2016年8月

2016-08-24

牧場実習

こんにちは、BTC育成調教技術者養成研修第34期生の山田です。

先日、1週間の牧場実習がありました。

私が実習させて頂いた牧場は藤沢牧場のエバーグリーンセールスコンサインメントという所です。

初めて1歳馬に触れ、曳き馬や手入れをしました。「なになに?」と興味津々に顔を近づけてきたりと可愛らしい反面、少しのことで驚いたり、曳き馬の最中に立ち上がったり、馬房の中でお尻を向けてきたり…。ヒヤッとしたことが何度もありました。1歳馬に触れる、という経験は自分にとって大きなものとなりました。

曳き馬の基本、馬の展示方法など親身に教えてくださり、私達の質問にもたくさん答えてくださいました。

ここで学ばせて頂いたことを、今後の研修に役立てることができるように、また将来就職した時活かせるようにしたいです。

1週間、長いようで短いような…。毎晩、作ってくださるお夕飯がとても美味しかったです。本当にお世話になりました、ありがとうございます。

Photo_3

Photo_4

Photo_5

2016-08-23

九州地区(JRA宮崎育成牧場&JRA小倉競馬場) BOKUJOB広報&相談コーナーの開設

 今年は九州地区におきまして、2週連続でBOKUJOB広報&相談コーナーを開設いたします。

 日程および開催場所は下記のとおりとなっております。

 また当日はBOKUJOB相談員の方に牧場の仕事や研修制度について、直接説明をおこなっていただきます。

 この機会に是非お越しいただき、競走馬の牧場でのお仕事について、何でもご相談ください。

 ご疑問の点がございましたら、ご遠慮なくBOKUJOBホームページお問合せフォーム又はお電話にてお問い合わせください。

                                記

 ①JRA宮崎育成牧場・BOKUJOB広報&相談コーナー

   日時:8月28日(日) 10:00~15:00

   場所:「馬に親しむ日」イベント会場内 特設テント

 ②JRA小倉競馬場・BOKUJOB広報&相談コーナー

   日時:9月3日(土)・4日(日) 10:00~15:00

   場所:小倉競馬場スタンド2階コンコース特設会場

 なお、当日は競馬開催日につき、15歳以上の方は入場料100円が必要となります。

 【問い合わせ先】

  BOKUJOB事務局(競走馬育成協会内)℡03-6809-1821

Photo_2

 

2016-08-10

ビッグレッドファームの蛯名です。

最近は気温の高さのみならず局所的な豪雨や梅雨の様な天気が続くなど、気候の変化を年々認識させられます。特に8月は陽射しや気温、及びアブの発生などを考慮して放牧時間を変えるなど、一昔前ではそれほど意識することが無かった管理を行っています。

毎年毎年同じことの繰り返しよりも、変化を捉えて考え続けることが競合他牧場との勝負に優位に立てるはずですから、踏みとどまらずに考え続けなさいと言われているのでしょうか。苦労ではなく、チャンスと思って考え続けていきたいと思います。

Photo(陽射しを避けて厩舎で一休み中の1歳馬達。もうすぐ競走馬としての準備を始めます。)

この時期は調教が必要な馬の頭数が一段落する時期ですが、8月の下旬にもなれば来年のデビューに向けて1歳馬の鞍付けがスタートします。危険な作業ではありますが、日々学習して成長していく過程を見ることが出来るのは楽しみでもあります。

Photo_2(画に描いた様なコントラストですが、この放牧地で調教を行うこともございます。)

ビッグレッドファームは新たに土地を購入し現在拡張工事を進めております。拠点が増えることで従業員の増員も行うと思われますし、また色々と試行錯誤を繰り返して成長できるチャンスと思います。早く稼働できる日が来ることを願い、スタッフ一丸となって牧場の整備に精を出しているところです。何でもかんでも業者に丸投げすることなく、牧場づくりも自らの手で作り上げていくことがビッグレッドファームの良さでありますし、より馬への思いが深くなる機会とも言えるでしょう。

今年は6月の展示会に続いて、10月にも北海道の牧場でクラブ募集馬の展示会を予定しています。慌ただしい中ではございますが、沢山のお客さんに牧場に来ていただけるのは有り難く励みになりますので、気持ち良く過ごしていただける様に環境を整えて迎え入れたいと思っています。

Photo_3

(スタリオンエリアの一角ですが、木陰に入ると一気に涼しい風を感じることが出来るのは北海道の魅力ですね)

2016-08-09

札幌競馬場 BOKUJOB広報&相談コーナーの開設

 8月13日(土)・14日(日)の2日間、10:00~15:00の日程でJRA札幌競馬場において牧場就業促進ミニフェアを開催します。

 当日は(公社)日本軽種馬協会(JBBA)並びに(公財)軽種馬育成調教センター(BTC)の研修担当者の方が軽種馬の育成調教に関する研修制度について直接説明・ご案内する予定です。

 もちろんBOKUJOB相談員から牧場への就業に関することや牧場での仕事内容、生産地での生活についても、直接説明をおこないます。

 競走馬の牧場での仕事に興味をお持ちの方は、この機会に是非札幌競馬場にお越しいただき、いろいろお話してみませんか?

 なお、当日は競馬開催日につき、15歳以上の方は入場料100円が必要となります。

 詳細はホームページ内のご案内ページをご覧ください。

                                                BOKUJOB事務局                                              

Photo

2016-08-08

雨が多かった6,7月

 BOKUJOBをご覧の皆さんこんにちは。㈱白井牧場の白井直樹です。北海道は6月、7月と雨の日が多く天気が悪い日が続きました。ばっかん、牧草の生育が悪く仕入れ先の業者様も刈り取りの時期に頭を悩ませてるようです。ばっかん、牧草に湿気を含んでしまうと倉庫に保管している間にカビがはえてしまい、それを使うと馬の呼吸器に影響を与えたり、下痢、疝痛(腹痛のこと)の原因にもなってしまうので刈り取りのタイミングは非常に重要です。

 さて、先日6月4日5日に東京競馬場で行われたBOKUJOBメインフェアですが、大盛況となり、その後もお問い合わせやインターンシップの申し込みがありました。実際白井牧場まで足を運んでくれた方もおり、フェアとしても白井牧場としても一定の効果が出て良かったと思っております。写真はフェアでお話を伺い神奈川から実際に白井牧場にインターンに来たYさんです。

Photo_9インターンは随時ご相談に乗りますので、夏休みの都合がつかなかった方は冬休み、春休みの長期休暇を利用して1度日高に足を運んでもらえたらと思います。

2016-08-05

夏休み牧場で働こう体験会

体験会6日目。早いもので最終日です。

朝から昨夜懇親会を行ったJBBA静内種馬場へ。北海道の馬産地で、牧場で働くための職業訓練を行う研修所は2つあり、昨日のBTC研修に続き、本日はJBBA研修の見学です。

訓練を見学した後は、研修に使用している訓練用馬に体験で乗せていただきました。今回の乗馬は研修生による曳き馬でしたが、昨夜の続きのおしゃべりをしながらリラックスして乗れました。

JBBAを後にして、一行が次に向かったのは社台スタリオンステーション。最近活躍したスターホースの登場に感嘆の声が上がります。ちょうど同時刻に一緒に見学させてもらったのがBTC研修生たち。BTCの研修生には昨年の体験会参加者もおり、1年前を思い出します。

最終目的地は新千歳空港にほど近いノーザンホースパーク。昼食をとって、お土産購入、場内散策と最後の時間を惜しむように過ごしました。

あっという間の6日間。また再開できる日を楽しみにお別れです。

お疲れ様でした。

Photo

Photo_2

Photo_6

Photo_7

Photo_8

夏休み牧場で働こう体験会

体験会5日目。本日は主に見学中心のプログラムとなりました。

午前中はJRA日高育成牧場とBTC軽種馬育成調教センターへ全員そろっての見学です。

参加者の多くは進路選択を控えた高校生で、中にはBTCの育成調教技術者養成研修やJBBAの生産育成技術者研修に興味を持つ方がいます。

BTCでは研修風景と施設を、また、民間の育成牧場が利用している広大な調教場(BTC調教場)を見学しました。

1

2

3

4

午後からは浦河を離れて、新冠町にあるビッグレッドファームの見学。こちらは繁殖牝馬、子馬、育成馬、現役馬、種牡馬と全てのステージのサラブレッドが飼養されている大きな牧場です。施設見学の後は種牡馬の見学。最近まで競馬場のターフで活躍していたG1ホース、ゴールドシップ号には皆感激していました。

5

6

その後、JBBA日本軽種馬協会静内種馬場にて施設と種馬の見学。明日見学予定のJBBA研修生との懇談で、年の近い先輩たちと交流しました。

本日で仲良くなった参加者同士、最後の夜となります。

7

8

2016-08-04

夏休み牧場で働こう体験会

BOKUJOB事務局JBBA小林です。

体験会も4日目になり、牧場での2泊3日の職業体験があっという間に終了しました。

参加者は皆、競走馬の牧場での仕事は初めてで、各牧場にて様々な経験をさせてもらえたようです。

午後は、浦河優駿ビレッジ「アエル」にて乗馬の体験。夕方からは近隣の牧場の牧場で働く先輩たちとの交流で進路の参考となるような話を聞かせていただきました。

Photo

Photo_2

Photo_3

Photo_4

Photo_5

Photo_6

うらかわ馬フェスタ2016開催!!【日高育成牧場】

 「うらかわ馬フェスタ2016(第31回シンザンフェステイバル・第50回浦河競馬祭)」が、7月30、31日に、日高育成牧場の特設会場で開催されました。ご存知のように、わが浦河町は競馬史上初めての五冠馬“シンザン”を生んだまち。この馬のまち浦河のトコトン「馬」にこだわったイベントが「うらかわ馬フェスタ」なんです。催しものは、馬上結婚式や体験乗馬、草競馬から東京競馬場で行なわれる全国ポニー競馬選手権「第8回ジョッキーベイビーズ」地区予選まで、本当に盛りだくさん。馬好きにはたまらないお祭りです。

 毎年、われわれはこのお祭りを全面的にバックアップし牧場をあげて準備や出し物のリハーサルを手伝っていますが、今年は馬上結婚式に多数の応募のなかから当場の職員夫妻が当選!!そのため、自ずとその準備にも力が入ります。浦河は28日には避難勧告が出るほどの豪雨でその後も雨が続いていましたが、悪コンディションのなか総出で準備を終え、お祭り初日をむかえました。しかし、心配なのは雨。(新郎はさておき)ウエディングドレスを着た美しい新婦を雨で濡らし悲しませたくはありません。実はここ数年このお祭りは雨続きで、しかも前回お話したように今年の北海道は牧草刈りが出来ないほどの天候不順。加えて、場長が代わってからイベントの度に雨にたたられ、新場長は雨オトコ?との評価が固まりつつあります。案の定、天気予報もイベント開始時刻から傘マークが並び、開始時刻が近づくに連れ、雲もどんどん厚くなっていきます。あぁ、今年も雨の開催は避けられないのか_l ̄l○lll ガクッ。

 ところが奇跡か、神懸り(←このフレーズをご存知の方は相当のご年配ですな)。われわれの願いが通じたのか、今にも泣き出しそうな曇り空ではじまったものの、結局イベント中の降雨はゼロ。二日目の早朝にはかなりの雨が降りましたが、7時ごろにはあがりお祭りへの影響は全くありませんでした。まさに“神ってる”としか言いようがありません(場長はこのために運を貯めておられたのですね。雨オトコなんて陰でいってゴメンなさい・・・)。実行委員会の方のお話では、雨が降らなかったのは6年ぶりとのこと。来場者5千人は昨年の2倍の大盛況。家族ずれや競馬ファンが大勢訪れ、日高の短い夏を楽しんでいました。

 私にとっては初めての“うらかわ馬フェスタ”。「北の国の短い夏。短いからこそ、その夏は輝いてみえる」そんな風に感じた二日間でした。どうです皆さん、日高で束の間の夏を一緒に楽しみませんか?

えっ、遠いから無理!?では、写真でどうぞ(*´∀`)ノ

Photo 馬上結婚式のお二人。大勢の会場の皆さんから祝福され、幸せそうですね。

Photo_2ジョッキーベービーズ予選に臨む子供たち。身体や学年は小さくたって、優勝を目指す意気込みは誰にも負けないぞ!

Photo_3 こちらは浦河競馬のポニーレース。騎乗フォームも迫力も大人顔負け!この日一番の声援があがるなか疾走中です。

Photo_4浦河競馬メインレースの表彰式。一番右の燕尾服を着た方は、往年の名ジョッキー岡部幸雄さん。誘導馬の騎乗やプレゼンターをつとめ、大いに盛り上げてくださいました。優勝した牧場の皆さんもとても嬉しそうです。

Photo_5緑あふれる日高育成牧場を走る馬車は、とても人気です。気持ちよさそうですね~。

Photo_6 華麗な馬のダンスを披露するアンダルシアンホースショー。演技するのは、東京競馬場からはるばる来てくれたJRA職員の皆さんです。

Photo_7 短い北海道の夏の一日が暮れていきます・・・。来年は、あなたと楽しめるといいな。

2016-08-02

夏休み牧場で働こう体験会

7月31日から始まった体験会も今日で速くも3日目となりました。

今日も朝から子馬と親馬の収牧の手伝いをさせていただきました。

                                     BOKUJOB事務局

Dsc_0035

« 2016年7月 | メイン | 2016年9月 »