2016-09-17

馴致実習

 BTC育成調教技術者養成研修第34期生の田口です。

 研修が始まり半年が過ぎました。現在、私たち研修生は2班に分かれて、JRA日高育成牧場で若馬の馴致実習を行っております。

 馴致では、パッティングやランジング、ドライビングなど人が馬に指示を出すことを教えたり、馬の上に乗ることに慣れさせることなどを行っています。私も馬の上に乗ること以外はやらせてもらいました。その中でもドライビングが特に難しかったです。ダブルレーンで馬をコントロールすることは、見ている以上に難しく、推進させながら左右に曲げることやレーンを持ち替えることなど一つ一つの動きすべてが大変でした。それでも上手く馬に指示を出せた時はとても嬉しかったです。

 その他の作業としては、寝藁出しや手入れなどBTCで行っていることと大きくは変わりませんが、1歳馬ということもあって手入れは気を緩めることができません。それでもかわいい一面があったりと、やっぱり馬はいいなと熱く思います。

 JRAの職員の方々には迷惑をかけることのほうが多いと思いますが、一つ一つ丁寧に教えてくださり本当に感謝しています。馴致実習は1ヶ月だけですが、冬には今回馴致した馬たちに乗ることにもなるので、しっかりと今できることをこなしていきたいと思います。

Photoフローラルホームの15でドライビングを学んでいる様子①

Photo_2 フローラルホームの15でドライビングを学んでいる様子②

コメント

コメントを投稿

« セリシーズンも後半戦に入りました【セールスプレップサービス】 | メイン | Brake(ブレーキ)じゃなくて、Break(壊す)です【日高育成牧場】 »



本ブログにご参加いただける牧場を募集しています。
現時点での求人の有無は問いません。ご興味をお持ちの方はこちらからお気軽にご連絡ください。