2012年11月

2012-11-08

ビクトリーのアイドル”オレオ”ちゃんを紹介します。

 こんにちは、ビクトリーホースランチです。

 ビクトリーのアイドル”オレオ”ちゃんを紹介します。

6

 2年ほど前、我が社にポニーの女の子”オレオ”ちゃんがやってきました。今年で14歳のオレオちゃん。場内のいたるところで、のんびりと青草を食べて過ごしています。早朝スタッフに馬房から出してもらうと、調教の邪魔をすることもなく、こっちの草あっちの草とゆっくり、ゆっくりと自由に動いています。

 スタッフや来場されたお客様にも、微笑ましいひと時を感じさせてもらっています。

 是非一度オレオちゃんに会いに来て下さい、待ってます!

2

2012-11-07

BTC研修は下半期へ突入!!

 BTC養成担当者の小守です。

 BTC研修の現況を報告します。

 先月まで、JRA日高育成牧場の協力を得て、1歳馬の馴致実習を行っていました。研修生は約3週間、JRA職員による丁寧なご指導により、1歳馬への接し方・正しい躾・ロンジング・ドライビング等をしっかり学んでいました。

 最終日には実際研修生もドライビングをさせていただきました。

301 302

 また、教育用馬を使用した実技訓練では、ゲート(発馬機)をスムーズに通過・発進する訓練を実施しており、以前より研修内容が高度になってきています。

 Photo Photo_2

 課外研修では、近くの漁港で釣りを楽しんできました。(釣果0匹!本当に楽しめたのかな・・・?)

Photo_3

 これから寒い季節になりますが、体調管理に充分気を付けて研修に励みます。

2012-11-05

全国ポニー競馬選手権「第4回ジョッキーベイビーズ」

 秋晴れの好天のもと、11月4日(日)東京競馬場第4レース終了後の昼休みに行われました。

 全国6地区の予選会で選ばれた小学生2年生から中学1年生の子供たちによるポニー競馬の決勝戦です。各地区を勝ち抜いた北海道地区から2名、東北地区から1名、関東地区から2名、長野地区から1名、関西地区から1名、九州地区から1名の合計8名です。

Photo_2

 せっかくなので出走馬ならぬ出走騎手をピックアップしましょう!

 北海道地区から参戦した1枠の木村 和志君は昨年に続き2年連続の出場です。入念に愛馬を手入れしています。意気込みはただならないはず。

Photo_3

 彼の兄は第1回ジョッキーベイビーズの優勝者で、騎手への夢を目指して先日JRAの競馬学校騎手課程を合格しました。当日ターフビジョンでも紹介されていました。

Photo_4

 続いて5枠の佐藤 翔馬君は、第1回のジョッキーベイビーズをみて「ボクも出たい!」と乗馬を始めたそうです。実は彼のお父さんは川崎の佐藤博紀騎手です。親子で入念に装鞍しています。

Photo_5

 レース前にはみんなで気合いを入れました!

Photo_6

そうそう、今回の誘導馬の担当は・・・

Photo_7

サザエさん!!

Photo_8

 馬場入場も様になっています。

 スタート地点はホームストレッチ前。芝400mの発走です。

 スターターは昨年の優勝者 石井 李佳さん。カウントダウンでスタート!

Photo_10

 横並びから3頭が抜け出し

Photo_11

 最後は2頭のマッチレース

Photo_12

 4枠青木一馬くんか6枠の小林 勝太君か?勝ったのはどっち?

 6枠の小林 勝太君が優勝しました。

Photo_13

 そして5枠の佐藤 翔馬君が敢闘賞でした。

Photo_14

 今回の出走騎手から何人のジョッキーが生まれるのでしょうか?

Photo_15

 最後は参加者と騎手そしてサザエさんと記念撮影です。

○事務局からのお知らせ
 牧場就業促進事務局(BOKUJOB事務局)では、本ブログに協力いただける牧場を随時募集しております。現在の求人の有無については問いません。皆さんで本ブログを盛り上げていきましょう。ご興味のある方は、お気軽にこちらからご連絡ください。

2012-11-02

小学校の乗馬教室

 こんにちは!日本軽種馬青年部連絡協議会の三好です。

 今年も残すところ2ヶ月を切り北海道では初雪が近くなると飛ぶと言われている雪虫といわれるアブラムシの一種が飛ぶ姿を目にする季節となりました。

 我々青年部活動の集大成であります年に一度の定期総会が今月末に札幌にて開催されます。

総会に合わせて行われる今回の国内研修は「草食動物である馬を考える -生産から育成まで-」と題して日本中央競馬会日高育成牧場の頃末獣医師による講演を予定しております。

 馬は5000万年かけて、現在の形に進化していて家畜化されたのは、たかが5000年前のことです。つまり、馬は人を乗せるためにこの世に存在しているのではなく馬は草食動物であるという原点を考えてみる講演になるとのこと。我々競馬サークルに身を置く者にとっては普段共にいる馬とはなんぞや?とあらためて見直すいい機会にしたいと思い今から楽しみにしております。

 さて、今回添付しました写真ですが可愛いポニーが引く馬車から撮影したものです。

Nec_1286_2

 私事ではありますが、2人の子の父親であります。子供達が通っているのは、全校生徒30数名の小さな小学校です。小さな小学校ではありますが、地域の特性を生かした授業や学校運営を行っています。その一つが乗馬教室です。授業として年間8時間子供達が乗馬を体験できます。乗る馬は町内の乗馬施設からポニーをお借りして、父兄がトラックで小学校まで運んできて父兄が馬を引いてインストラクターの方と共に子供達に乗馬を教えています。

 この乗馬教室は馬産地で生まれ育った子供達ですからせめて馬に跨るぐらいはできたほうがいいという考えからもう二十年程続いています。
 最後の乗馬教室の日は頑張ったご褒美に子供達は馬車に乗せてもらえます。
 今回は私も娘に一緒に乗ろうよ!とせがまれてしまいちゃっかり馬車に乗せていただきました。
 ポニーのさんじ君!重たくてゴメンね()

« 2012年10月 | メイン | 2012年12月 »



本ブログにご参加いただける牧場を募集しています。
現時点での求人の有無は問いません。ご興味をお持ちの方はこちらからお気軽にご連絡ください。