2016年7月

2016-07-17

BTC研修の1日

BTC軽種馬育成調教センター教育係の小守です。

軽種馬育成調教技術者養成の研修生も4月に入構してから3ヶ月が経過しました。

今回は、最近の研修1日の流れをご紹介します。

・朝5時半に集合

Photo_6
・朝5時半か7時まで、担当馬の馬房清掃と健康チェック(検温等)を行います。

Photo_4・7時から研修寮の食堂で朝食。

・8時から放牧、騎乗訓練。

Photo_7

Photo_8

Photo_9

Photo_10・12時から昼食と寮内清掃。

Photo_11

Photo_12 ・13時半から集牧、学科又は実習。

Photo_13

Photo_15・15時から馬体の手入れ。

Photo_16・17時から研修寮の食堂で夕食。

・19時から夜飼葉(乾草)付けと厩舎の見回り。【当番制で2日に1回実施】

※夜飼葉当番者以外は、夕食後から自由行動。

・22時、研修寮消灯。

これから、札幌競馬場開催見学、牧場見学、牧場実習と行事が盛り沢山となっております。体調を崩さず今後も研修に励んでもらおうと思います。見学や実習で研修生がお世話なる牧場関係者の皆様、どうぞご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。

2016-07-13

中京競馬場 BOKUJOB広報&相談コーナーの開設

 今週末は中京競馬場において7月16日(土)・17日(日)の10:00~15:00の日程で牧場就業促進ミニフェアを開催します。

 当日はBOKUJOBについての広報や相談員の方に牧場の仕事や研修制度について、直接説明をおこなっていただきます。

 この機会に是非お越しいただき、競走馬の牧場でのお仕事について、詳しくお話してみませんか?

 なお、当日は競馬開催日につき、15歳以上の方は入場料200円が必要となります。

                                                BOKUJOB事務局

2016

2016-07-11

セリシーズンの到来です。【セールスプレップサービス】

7月11日のセレクトセールを皮切りに北海道の1歳セリがスタートします。

セールスプレップサービスからもセレクトセール1頭、セレクションセール4頭上場します。

この記事が載る頃にはセレクトセールが始まっているかもしれませんが、

書いている段階では本番に向けて仕上げの最終段階に入っているところです。

最初はきちんと歩けなかった馬たちも、毎日の練習によって人と呼吸の合った歩きが出来るようになり

Dsc01040

Dsc01041
手入れもすっかりお手のもので、タオルで拭いてもらって気持ちよさそうにしています。

Dsc01077 
また蹄の保護を主な目的として、前肢には蹄鉄を履かせています。

ディープインパクトでおなじみになった接着剤を使って装蹄しています。(S装蹄師の自信作!)

Dsc01057_2 
この他にも、馬の歯医者さんに歯を診てもらったり耳毛を刈ったりなど、

セリで最高の結果を出すためにいろいろな準備を行っています。

グリーンチャンネルやインターネットでも観ることができるので、

ぜひセリの様子を1度ご覧になってみてください。

2016-07-07

見学ツアーと実践研修プログラム【日高育成牧場】

 梅雨のない北海道は爽やかな夏空、ここ浦河も気持ちのよい好天が続いています!本州の皆さん羨ましいでしょ。と言いたいところですが、今年の北海道は雨が多く、なかなかお日様が顔を出してくれません。例年なら、6月中ごろに行う一番牧草の収穫(乾牧草にして保存するため3~4日晴天が続くことが収穫の必須条件なんです)も、雨の合間を縫って先日やっと始めたところです。まぁ、蝦夷梅雨なんて言葉もありますからね、異常気象とまでは言えないのでしょうが…。ホント、天候不順には困ったものです。

 さて、愚痴はこれ位にして、今回は日高育成牧場の場内見学ツアーとJRA日高育成牧場実践研修プログラムの紹介をさせていただきます。まず、場内見学ツアーですが、東京ドーム319個分を上回る1500haの広大な敷地面積を誇る日高育成牧場をバスで案内するもので、基本的には7~9月の水・木曜日に開催しています。この見学ツアーでは、施設見学のほかに「体験乗馬」「フリーダムホースショー」「研究業務紹介」「造鉄装蹄鉄実演」「ブレーキング(人を乗せるための馬の教育)見学」などの特別イベントも用意されているのに、なんと参加費は無料。「牧場の仕事に少し興味はあるけど、牧場体験はハードルが高いゎ」と考えている内気な方にも、気軽に参加いただける内容になっています。ちなみに、私の一押しは、調教施設の中に位置するため通常は一般の方は立入りできない見晴らし台。ここは、日高育成牧場の施設から太平洋までを一望することができる秘密のビューポイントで、北海道の自然の雄大さを堪能できること請け合いです(もちろん、晴れればの話ですけど…)。もし、興味を持たれた方はこちらで、詳細をご確認下さい。http://www.jra.go.jp/news/201606/060102.html

 次は、JRA日高育成牧場実践研修プログラム。この研修プログラムは、公益法人日本軽種馬協会の研修事業の一環として、日高育成牧場の職員が講師となり実施している実践的な研修で、競走馬の生産・育成に従事している方であれば5 名程度の少人数グループでどなたでも申し込みいただけます(申込み方法等については、日本軽種馬協会のHPをご覧下さい)。研修は、講義・実技・ディスカッションで構成され、講義と実技の受講メニューは、用意された科目から受講者が自由に選択しカリキュラムを組むシステムになっています。つまり、子馬の飼養管理方法を学びたいから、講義は「馬栄養学の基礎」と「子馬の飼養管理」を受講し、実技は「子馬の引き馬」をとろう!!なんて事ができるのです。しかも、講義23科目、実技9科目から選べるという、もはや個別指導の○○塾も真っ青!?の充実ぶりです。このプログラムは夏季と秋季の2回に分けて実施されていますが、今は夏季プログラムの真っ最中で、今週も二組のグループが当育成牧場を訪れ、熱心に講義に耳を傾け、楽しそうに実技に取組んでいました。

 以前、JRA日高育成牧場では研究をしていることをこのブログに書きましたが、このように見学の受入れや研修にも私たちは熱心に取組んでいます。なぜって?それは日高育成牧場のスタッフ一同、本当に馬と人が好きで、少しでも愛する馬や馬に係わる皆さんのお役に立ちたいと心から考えているからなんです(´・ω・)キリッ

 ということで、皆さん!そんな私たちのために、ぜひ見学会や研修会にいらして下さいね。皆さんのお越しを心からお待ちしています。

Photo見学ツアーで立ち寄る「見晴らし台」。ここから広大な施設を一望のもと見渡すことができます。

Photo_2特別イベント「フリーダムホースショー」では、サラブレッドより遥かに小さいテリー君が演技調教師とともに楽しく息のあった演技を披露しています。

Photo_3見学ツアーでは、馬の親子とふれあうこともできますよ~。当場の馬たちはよく人に馴れており、とてもフレンドリーです。

Photo_4 こちらは実践研修プログラムの講義風景。とてもリラックスした雰囲気のなかで、興味のある分野の話を聞くことができます。

Photo_5 こちらは実技風景。このように、牧場で実際に役に立つ技術や知識をお伝えすることが、この実践研修プログラムの基本コンセプトになっています。

« 2016年6月 | メイン | 2016年8月 »