2012-12-26

こんにちは、千代田牧場です。

 今回は今年の4月に入社した岡山出身の女性スタッフTが初めて迎える北海道の冬について書きます。

 外の景色はめっきり冬の装いとなり、凍てつく寒さが続く毎日です。今朝の新ひだか町は氷点下7度、鼻毛も凍る寒さとはこのことだと実感しました。

 私自身、生まれて初めて経験する北の大地での越冬です。しかし、今年の北海道の冬は猛吹雪による停電や事故など、波乱の幕開けとなりました。

 自然の力には敵わないものですが、先輩から伝授されたステテコ・カイロ・冬用長靴等、万全の対策をもって冬を迎えたいと思います。

 さて、来る2013年にはいよいよ出産シーズンが始まります。

 当場にも新たな命が誕生しますが、お母さんのおなかの中で約11か月、無事に成長して生まれてきてくれることを願うばかりです。

 分場ですくすくと成長している今年の当歳馬たちも、もうすぐ1歳となり、あっという間に競走馬として立派に巣立っていくんですね。

 まずはこの冬を、新たに生まれてくる子どもたちと一緒に乗り越えたいと思います。

Chiyoda

コメント

コメントを投稿

« 都会人?からみた日高の冬 | メイン | BTC利用者との意見交換会と懇談会 »