2014年10月

2014-10-31

今年のセールも全日程が終了しました【日高軽種馬農協】

みなさんこんにちは。

10月6~8日に開催したオータムセールで私どもの今年のセールは全日程を終了しました。

思えば初開催だった函館競馬場でのトレーニングセールに始まり、セレクション、サマー、オータムと思えばあっという間のシーズンでした。

(と言いながらも正直自分的には長いシーズンです・・)

すでに各種メディアで報じられている通り、どのセールも活発な取引が行われ、高成績を収めることができました。

この結果に満足すること無く、来年に向かって準備して行きたいと思います。

Img_3664

2014-10-27

ドライビングと騎乗【JRA日高育成牧場】

 JRAでは、英国をはじめとした欧州で行われているトラディショナルな方法でブレーキング(騎乗馴致)を行っています。その中でも、重点をおいているのが2本のロングレーン(調馬索)を用いたドライビングです。

 ドライビングの利点は、『後方から馬に対して前進する指示を与えること』や『ダブルレーン操作による重心移動』を騎乗せずに馬に対して教えることができる点です。

 これらの操作を事前に教えることが、騎乗した際に『脚による前進扶助』や『手綱操作』を馬に理解させることを容易にします。ドライビングを十分に行うことによって、走路等、今後騎乗する場所に慣らすとともに、初めての場所でも人を信頼して自ら前に進んでいくことを馬が覚えてくれます。

 このステップをクリアできたら次に騎乗を教えます。最初は、馬房の中で補助者がついて徐々に教えます。馬房内で、自由に常歩で動かすことができた後、ラウンドペンでの騎乗に移行します。ラウンドペンでの騎乗後に走路での騎乗を開始します。

Photo林の中をドライビングしながら、立ち木を利用してスララーム運動を行い左右の筋肉のバランス改善を図ります。

Photo_2今後騎乗する屋内走路でのドライビングです。この馬は、まだ、はじめての環境に慣れていない様子です。

Photo_3馬房内で騎乗に慣らしています。最初はこのように「横のり」という体勢で回転しながら、体重負荷等に慣らします。

Photo_49月中旬に騎乗馴致を開始した(約一ヶ月)の1歳馬たちです。現在では一列による隊列を整えて駈歩運動を行っています。

2014-10-20

BTC第32期生の定野です!

 

 10月8日にJBBAの研修生の方々との交流会を行いました。

 JBBAとの交流会は今年が始めてだったので、どんな交流会になるか楽しみでした。JBBAの皆さんが来てから開会式を行い、角馬場に移動して混合4チームに分かれてのジムカーナ・クロス競技を行いました。僕はAチームで惜しくも3位でしたが、どの対決も接戦でとても楽しかったです。その後、グラス坂路馬場に移動してJBBAの皆さんに楽しんでもらいました。後から感想を聞くと、めっちゃ楽しかったと言ってもらえたので僕自身うれしかったです(笑)。その後、皆でバーベキューをワイワイしながら食べました。同じ志を持っている仲間が30人以上集まることなんてそうそうないことなので、この交流会はほんと貴重な一日になったなと感じます。お互い切磋琢磨して日本の競馬の中核となれるように頑張っていきましょう!!

 JBBAとの交流会の次の日は、オータムセールを見学しました。福岡県出身の僕からしたら、セリなんてものを見たことはもちろんなかったので、この日をとても楽しみにしていました。セリ会場に着くとなんともいえないピリピリした雰囲気が漂っていて、やっぱセリってすごい雰囲気だなと思うとともに、いつかはこの中で自分が管理した馬も馬主さんに買ってもらうだと思うと、とてもゾクゾクしました。セリが始まると、いっそうピリピリ感が増し、100万とか200万という声がばんばん飛び交うのを目の当たりにして圧倒されました。少ししてセリ会場を後にして、自分の番を待ちながらお客さんに馬体を披露している場所に行きました。馬体はピカピカにされており、髪も綺麗に整えられていてとても美しかったです。

 今回見学させて頂いたこのセリから、未来のスーパーホースが出てくれればうれしいなと思います。

 研修所に入所して約半分が過ぎ、残り半分となってしまいました。少しでも多くのことを学び、目標である誰もが愛してくれるような馬を育成できる芯の強いホースマンになれるように頑張っていきたいと思います!!!

Photo  開会式

Photo_2  観覧席Photo_3  競技風景①

Photo_4  競技風景②

Photo_5  グラス坂路

Photo_6  交流会集合写真

Photo_7  懇親会

Photo_8  オータムセール見学

2014-10-13

皆様こんにちは。ビッグレッドファームの蛯名です。

北海道も秋の色が濃くなってまいりました。周辺の山々も少しずつ色づき、合せるように牧場内の木々も色づき始めております。草花の成長も少なくなり、夏場は日々草刈り、芝刈りに励んでいた作業も様変わりする時期でもあります。落ち葉が多くなり、気温の低下とともに風景も寂しさが伴い、冬へ向けての準備が進んでいることを感じる季節です。

Photo

Photo_2

Photo_3それでも日中は陽射しが照ると暖かく、これから鞍付けが始まる1歳馬達も放牧地で気持ちよさそうに過ごしております。競走馬としてのトレーニングが始まることになりますが、馬にとって初めての経験ばかりですし、人馬共に危険のリスクが高まる作業でもあり、これから雪が降り路面凍結が進むまでに全馬コースへと導ける様に、慎重かつスピーディーに効率よく現場スタッフは段取りを組んで進めているところです。

危険リスクは高い反面、現役馬よりも日々の変化を感じ取り易いこともあり、まだ機会は訪れておりませんが、私も早く1歳馬に騎乗したいと思っております。

Photo_4

Photo_5 幾つかあるこの時季の楽しみの一つが、下記の写真の通り場内に幾つも有る栗の木から弾け落ちる栗です。木によって栗の大きさも、味も異なります。寒い時期は個人的には好みませんが、この栗を食べるのは毎年の楽しみでもあり、季節を感じます。

Photo_6秋の楽しみも色々ですが、ビッグレッドファーム明和の秋のハイライトは事務所前の銀杏の木でしょう。

Photo_7この銀杏の木が真っ黄色に色づく頃には気温もかなり下がり、冬の入り口まで差し掛かっていると思いますが、色づいた葉が一面に落ちた様は、まさに黄色の絨毯と表現するに相応しい景観となります。

昨年の様子は

Photo_81年で牧場の景観も様々に変化しますし、馬の成長もまた楽しみの一つです。

変化していく事は飽きずに過ごせる要因でもありますので、楽しく仕事をするには大切な事と思います。

牧場へご見学にいらっしゃる方も沢山いらっしゃいますが、是非、秋のビッグレッドファームを感じにいらしてください。

 

2014-10-09

育成技術講習会(青森)開催されました

BOKUJOB事務局の藤田です。

9月17日(水)、鹿児島に引き続き、講師にJRA宮崎育成牧場の頃末さんを招き、青森(八戸)において育成技術講習会が開催されました。

鹿児島と同様に「草食動物である馬を考える」のタイトルで、生産に関することを主体に最新知見を交えた内容でした。聴講者は33名で、動画を豊富に活用した講演に真剣に聞き入っていました。

今後の講演会は、新ひだか町、栗東、美浦で予定されています。どなたでも無料で参加いただけますので、ご興味のある方はぜひお越し下さい。

(今後の育成技術講習会の予定:決まり次第逐次UPします)

競走馬育成協会 ホームページ http://www.ttda.or.jp/

軽種馬育成調教センター ホームページ http://www.b-t-c.or.jp/main.html

Photo_9

2014-10-06

静内農業高校です。

朝晩はめっきりと寒くなってきました。生徒も馬も体調管理をしなければと考えています。

<国体出場決定!>

 10月17日から長崎県で行われる国民体育大会に本校生産科学科3年生と本校生産馬が出場します。生徒の出場は過去にもありましたが、本校生産馬の国体出場は初めてで、人馬一緒に北海道代表となれたことは、非常に名誉なことと関係者一同感激しております。現在、人馬ともに国体に向けて順調な仕上がりを見せています。

Tappeikoyama

<校内マラソン大会>

 本校恒例のマラソン大会が行われました。男子10km、女子6kmで争われました。当日は保護者の方々にもお手伝いをいただき更に天候も良く、全員無事に完走することができました。走るのが苦手な生徒も、最後まであきらめることなく、頑張って走り切りました。日頃から走り今年も男女とも馬術部が優勝しました。日頃の訓練のたまものかもしれません。

Photo_2

<1日体験入学>

 10月2日に本校の1日体験入学が行われまました。未来の静農生を志す101名の中学生が本校を訪れました。全体で学校についての説明の後に、生産科学科では、WELCOMボードの作成や乗馬体験をし、本校での学習の一端を経験することが出来ました。その他、食品科学科ではパンの製造やアイスクリームの製造実習を体験しました。

1

2014-10-03

気分も爽快!緑のじゅうたん【ビクトリーホースランチ】

初夏の訪れとともに場内の芝生も元気よく伸び始め、紅葉の季節が来るまで、

青々とした芝生が愛馬達や私たちを和ませてくれますが、その裏側でスタッフが

芝刈り専用のカートで綺麗に刈り込みを続けています。

特に今年の気候は暑さと雨の日が多く、芝生が伸びるのも例年よりも早く、

スタッフも大忙し。場内を一通り刈り終えるには3日ほどかかります。

芝生の手入れは大変ですが、刈り終えた後の爽やかな青空と真っ白な雲との

シチュエーションは最高です。

1

2

« 2014年9月 | メイン | 2014年11月 »