2013年12月

2013-12-30

こんにちは、社台ファームです。

皆さまこんにちは、社台ファームです。

冬になると北海道はすっかり日の出が遅く、日没が早い一日になってしまいます。
これは朝7時の写真。空は明るくなりつつありますが、まだ月がはっきりと残っています。
それでも馬たちはすでに放牧に出され、仕事も始まっています。
牧場の仕事は朝が早い、と言われるのはこういう部分もあるのかもしれませんね。
夕方は16時半にはもう真っ暗です。
この時間帯だと馬は見えませんが、1歳馬たちは夜間放牧で外にいます。
私たちは明かりもない放牧地ではなにも見えませんが、馬たちは私たちよりも夜目が利くので、夜間放牧中でも走り回ったりしていますよね。
それでも無事故というわけにもいかないのが、難しいところではありますが……。

Bokujob12_2

2013-12-28

BTC第31期生は、元気に研修に励んでいます。

 

BTC教育係の小守です。

最近、私ども養成担当者の指導方法も研修後半に入り変化しつつあります。それは「自身で考えて行動する力」を身に付けさせる指導です。研修初期は集団で騎乗訓練を実施し、教官も研修生の横で併走しながら逐一指導しておりました。また、厩舎作業においても、見本を示した後に事細かく指導をしておりました。しかし、その指導方法だけを実施していると、研修生は「教官の指示待ち」に慣れてしまい、アクシデントが起きた際など、自身の判断で咄嗟に危険回避が出来なくなり、そして自身から学ぼうという姿勢までも薄れていきます。

残り4か月程で旅立つ研修生には、今後も騎乗や厩舎作業の事はもちろんですが、「挨拶・返事・報告・連絡・相談・時間厳守・協調性」など、まだまだ就労前に習得して貰いたいことが沢山残っています。「今、何をしなければいけないのか?」「これから何が必要なのか?」を、私どもは研修生に直ぐ答えを出さずに、自身で考えて行動するスキルの向上を目指して、今後も指導していきます。

 これからも関係者の皆様には、ご迷惑をお掛けするばかりか、ご協力をお願いすることもあると思いますが、研修生へは、学ぶなら研修時代の「今でしょ!」と言い聞かせ、研修時代にお世話になった方へは「倍返しで」この業界に貢献するよう肝に銘じさせたいと思います。更には日本人として「お・も・て・な・し」の心も兼ね備えた「フレッシュ・ホースマン」を送り出したいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

31_6

クリスマスイブの日に全員で集合写真!

 

 

31_5

半数以上の研修生が初体験だった、年末恒例の餅つきの様子です。

 

2013-12-27

こんにちは。ノーザンファームです。

こんにちは。ノーザンファームです。

厳しい寒さが続く今日この頃、みなさま如何お過ごしでしょうか。

このブログを書いてる本日24日はクリスマスイブということで、
普段とは少し異なる牧場の風景をご紹介したいと思います。

“友人や家族のもとを離れ寮で生活している従業員たちに細やかながら
クリスマスを楽しんでもらいたい”と食事を切り盛りするスタッフの粋な
計らいで、年に一度のクリスマスイブは食事や装いも普段と異なります。

本日のディナー「X’masプレート」と「デザートバイキング」

Pic1_2

Pic2

そして・・・プレゼント抽選もあります!

Pic3

Pic4


寒い夜でもハートウォーミングな食堂スタッフが、みなさまの
ご来場をお待ちしております\(^o^)/

2013-12-26

コスモヴューファームから今年最後の投稿

 皆様、こんにちは。コスモヴューファームの山口です。

 有馬記念が終わり、2013年も残すところ残りわずかとなりました。皆様の一年間はいかがでしたか?

 さて、北海道の玄関口、新千歳空港付近は、最近降雪が多いようですが、今年の日高地方は、例年より雪が少なくまだ放牧地にも積雪はありません。それでも北海道ならではの凍てつく寒さは体の芯まで冷えて来ます。

Untitled

 ↑
何週間か前に一度雪が積もりましたが、あっという間にとけて現在は、アスファルトも緑地帯もしっかりと出ています。

Untitled2
  ↑
この日の気温は氷点下。俗にいう真冬日です。調教が終わった馬達は、うっすらと汗をかいて体が温まった様です。乗っている人間は、厚着をしていますが、とても寒そうです。

Untitled3
 ↑
雪が無いので、ゲート練習も進められます。

 コスモヴューファームは、海沿いの高台にありますので、風が強い日に、ゲートで駐立しているととても寒いです。

 これからが本格的な冬で、まだまだ寒い日は続きますが、馬達も夏から始まるデビュー戦に向けて頑張っています。

 コスモヴューファームからは、今年最後の投稿となります。

 皆様、年末に向けご多忙のことと存じますが健康にお気を付けてお過ごしください。来年も、どうぞよろしくお願いたします。

 

2013-12-24

Year End Party ダーレー・ジャパン・ファーム

 今年も、あっという間に年の瀬ですね。お産シーズンも近づいてきました。

 ダーレーでは、栄養コンサルタントによる定期的な馬のコンディションチェックを行っております。今回は、お産シーズンに向けての大事な検査です。

Dsc_01404 Dsc_01353 
 1頭1頭、横から、さらに前からと入念に馬体検査を行います。今回の結果を元に、今後の飼養管理メニューが細かく決められていきます。


 また年末といえば、忘年会シーズン!ダーレーでは、毎年、年度末にイヤーエンドパーティーを開催しています。

 ビデオで1年のレース&出来事を振り返り、なかなか感慨深いものがあります。

2013_081

 毎年一番盛り上がるのがビンゴゲーム!一等商品目指して、気合いが入ります!

2013_100 2013_098 
 スタッフ全員が、栄光に向かい同じ方向を見つめて・・・来年も頑張っていきたいです!

 皆様、本年は大変お世話になりました。来年も何卒よろしくお願いします。

2013-12-21

JRAホームブレッド(日高育成牧場 生産馬)

 12月8日に行われた第65回ジュベナイルフィリーズ(G1)には、今年の春まで日高育成牧場において調教されていたJRA育成馬が2頭出走しました。日高育成牧場職員一同応援しておりましたが、結果はクリスマス号(美浦・斎藤厩舎)が追い込み届かず4着、そしてグランシェリー号(栗東・庄野厩舎)が10着という結果でした。

 グランシェリー号はJRAホームブレッドと呼ばれる日高育成牧場の生産馬です。 お母さんの名前はエポックサクラ号。日高育成牧場で生産されるJRAホームブレッドと呼ばれるサラブレッドは、生まれる前からブリーズアップセールに上場されるまでの約2年間にわたり、生産から後期育成にわたる調査・研究に貢献しています。

 生まれてくる前には、不受胎など交配に関する諸問題についての調査研究のために、母馬のお腹にいるときからヒトの産婦人科で見られるような3次元のエコー検査なども受けており、母馬もまた、定期的に血液中のホルモン値の検査などが行われています。

 生まれてくるときには、母馬の乳汁のpH値を測定して、お産の日が予測できないかを研究してきました。この研究の成果により、出産予定日の前後10日間近く寝ずの番をしていたものが、今では出産の前日くらいには生まれることが分かるようになりました。サラブレッド生産農家の負担はかなり楽になったと聞いています。

1
 ヒトのエコー検査ではお腹に検査機器を当てて検査しますが、サラブレッドのエコー検査は写真のように直腸壁を介して行われます。

2
 エポックサクラ号が妊娠中の胎児(グランシェリー号)の3Dエコー写真です。妊娠第150日目となりますが、かわいらしい尻尾を確認することができます。また、この時点で牝であることが確認できます。

3
 グランシェリー号誕生の瞬間です。お産の時に母馬のエポックサクラ号の着けているのは心電計です。心電図をモニターすることで、お産の時期が判定できないかと研究しているところです。このように、いろいろなステージで調査研究を行っています。

 以上紹介したのは研究のほんのごく一部ですが、日高育成牧場では民間の生産牧場ではなかなか出来ないような調査研究を各ステージで行っています。JRAホームブレッドは、生産から後期育成に関わる様々な問題が解決できるように、いろいろな調査研究の対象として活用され、その研究成果については講演会や、いろいろな刊行物に掲載することによって広く生産や育成に関わっている牧場の皆さんにお知らせしています。

 JRAホームブレッドが活躍することは、日高育成牧場のいろいろな取り組みが功を奏したともいえることで、日高育成牧場の日頃の業務の励みになっています。昨年生まれた8頭のJRAホームブレッドたちは、セールで購買された他の育成馬たちとともに、現在順調に調教をこなしています。本年も7頭の子馬が誕生ました。来年あるいは再来年にデビューすることになるJRAホームブレッドの活躍を見守りたいと、生産から育成まで担当している職員一同願っています。

 JRAのホームブレッドに関する話題や、育成馬の活躍情報などはこちらで紹介しています。是非一度訪問してみてください。⇒http://blog.jra.jp/ikusei/

日高育成牧場 副場長 横田貞夫

 

2013-12-19

土壌分析【JBBA静内種馬場研修課】

 はじめまして。JBBA35期生の湯口です。

 あと三週間ちょっとで今年も終わりです。そういえば来年は午年ですね。午年ということで競馬界に大物が出ることを期待したいですね。

 さて先日、私たちはここ種馬場内のパドックや採草地の土壌採取を行いました。

 なぜ土壌採取を行うかと言うと、普段馬が放されているパドックや乾草を収穫する採草地の草が適正な土壌で育っているかを調べるためです。

 採取方法は放牧地内の5ヶ所(1ヶ所100g程度)から約500gの土を1つのサンプルとします。

Photo

 また、牧草のサンプルは今年採草地で取れた一番牧草、二番牧草を各250gずつそれぞれ袋に入れます。

Photo_2

次の作業として採材したt土、牧草のデータを検査申込書に記入し、袋に貼ります。

Photo_3 
Photo_4

これらすべてをまとめて十勝の検査センター(?)に送るそうです。

Photo_5 
 分析の結果はおそらく年明けになると思いますが、自分たちで管理している放牧地や採草地の土や牧草が馬にとって良いのか悪いのか、本当に興味あるところです。

 一流のホースマンを目指すためには様々なことを学ばなくてはいけません。これからも気合を入れてがんばりま~す!!

2013-12-18

BOKUJOB事務局の臼山です。

 私はBOKUJOBの事務局員ですが、通常はセレクトセールの事務局に勤務しております。

 このたび、11/29~12/5の日程で英国・ニューマーケットで開催されたタタソールズ社主催の当歳馬及び繁殖牝馬セールの視察研修に行ってきました。この繁殖牝馬セールは、日本でも馴染みが深いせりです。

 このセールで取引され、輸入された繁殖牝馬から多数のG1馬が誕生していることをご存知でしょうか??

 古くは、ダービー馬フサイチコンコルドの母バレークイーンや、薔薇一族と呼ばれ日本を代表する牝系にまで成長したローザネイ、最近ではジェンティルドンナ(母ドナブリーニ)やエイシンフラッシュ(母ムーンレディ)のお母さんもこの市場で発掘されました。

 今年も負けず劣らずの繁殖牝馬がラインナップ!

 既に知っている方も多いかもしれませんが、英国G1・コロネーションCに優勝し、日本でもマイルCSに出走したイモータルヴァース(ダンシリの仔を受胎)が過去最高額となる470万ギニー(約8億4000万円)で取引されたのをはじめ、落札総額、平均価格、中間価格ともに対前年比約50%アップという好結果となりました。

 興味がある方は、下記のURLにアクセスしてみてください。
 タタソールズ社ホームページ:http://www.tattersalls.com/

 ここでの見聞をセレクトセールに生かして、「世界が認めるサラブレッド市場」に近づけるよう頑張りたいと思います。

Img_0407 

Img_0413

2013-12-17

こんにちは!日本軽種馬青年部連絡協議会の三好です。

 私事ですが先月開かれました日本軽種馬青年部連絡協議会の定期総会に於きまして役員改選がありまして3期6年間に渡り務めさせていただきました当会会長職を離れることとなりました。

 これまでなんとか無事に会長職をやってこれましたのも副会長をはじめとする役員の皆様と事務局の方々のお陰でございます。長い間本当にありがとうございました。

 これまで当会の監事職、副会長職を経て会長になったわけですがその間いろんなことがありました。

 かつては日本軽種馬青年部の支部は北から順に十勝、日高、胆振、青森、福島、千葉、九州の支部から成り立っておりまさに全国各地に幅広く分布しておりました。その間、毎年開催されます定期総会は各支部のお膝元を毎年順番に巡り私も全ての場所を訪れ全国各地に盟友を作りました。

 しかし、その後、青年部員不足などが原因で十勝支部、福島支部、九州支部が解散となり 今日に至っております。

 いったん広がったネットワークが縮小する事がとても悲しかった思い出がありますがたくさんの素晴らしい思い出の方が多かったことは言うまでもありません。

 特に海外研修旅行で訪れた北米、香港、ヨーロッパは私のホースマンとしての人生に大きな影響を与えてくれました。また、一緒に同行した仲間達は今でも固い友情で結ばれ大きな財産となっています。

 また日本軽種馬青年部連絡協議会の会長をやっていたことがきっかけでBOKUJOBの活動に参加することができました。牧場の仕事や馬産地についての相談員として活動させてもらうようになり自分の仕事や環境を客観的に見ることができるようになりました。そしてなによりフェアでお会いしてきた牧場で働きたい方々との様々な出会いも私の財産です。

 今後もBOKUJOB北海道事務局長として牧場で就職を希望されている方々と牧場さんのパイプ役となれますよう頑張りますので宜しくお願い致します。

 最後に日本軽種馬青年部連絡協議会会長時代を含むこれまで長年に渡り支えていただきました関係諸団体様に心より御礼を申し上げまして簡単ですがご挨拶とさせていただきます。

 本当にありがとうございました。そしてまた今後とも宜しくお願い致します。  

 ちなみに添付した画像はBOKUJOBフェアで知り合ったイラストレーターさんからいただいた素敵なイラストです。こんな出会いがあるのもBOKUJOBの魅力ですね。ありがとうございます!

Dsc_0019

2013-12-08

静内農業高校です。

 北海道新ひだか町では雪が降りはじめ、一面雪化粧となりつつあります。馬達も放牧地に行くと元気に走り回る姿がよく見受けられます。

<見学旅行>

 11月7日~10日にわたって、2年生が見学旅行に行ってきました。今回のコースは宮城県→鎌倉→ディズニーランド→東京でした。宮城県では震災の復興支援活動を行ってきました。そこで、本校の馬が使用していた蹄鉄を加工し、魔除けとして、1人1人心を込めて書いたメッセージカードを添えてプレゼントしました。これを機に少しでも被災地の方々が元気になってくれればと思います。

Photo

<新人戦>

 11月17日、今年度最後の試合となる新人戦が浦河のJRA日高育成牧場にて行われました。3年生が部活動を引退してから、初めての団体戦でしたが、初戦で接戦を繰り広げた結果、敗退してしまいました。これから天候の関係で思うような練習はできなくなりそうですが、この期間に人馬共に基礎練習をしっかりと行い、来年につなげていきたいです。

Photo_2

« 2013年11月 | メイン | 2014年1月 »



本ブログにご参加いただける牧場を募集しています。
現時点での求人の有無は問いません。ご興味をお持ちの方はこちらからお気軽にご連絡ください。