2016-01-23

皆様、こんにちは。コスモヴューファームの山口です。

先日、2日間続けて降雪があり、放牧地にも雪が積もり白くなりましたが、

日高では、例年より降雪は少な目で、除雪の作業に追われる事無く

昨年末から過ごしやすい日が続いております。

冬場は、低い気温や、降雪などで馬や働いている人にとっても厳しい季節ですが、

人間は防寒対策として、ジャンバーを重ねて来たり、防寒用の帽子やグローブ、ブーツなどを

着用して寒さをしのいでおります。

馬は元来、寒さに強い動物ですのでそれほど寒そうにはしていませんが、競馬を使った後に休養

のため本州のトレセンから北海道に戻ってきた馬には、気温差が激しく、寒さに震える馬もおりま

すので馬服を着せ少しずつ北海道の寒さに馴らしながら体調を崩さない様に管理していきます。

元々北海道にいる繁殖牝馬やデビュー前の育成馬は、寒くなるにつれて徐々に冬毛が伸び

寒さに耐えうる体になっていきますので当牧場では、夜間放牧を行いながらでも馬服を着用する事はありません。

とは言え、放牧地の草が雪に隠れてしまう頃には、夜間放牧していても食べるものが無く

ただ寒いだけになってしまいますので、食用の乾燥ロールを放牧地に設置しております。

Photo_2   ↑

 先日の降雪で放牧地に雪が積もりましたのでロールを設置しました。

 早速おいしそうに食べています。

Photo_3  ↑

1枚目の写真と同じ馬達のグループです。

日中は、ロールを食べていましたが、夜な夜な移動したようで早朝の集牧時には放牧地の一番奥にいました。

これから北海道はまだまだ寒い日が続きますが、厳しい冬場の夜間放牧を経験した馬達は

肉体的にも精神的にもタフになり春には1回りも2回りも成長していることを期待しています。

コメント

コメントを投稿

« 科学と経験【JRA日高育成牧場】 | メイン | はじめまして。セールスプレップサービスです。 »