事を吸収し目標に向かって日々の歩みを大切に頑張ってください。
私たちの知らない世界がこのブログで垣間見る事ができ楽しみにしてます。

コメントを投稿

« 天高く馬肥ゆる秋【岡田スタッドグループ】 | メイン | JRA日高育成牧場のあしはらです »



本ブログにご参加いただける牧場を募集しています。
現時点での求人の有無は問いません。ご興味をお持ちの方はこちらからお気軽にご連絡ください。