2015年12月

2015-12-22

就職説明会【JBBA静内種馬場研修課】

今年は暖冬かなと思っていましたが、ここ数日は寒波の影響で厳しい冷え込みとなっています。

さて、JBBA研修生は12月に入ると本格的に就職活動を開始します。

JBBA研修生の場合はまずハローワークで求職登録をします。基本的にはハローワークからの求人情報をもとに就職を希望する牧場を自分で探して見学や面接をすることとなります。

お陰様で今年も十数件の牧場から牧場の紹介をしたいとのお声かけをいただき牧場説明会を実施しました。

牧場の概況や待遇面、生活面の話を直接聞くことができ、JBBA研修生もいよいよ研修修了とその先の就職が迫っていることを実感していることでしょう。

JBBA研修生にとって就職先を決めることは夢に向かって一歩を踏み出す大事な決断となります。

JBBA研修生と牧場が良い出会いとなり、現場で大いに力を発揮できればと願うばかりです。

Dscn7965

2015-12-17

BTC研修 OB.OG浦河会が開催されました。

BTCの小守です。

 先日、うらかわ優駿ビレッジAERUにて、OB.OG会が開催されました。現役研修生とBTC職員、そして浦河町の池田町長にもご臨席して頂き、総勢67名で盛大に実施されました。

 この会の趣旨は、牧場就労後に早期離職することを少しでも減らすため、BTC育成調教技術者養成研修修了生の縦の繋がりをしっかり築くことで、相談場所と情報交換をする良い機会にするために発足されました。また、BTC研修修了生で馬業界を盛り上げていこうという狙いもあります。

 現役研修生は現在、就職活動中という事もあり、実際牧場で働いている先輩から就職活動のアドバイスや現場の生の声が聞け、大変有意義な時間を過ごしていました。

 今後、浦河町以外でもこのような素晴らしい会が発足され、馬業界を更に盛り上げて欲しいと願います。

Photo

2015-12-14

こんにちは。ノーザンファームです。

競馬の開催も残りわずかとなり、1年の終わりを感じる時期となりました。

1年がたつのはほんとうにあっという間で、昨年のジェンティルドンナが勝った有馬記念がつい最近のように感じます。

今回はそのジェンティルドンナも利用していたノーザンファームの西の拠点、ノーザンファームしがらきについてご紹介したいと思います。

ノーザンファームしがらきは、前回紹介したノーザンファーム天栄と同じく競走馬の休養や育成施設となりますが、こちらは主に関西馬が利用しています。

滋賀県の信楽町という栗東トレセンから車に乗って40分ほどで行ける距離にあるにもかかわらず、近畿で1番気温が低く、『関西のチベット』といわれるほどです。

そのため、輸送や夏の暑さに弱い馬たちにとっては過ごしやすい環境にあり、夏休みを北海道ではなく、しがらきで過ごすG1馬もたくさんいます。

施設についても天栄と同じく充実しています。

調教はニューポリトラックの周回コースと坂路コースがあり、各馬に合わせたトレーニングを行っています。

Photo手前が直線800mの坂路コースで、奥に見えるのが1周900mの周回コースです。

Photo_2陶器の街らしく、坂路のスタート地点には信楽焼きのタヌキ(他抜き)がいます。

角馬場は2箇所あり、調教前の準備運動を行ったり、馬のストレッチ運動を行ったりしています。

Photo_3ナイター設備もあり、仕事の後には若手のスタッフが乗馬練習に励んでいます。

正しい騎乗姿勢の練習や、バランスを鍛えるために障害飛越といった乗馬のトレーニングをしています。ここで練習を重ねたスタッフは近隣の馬術大会にも挑戦しています。

ノーザンファームの中でも育成部門は、より競馬に近い環境ですが、乗馬の経験が無かった人でも日々の練習で有力馬に携わるチャンスはいくらでもあります。

実際に、今のスタッフの中にも入社がきっかけで馬に乗り出したスタッフは何人もいます。

技術は後からでもついてくるものですので、乗馬の経験の有無は心配なさらず、ぜひ一緒にノーザンファームを盛り上げていきましょう。

2015-12-07

ビッグレッドファーム明和の浅子です。

みなさん、こんにちは。

前回のブログでは秋の風景が広がる場内をご紹介しましたが、現在のビッグレッドファーム明和は雪が降り積もる日も出てきております。日中は気温があがり雪は溶けてしまいますが、朝は氷が張っているという光景もよく目にするようになり、いよいよ本格的な冬の到来を感じています。

Photo

冬の仕事は寒さとの戦いでもあり、馬に乗っているときは特に風を切って走っていくわけですからいつも以上に寒さを感じるのです。

真冬になりますと、調教を終えて帰ってくると手足は寒さで悴み、時には自分のまつ毛の上に氷の塊が出来ていたりする事さえあります。

来年デビューを迎える馬達にとって、個体の違いはあっても春を迎える辺りまでが心身共に急激に成長する時期であり、この時期にどれだけ鍛えられるかで今後の競走生活が左右されると言っても過言ではありません。馬も人間も耐えるという言葉がぴったり当てはまるのが冬の牧場ではないでしょうか。

Photo_2

さて、冬の寒い話ばかりをしてきましたが、ここからはほっこりと温かい話題を。

ビッグレッドファーム内では今年社内結婚をしたスタッフがおり、先日社長の厚意でお祝いの会が開催されました。

Photo_3

Photo_4
当日はホテルの会場にてスタッフ50名以上が集まり、余興をはじめサプライズでのケーキカット、お祝いコメントの上映などで大いに盛り上がり、さながら披露宴のような盛大なものとなりました。

Photo_5 
社長の従業員を大切にするという気持ちをはじめ、同じスタッフの幸せをみんなで盛り上げて祝福するというビッグレッドファームの良さが表れた温かい会となり、当人達も大変喜んでいたのが印象的でした。

12月に入りますとたくさんの食事が振る舞われ、豪華景品を賭けてチーム対抗で盛り上がる忘年会があります。また、新年を迎え金杯の日には、毎年恒例となりつつある繁幸社長主催の馬券予想会があります。

従業員といえども日頃は繁幸社長の競馬予想を聞く機会も多くない、スタッフ同士ゆっくり競馬観戦することもあまりないので、当日は関係馬をみんなで応援したり、社長の予想を参考に馬券話に華を咲かせたりとスタッフの新年の楽しみとなっています。

このようなイベントを社長筆頭にスタッフ全体で盛り上げ、楽しむことができる環境がビッグレッドファームの良いところです!

« 2015年11月 | メイン | 2016年1月 »