2013年1月

2013-01-30

こんにちは!日本軽種馬青年部の三好です。

 年も明け春間近という地方の方もいらっしゃるかと思いますが北海道はまだまだ真冬の真っ只中です。

 真冬の雪が積もっている北海道の牧場の馬達は夏場のように青草を自由に十分な量を食べることができなくなります。これは自然の力の前ではどうすることもできません。そのため冬場の馬達のために夏場に収穫しておいた牧草を放牧地に撒いてあげます。

 冬場は寒さに耐えうるためと青草を自由摂取できないためエネルギー供給量を高くしてあげなくてはならないので与える牧草の質と量には非常に気を使います。我が家ではサイレージという発酵させて栄養価を高めた牧草を与えています。

 ところが最近、ビニールのラップで幾重にも巻かれて屋外に保管してあるサイレージを食い荒らされる被害に遭っています。

 犯人は馬ではなく野生のエゾシカ達です。

 放牧地に撒いて馬が食べ残した草を真夜中に来て綺麗に食べているのは以前からよくありましたがまさか人家の目の前に保管してあるサイレージのビニールを破って中の草を食べ荒らすとは思いもしませんでした。

 一度味を覚えたエゾシカはまた食べに来ると思われ頭を痛めています。

野生動物のエゾシカと共存して行ければよいのでしょうがエゾシカによる農産物の食害や自動車や鉄道との衝突事故による経済的な損失ははかりしれません。

 馬を育てるための貴重な牧草でエゾシカを育ててしまっている悲しい現状を今回は聞いていただきました。

 馬と鹿ですから文字通り馬鹿馬鹿しい話では済まされないほど問題は深刻だということを申し上げて今回のブログとさせていただきます。

Dsc_0662

Dsc_0663

2013-01-28

こんにちは、社台ファームです。

 ここ数日は日中の温度も上がって仕事もしやすい日が続いています。1月になってから吹雪く日もなく仕事をするにはすこぶるいいのですが、いつかドカッと降るのではないかと天気予報を見てはドキドキする毎日です。

 23日に行われた繁殖セールでは社台ファームから上場した馬たちも、無事に売却され、新たな場所へと旅立ちました。この冬期セールの面白いところは、繁殖馬として登録されていない引退したばかりの牝馬が販売されるので、現役として復帰する可能性があるところですね。もしかしたらこの中の何頭かは、現役馬として近いうちに走っているかもしれませんよ。

1

2

 当日はお天気にも恵まれ、お客様もたくさんいらっしゃいました。馬たちもぽかぽか陽気でリラックスムード。セリも序盤に盛り上がりがあり、なかなか活気のあるセリだったのではないかと思います。

 さて、今年になって社台ファームは少し情報発信の場を設け始めました。先日このブログで紹介していただきましたウェブページのほかに、フェイスブックでも牧場のことを公開しています。少しでも牧場の仕事のことや、馬について知ってもらえたらいいと思っていろんなことを書きたいと思っています。興味を持っていただけたら幸いです。

Photo_5

アドレスはhttp://www.facebook.com/ShadaiFarm です。

2013-01-25

これからがシーズン本番!

 こんにちは。下河辺牧場です。今年もよろしくお願いします。

 新年早々、生産馬ダノンシャークが京都金杯を快勝し、牧場新年会も大盛り上がり!スタッフみんなHappy New Yearを迎えることが出来ました。

 そんなお祝い気分も覚めやらぬ1月10日、牧場では今年のお産シーズンがスタートしました。今年最初の産駒は、父キングカメハメハ、母サンクスノートの牡馬です。母サンクスノートは京王杯スプリングC(G2)をレコードタイで優勝するなど、現役時6勝を挙げた牧場期待の繁殖牝馬で、この子が初仔。お産も順調で、子供をとても可愛がる良いお母さんです。

2013

2013_

 下河辺牧場では、お産を控えた母馬の運動不足解消のため、予定日40日前より母馬を連れて専用の周回コースを散歩する「お産前運動」をスタッフ総出で行っています。坂道のある周回コースを馬の歩様に合わせて散歩するのは、我々人間にとっては相当な運動量となり、氷点下の気温にもかかわらず汗をかいてます。1月に入り、お産前運動の頭数も増えてきました。これからがシーズン本番!気合い入れてがんばります。

_

__2

2013-01-23

おかえり

 1月10日にトランセンド号とアーネストリー号が北海道に帰ってきました。

 これまでの活躍をねぎらい、種牡馬としての門出を祝おうと、ノースヒルズのスタッフ全員で彼らの到着を出迎えました。

 アーネストリー号がブリーダーズ・スタリオン・ステーションに到着。

Photo

 宝塚記念(G1)では素晴らしい走りをみせ、見事勝利を得ました。

Photo_2

 アーネストリーがまだ小さかった頃のこと、競馬場に応援に行った時のこと、いろいろなことが思い出されます。

 つづいて、トランセンド号がアロースタッドに到着

Photo_3

 ドバイでの雄姿、忘れられません。

Photo_4

 まだ、お母さんといっしょだったころのトランセンド君。とってもおちゃめでした。

 みなさん、種牡馬となった彼らをこれからも応援して下さいね。

2013-01-21

個人が担う役割

 自分は中卒で東京から北海道の牧場へと働きに来ました。その頃は何も考えずに過ごしていたと思います。

 その時の雇用主であった社長さんの一言が、その後の自分の人生観に多大な影響を及ぼしたと今では感じています。

 「プロになるな、プロをアゴで使う人間になれ!」

 人を使ったり、売買などの交渉をする場合。命じた仕事の内容や売買の対象物に対する知識が多少なりとも無いと交渉にもならず、仕事に対する評価も出来ません。

 プロに依頼したりお願いすることは誰でも出来ますが、使役するということは大変なことです。まず、自分が探究心を持って、知らないことを知ることがその後の人生の役に立つと考えて、今でも知りたがりの精神で頑張っています。まさに「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」ですよね。

 もうひとつ、自分は「大きな組織などの末端の小さな歯車のようになりたく無い!」と、その頃は考えていましたが、今考えると、歯車であれば、大小に関わらず1個でも無くなると全体が機能しなくなることに今更ながら気づきました。

 安定を目指し大きな組織に所属することを目指すにしても、兵隊では無く、組織を動かす歯車になれるように、居なくては全体が回らないと言って貰えるように自分を磨きたいものです。

 自分の場合はそんな考えを根幹として生きて来たので、大きな組織にある程度の条件で所属するチャンスもありましたが、そんな大きなとこに行くなら、ちょっと小さくてもいいからトップに立ちたいと、年功序列の無い実績が認められる環境を求めて来ました。

 結果、今があると思っております。

 最後に、自分が成す仕事に対して、自信と誇りを持って取り掛かること。妥協をせずに今の自分に可能な限りをすることと、ある程度の要領が大切ですね、常に全力疾走は出来ません。誰も見てないとこでは、ちょっと一服して、要求されたことには、おまけを付けて供給出来るようにしましょう。

 それぞれに役割があり、自分が何の為に何をするのか、明確に説明出来る仕事をしなければ、やる意味も達成感もありません。計画や完了後のイメージをすることが大事です。

 大きな目標に向かうにも小さな目標に向かうにも、まず1歩目を踏み出さないと行けません、その時に右足からなのか左足からなのか、何故その足で踏み出すのか第三者に聞かれた時に答えることが出来るかどうか、見てないようで皆が見ています。

 「あの人は頑張るな、他の人とは違うな」と、わざと噂されるようになりましょう。

Photo Photo_2

2013-01-18

一面の銀世界

 牧場就業促進事務局の小野です。

来期のBOKUJOBの方針等について意見交換を行なうために静内にうかがいました。羽田空港から移動する我々は、関東地方の大雪の影響を受け、予約便の変更などバタバタしながらの移動となりました。

Sdsc_5525

 各牧場の採用担当者の方が来場し、今後の活動方針をお話して、活発な意見交換を行ないました。

 その翌日には、千歳の社台ファームを訪れました。牧場周辺は一面の銀世界でした。

Photo

 これでも、昨年より雪は少ないようです。

 今回の訪問理由は、毎年東京競馬場で行なわれている『牧場で働こうフェア』において、講演やCM出演をお願いしている吉田照哉氏に、今後の活動方針の説明をさせていただくためでした。吉田氏には熱心にお聞きいただき、活動方針に賛同いただきました。

Photo_2

(左から吉田照哉氏、荒木杏里さん、事務局小野、臼山、岡野、池田マネージャー)

 また、求人担当者である荒木女史とお話させていただきました。社台ファームは、求人用のホームページを立ち上げられ、BOKUJOB求人サイトに早速リンクさせていただきました。先輩紹介などいろいろな情報が盛り込まれています。

Photo_3

 今年も3月「牧場で働こう見学会(関東・関西)」を皮切りに、若者の皆様に牧場就業情報を提供していきたいと思います。

<求人掲載牧場の担当者の方へ>
 求人サイト要項の更新など、ご要望がありましたら事務局で可能な限り対応いたします。ご連絡ください。

2013-01-09

こんにちは。ノーザンファームです。

 明けましておめでとうございます。ノーザンファームです。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 北の大地では寒さの厳しい日が続き、体調を崩してしまうスタッフも出始めています。

 「体調を整えるのも仕事の内」と言いますが、日頃からしっかり栄養を摂って、万全な状態で仕事に臨める体力をつけておきたいものです。そこで当牧場では、栄養バランスを考えたボリューム満点なメニューで、毎日おいしい食事を提供してくれる食堂を併設しています。

 今回は当牧場の食堂を少しばかりご紹介します。

Pic_1

 明るく清潔なテーブル。仲間との会話も弾みます。

Pic_2

 御飯などはおかわり自由。夕食にはデザートがついてくることもあります。

Pic_3

 本日のランチは唐揚げ!外はサクサク中はジューシー、おいしくいただきました。

Pic_4

 自ら手がけた馬の応援は欠かせません。食事の間でも観戦できるように、グリーンチャンネルが備え付けてあります。

 いかがでしたでしょうか。少しでも雰囲気が伝われば幸いです。

 食堂は当牧場従業員なら誰でも利用できますが、これから寮生活を検討している方や初めて一人暮らしをするという方にとっては、特に気になる事柄だったのではないでしょうか。

 食事は毎日のことですから、少しでも楽しみたいですよね。しっかり食べてしっかり働き、そしてしっかり遊ぶ、これがノーザンファームのスタイルです(笑)

 毎日朝早くからおいしいご飯を作ってくれている食堂スタッフの皆さんに感謝。これからもよろしくお願いします。

2013-01-01

新年のご挨拶

 新年、明けましておめでとうございます。

 旧年中は大変お世話になり、事務局一同心より御礼申し上げます。

 昨年末には政権交代もあり、本年の情勢もめまぐるしく変動することが考えられます。ご愛読いただいている皆様におかれましては、さまざまな情報を耳にし、不安を感じることも多いかと思います。その中でも、ブログを通じて、牧場従業員のささやかな幸せなど身近な出来事をお伝えし、「ほっこり」していただければと考えております。今後も牧場の皆様、事務局がともに一丸となって、競馬界を盛り上げていきたいと考えております。

 皆様のご健康とご多幸をお祈りし、新年のご挨拶とさせていただきます。

牧場就業促進事務局

« 2012年12月 | メイン | 2013年2月 »